医学部入試科目 ー 物理 | 私立医学部・歯学部予備校のメルリックス学院

物理

原理や法則を丁寧に解説!実際の入試問題で確かな学力アップ!
苦手な分野は現象イメージを体系的に頭に入れることが必要

物理科主任講師 吉武太郎

私立医学部の物理は、典型的な問題の中に解き慣れない問題が含まれていることがよくあります。ほとんどは基本的なことを押さえていれば解ける問題なのですが、その中に難易度の高い問題が出題されることがあるというのがパターンです。また、原子からの出題が他の学部より多いという特徴もあります。

東京慈恵会医科大学、昭和大学、東海大学、産業医科大学など、大学によってはかなり難易度の高い問題が出題されることもあります。ただ、その場合も標準問題を中心に点数を取ることが求められます。そのためにはまず標準問題を分野に関わらず、すべて解けるようになることが必要です。

メルリックスでは少人数制授業の良さを活かして、クラスのレベルに合わせて取り扱う問題のレベルを講師が選択します。テキストはα・β・γの3種類に分かれており、受験生がおろそかになりがちな波・レンズ・原子などの分野も早くから取り扱っていきます。

受験勉強を進めていく中で、苦手な分野はどうしても出てくると思います。生徒の質問を聞いていると、解けない問題はまず扱われている現象が頭に入っていないことがほとんどです。考え方の枠組みが体系的に頭に入っていないので、「この問題はこれを使えばいい」ということが咄嗟にわからないため、解くことができないのです。よって、ヒントを与えれば解けることがほとんどです。

私立歯学部の物理は出題範囲や難易度、傾向が大学によって様々なので、過去問のしっかりした研究が欠かせません。まず典型問題が解けるようになることを目標に、受験する大学によっては語句の説明や、実験・法則の名称なども覚えていきましょう。

講師一覧

  • 主任講師 吉武 太郎
    吉武 太郎

    東京理科大学理学専攻科
    物理学専攻修了

  • 井澗 勇気
    井澗 勇気

    東京大学大学院
    理学系研究科物理学専攻
    修士課程修了

  • 藤川 俊一
    藤川 俊一

    埼玉大学理学部
    物理学科卒業