小論文-傾向と対策 | 私立医学部・歯学部予備校のメルリックス学院

医学部受験合格必勝のための受験情報・対策ガイド

小論文-傾向と対策

小論文-傾向と対策

岩手医科大学

●読解力と背景知識を活かす力が求められる

●資料文型

年度 試験区分 内容 字数 時間
16 一般 石川九揚講演録 『縦に書け、縦に考えよ―縦と横の文化学―』より 「縦」と「横」のイメージに関する考えを自由に述べる。 600字 50分
15 一般 中村桂子 『ゲノムに書いてないこと』より 「わかる」ということについて考えを述べる。 600字 50分
14 一般 真野俊 『「命の値段」はいくらなのか?』より 「いのちの重さ」について思うことを述べる。 600字 50分

●傾向
“ 小論文は1次で課される。資料文はA4の半分程度で短いが、読解は難しいので背景知識や過去問が役立つ。たとえば、’12資料文中の「アーツ」は、ウイリアム・オスラー医師の医のアート(技術)や教養の必要性を下敷きにしている。また既出の日野原重明からは「医のアートとサイエンス」も出る(東北医薬大参照)。だから、著者の他校課題も要チェック。’14の国民皆保険制度は、医療制度を問う先駆けとなり、翌’15には北里大や獨協医大も出題している。
’16の設問は従来よりも長い。また、設問要求にある「イメージ」という言葉が資料文になく(通常はほぼある)、読解の指標がない。書家のこだわりに着目し、前半なら、①「縦に書け、縦に考えよ」。②縦画と横画は、一つの文字の中で互いに役割を担い、縦は横にならない。③学生達は“天”という字を紙の上の方に書いた。…などから自分のイメージを膨らませる。例えば、②から、一つの場で互いに大切な役割を担い合う→部活、家庭、医療の中での縦と横とは?また、①+③から→たしかに縦書きは、上から下に向けて縦に書きながら考えている。横に書いて考えると違いは?…など考えてみる。後半も含め自分にとって書きやすい材料を探す。著者である石川九揚は現代文では出題されている。’15は、文系小論文で問われる「わかるということ」だった。科学における「わかる」と日常における「わかる」の違いを読み取る。著者は生命誌研究者。文中に登場する数学者の藤原正彦は頻出。’14の題名は「命の値段」だが、問われているのは「いのちの重さ」である。表記にも注意。’13にも「物語られるいのち」が出題された。また今まで「ベッドサイドの看護学」、「地域医療」、「健康とは」など人間を対象とした医学・医療における医師のあり方が問われている。
読解が中心の対策は、日大の’14~16の設問の後半(自分の考え)を使って50分600字で書いてみる。医学・医療も増えてきたので川崎医大、北里大、聖マリアンナ医大の’15、’16は必読。地域包括ケアシステムと多職種協働(チーム医療)なども押さえておきたい。

東北医科薬科大学

●医学・医療、医師としての意識が求められる

●テーマ型

年度 試験区分 内容 字数 時間
16 一般 医師と科学者の倫理の共通点と違いについて述べる 600字 60分

●傾向
“ 今回初めての医学部募集において、1次で小論文が課された。資料文がないテーマ型だっただけに、この課題は難しかったと思われる。本ガイドブックを参考にし、テーマ型を中心に、資料文型で読解力と知識の補給、念のために図表型や、最近増えている絵・写真型も書いて見よう。
 ’16の論述については、ニュース性とテーマ型や資料文型で学んだ基本を使って考える。テーマ型だと、’16日本医大の「再生医療」より前に、近畿大で「再生医療、高度先進医療」、杏林大他「iPS」、’14近畿大の「混合診療」がある。これらから、再生医療を研究する科学者の立場と、先進医療を混合診療として現場で使う医師の立場に着目し問に答える。一方、資料文型の日野原重明の『医学概論』や『生き方上手』(愛知医大などで既出)から、ウイリアム・オスラーの「アート」と「サイエンス」について覚えていたとする。臨床現場で病をもつ患者及び家族に関わる実践家(アート)としてのアプローチと、研究者(サイエンス)として疾患の治療法を確立する立場の違いである。そこから多くの人を救う薬の開発者と副作用に苦しむ患者を前にした臨床医、あるいはインフォームド・コンセントをテーマにして、臨床研究の被験者にする場合と日常診療の場合の、同じ所と違う所を考えてみるなど。
 このように、過去問の練習は基礎力・応用力の向上に役立つ。また、テーマ型にもいくつかのパターンがあり、ニュース性のあるもの、基礎知識が必要な高齢化や医学・医療の問題、「読書」「学校生活」など自分に関するものがある。テーマ型は近畿、関西医大、久留米大、昭和大。資料文型で医学・医療科学を考えるならば、岩手医大、川崎医大、北里大、聖マリアンナ医大など。要約練習は金沢医大、獨協医大。書いたら必ず医系小論文に慣れた先生に見てもらうこと。また、メルリックス配布の『医系小論文・面接用語集』で知識・情報を押さえておこう。”

東京女子医科大学

●時間切れにならないための準備が必要
●テーマ型

年度 試験区分 内容 字数 時間
16 一般 自分の住んでいる市町村の要介護者の人数を自分で推定し、理由を述べる。 字数制限なし 適性試験と合わせて60分

●傾向
“ ’16に一般入試でも小論文が導入された。推薦入試とは、設問、字数等が異なっていた。2年目の’17にどのように変化するかは不明だが、適性検査と合わせて60分という条件を踏まえて二つのタイプの練習をしておこう。まず、’16と同じように、レポート用紙型の横線だけの用紙に記入慣れする。課題は、昭和大や近畿大、関西医大などの、テーマ型を利用して30分から40分を目安に書いてみる。途中で時間切れにならない練習とも言えるので、問われたことに対して完結させる。また、推薦入試は文字数が指示されているので、同じテーマで、原稿用紙を使って400字あるいは600字で書いてみるのもよい。
今回はたんに高齢化と介護・医療といった一般的なテーマを自分の知識を使って書くものではなかったが、高齢化に関する知識があれば、要介護などの推定はしやすくなる。だが、自分の住んでいる市町村の要介護者の推定人数なので、全人口とおよその高齢化率が分かれば(それもおよそでいいので)あとは、どんな世代が多いかを思い出して、自分の市町村の要介護者の推定人数を出す。実際の数と多少違っていても、きちんと説明してあればよい。
面接対策にもなるので、新聞記事などから、本年度の出来事や新しく導入されたことは振り返ってチェックしておく。

東京医科大学

●読解したことのまとめと説明する力が求められる
●資料文型

年度 試験区分 内容 字数 時間
16 一般・ セ試利用 若者と自分の間の関係性と、両者の間に言葉はない…について説明する。 600字 60分
15 一般・ セ試利用 小林一茶の俳句を現代人はなぜ理解できないか説明する。 400字 60分
14 一般・ セ試利用 「悲しみの哲学」を読んで意図を説明する。 600字 60分

●傾向
“ ’14から、資料文から読み取ったことを設問の指示に従って説明する力も必要になった。そこでまず、文章全体や、重要な部分をつかむには、金沢医大や獨協医大の課題を300字程度に要約してみる。次に、読解し解釈したことの説明には、北里大の問2、聖マリアンナ医大の最後の問、日本大の下線部の意味を300字程度でまとめてみる。
’16の森於菟は、医師であり作家であった森鴎外の長男。本人は医師であり随筆家。シェパード犬の飼育が好きだったようだ。「自分は記憶力が衰え人の名前を忘れ、叡智もあやしい。だが、若者から理解されたいとも思わないし、教訓を与えようとも思わない。人生を茫洋たる一場の夢と観じて死にたい。人生をぼかし去るには耄碌状態がいい。」といった内容の本から出題されている。’15は、俳句の話題だが、たしかに、最近は俳句を日常生活でたしなむことはない。四季はあるが、衣食住に季節感のない生活を送っている。資料文をよく読解した上でまとめる。’15も読解力、解釈力が求められる。
他者について理解を深めるためには、資料文の長さは全く違うが、自治医大の、医療に関する課題。また、医療や医師について考えるには15′、’16は北里大、川崎医大、聖マリアンナ医大、金沢医大。哲学的な文章に慣れるためには、鷲田清一の文章(兵庫医大他)や’16日大。小論文や現代文の先生の協力を仰ぎ、課題数をこなすよりも書き直して読解力と文章力の向上をはかる。

東海大学

●資料や設問が年度により変化中
●資料文型
●絵・写真型
●詩・短歌型

年度 試験区分 内容 字数 時間
16 一般 (1日目) 中村真一郎 『雲のゆき来』より 本文中の「世界人としてのあり方」から、医師としての世界人としてのあり方とはどういう人か考えを自由に書く。 500字 30分
一般 (2日目) 谷川俊太郎『クレーの絵本』より「黄金の魚」 詩と絵から感じたことを自由に書く。 500字 30分
15 一般 (1日目) モンゴメリ著 村岡花子訳『赤毛のアン』 進学を諦めて教師になることを決心し、義母に語る場面を読んで感じたことについて、具体例や経験を交えて述べる。 500字 30分
一般 (2日目) 受精卵分割の写真を見て思うところを自由に述べる。 500字 30分
14 一般 (1日目) スティーブ・ジョブズ氏スピーチ「ハングリーであれ。愚か者であれ」より スピーチは若者に何を語りかけているのかを書く。 500字 30分
一般 (2日目) This Is Our Work (American College of Physicians)より写真をみて感じたことを書く。 500字 30分

●傾向
“ 東海大ではこの3年間、1日は短めの資料文に、長目の設問。設問には著者や主人公の状況などが書かれているので、ヒントとして使う。もう1日は絵・写真型である。
 ’16の資料文型の設問形式は’15と同じだが、ほぼ倍の10行になっていた。2日目の谷川俊太郎の詩には絵もついており、全く同じものが順天堂で既出。セットタイプは北里大で既出。誌と絵、どちらにも気を取られがちだが、時間も字数も短いので、深く考え過ぎないこと。2日間とも貴方の考えを「自由に」とはあるが、’14も含め直前の指示に従い、その語句を使って「自由に」答えること。’15の赤毛のアンは、設問に「アンが義母に語った…」とあるので、アンの心情を理解する。写真の方は、設問がシンプルで、「下記の写真は、受精卵の分割の様子を示しています。この写真を見て、あなたが思うところを自由に述べて下さい」とある。写真は、生物の図説に載っているウニの受精卵→4細胞期→8細胞期と思われる。生物選択者ならば、ここからまだまだ長い→孵化→幼生期を経ての変態→成体となる過程を思うかもしれないが、人間に置き換えて生命の基から個体化(誕生)までの神秘などを自由にまとめる。’14は、1日目は故人の言葉が若者に何を語りかけているのか問う。この「語る」「物語る」は、NBM(ナラティブ・ベイスト・メディシン…真実を語る医療。対話を中心とした医療)を背景に私立医学部のブームだった。だが、他校では「EBM」、「根拠に基づく医療」「混合診療」などが出始めているので、北里大、川崎医大などを読んでおく。絵・写真型の練習には、順天堂大など。2日とも500字なので、3段落程度で分かりやすく簡潔にまとめよう。

東邦大学

2016年度入試より廃止
※ただし、基礎学力試験において課題文を読んで200~240字程度に要約する問題が出題された。

帝京大学

●現代文は必須。古文・漢文も選択できる

年度 試験区分 内容
16 必須:現代文 沢田充茂 『言語と人間』 書き取り 脱文挿入 指示語説明 誤記探し 空欄補充(抜き出し、自分で考える) 内容合致 合計10問
選択1:現代文① 中村良夫『風景学・実践編』 書き取り 空欄補充(選択、自分で考える) 傍線部(選択 抜き出し) 内容合致 合計7問
選択2:現代文② 有吉玉青 『恋するフェルメール―37作品への旅』 書き取り 空欄補充(選択、自分で考える) 内容合致 計7問
選択3:古文 『大鏡』巻六「昔物語」 傍線部の意味、主語、人物、活用(選択、自分で考える)
計7問
選択4:漢文 『繋観世音応験記』 訓読2問 現代語訳 理由説明 計4問(すべて記述)
15 必須:現代文 ドナルド・キーン 金閣寿夫訳 『日本人の美意識』 書き取り 脱文挿入 空欄補充(選択・抜き出し・自分で考える) 傍線部の説明(選択・抜き出し) 内容合致 計9問
選択1:現代文① 冨安陽子 「昔話の「働き者」と「怠け者」」『考える人』 書き取り 抜き出し 傍線部(選択) 空欄補充(選択・自分で考える) 内容合致 計7問
選択2:現代文② 坂本憲三 『機械の現象学』 書き取り 脱文挿入 空欄補充(選択・抜き出し) 内容合致 計7問
選択3:古文 『和泉式部日記』 傍線部の主語、意味、説明(選択・記述) 現代語訳 空欄補充(選択) 内容合致 計7問
選択4:漢文 原念斉『先哲霊談』 読み・書き下し文(平仮名書き) 現代語訳 意味の説明(記述) 計5問
14 必須:現代文 石川徹也『山を忘れた日本人』 書き取り 傍線部の説明(選択) 空欄補充 抜き出し 空欄補充(選択) 脱文挿入 内容合致 計9問
選択1:現代文① 福田恒存『人間 この劇的なるもの』 書き取り 傍線部の説明(選択) 空欄補充(選択肢、記述) 抜き出し 内容合致 計7問
選択2:現代文② 石田圭『日本語は「空気が決める」』 書き取り 空欄補充(選択肢、抜き出し) 脱文挿入 内容合致 計7問
選択3:古文 『宇治拾遺物語』 傍線部の説明(選択肢、記述)
選択4:漢文 『捜神記』 読み・書き下し文(平仮名書き) 現代語訳 理由の説明(記述)

●傾向
国語選択者は、受験科目の選択に際しては、予備校または学校の先生とよく相談して決めてほしい。必須現代文以外は、選択4問(現代文2問、古文1問、漢文1問)の中から2問選択し、合計3問を解く。漢字の書き取りは得点源になるので、練習をしておくこと。脱文挿入や抜き出し問題もあるので、傾向を掴むために選択問題も解いてみよう。古文は選択肢が中心である。文法や語句の意味等の基本をやっておく。漢文は、問題数は少ないが、読みや書き下し文を平仮名で書き、現代語訳もある。必須以外の2問をどう選択するかは、前述したとおり現状を踏まえて要相談。

昭和大学

●最近の話題や国の健康政策に関心をもっているか
●テーマ型

年度 試験区分 内容 字数 時間
16 選抜Ⅰ期 (1日目) 急性期医療における「とことん型」と「まあまあ型」に対するそれぞれの適用対象者と課題について考えを述べる。 600字 60分
選抜Ⅰ期 (2日目) 平成27年6月の法改正によって選挙権が18歳以上に引き下げられることについて考えを述べる。 600字 60分
選抜Ⅱ期 地球温暖化によって、世界の気温が3℃上昇した場合に予想される、生活・健康への影響について考えを述べる。 600字 60分
地域別選抜(セ試利用) 戦後の結核減少から、現在の国民病を一つあげて社会的影響と対策について述べる。 600字 60分
15 選抜Ⅰ期 (1日目) 2000年にWHOが提唱した健康寿命だが、平均寿命と男9年、女13年と差がある日本の問題点と、差を縮めるために必要なことについて考えを述べる。 600字 60分
選抜Ⅰ期 (2日目) 脳腫瘍で余命宣告を受けた女性が、医師の処方薬を自ら服用したアメリカ女性の安楽死に対し、日本は法的に認められていないが、不治で末期の患者が延命中止を自己決定する尊厳死が認められつつある。安楽死と尊顔死について考えを述べる。 600字 60分
選抜Ⅱ期 開発途上国では飢餓に苦しむ人がいる一方、世界の「食品ロス」年間13億トン、食料生産量の3分の1が廃棄されている現状に対し、その原因とロス減少による効果について考えを述べる。 600字 60分
地域別選抜(セ試利用) 日本政府は人口減に対し、ロボットを人間の代用とする開発・普及計画「ロボット新戦線」(2020年まで)を立てているが、医療、介護の分野で活用する有用性と問題点について考えを述べる。 600字 60分
14 選抜Ⅰ期 (1日目) 生命という観点から、生物の「寿命ほど驚くほど巧妙で冷酷なシステムはない」という言葉の意味について考えを述べる。 600字 60分
選抜Ⅰ期 (2日目) 医学の進歩が健康や寿命に貢献したが、一方で医療への信頼の喪失と医療者への非難が生じていることについて考えを述べる。 600字 60分
選抜Ⅱ期 「スポーツは人生で大切な価値を教えてくれた」(2020年パラリンピック招致の立役者)という言葉があるが、あなたにもある何かについて述べる。 600字 60分
地域別選抜(セ試利用) 「和食」が無形文化遺産の「食」では5件目に登録された理由と魅力について考えを述べる。 600字 60分

●傾向
例年4~6行程度の長めのテーマ型である。’14からニュース性が高いが、厚生労働省が掲げる国民の健康に関するテーマが入るようになった。いずれも設問中の説明を参考にする。「国民病」は、結核(金沢医大、自治医大で既出)をヒントに、指示された「影響」や「対策」という言葉を使って書く。’15ロボットは、’16に関西医大でも出題された。介護ロボットは高額だが国が介護施設への導入を提唱している。今年も面接対策も兼ねて「健康日本21(第2次)」や、地域包括ケアシステムとIPW時代のチーム医療(昭和大はチーム医療教育を標榜)など、知識の整理をしておきたい。

埼玉医科大学

●複数の資料文と小問に対する時間内処理能力が求められる
●現代文型

年度 試験区分 内容 字数 時間
15 一般 前期 長め目の文章 大問4問あり、小問合計26問(すべて選択肢) 1. 山口晃『ヘンな日本美術史』 2. 井上敏他編、大森荘蔵 『他者・関係・コミュニケーション』 3. 本川達夫 『ゾウの時間 ネズミの時間――サイズの生物学』 4. 松田美佐 『うわさとは何か』 下線部の説明、内容一致、空欄補充他 60分
14 一般 前期 資料文A4用紙約8枚(図を含む) 大問は4問あり、小問合計33問(すべて選択肢) 1. 小倉孝誠『身体の文化史』 2. 岡本真一郎『言語の社会心理学』 3. 佐々木閑『ブッダ真理のことば』 4. 鷲田清一『自分・この不思議な存在』 下線部の説明、内容一致、空欄補充他 60分
一般 後期 資料文A4用紙約8枚(図を含む) 大問は4問あり、小問合計29問(すべて選択肢) 1. 本田由紀『多元化する「能力と日本社会」』 2. 『翻訳の世界』「女が女を訳すとき」著者不明 下線部の説明、内容一致、空欄補充他 中村桃子『おんなことばと日本語』 3. 犬塚則久『「退化」の進化学』 4. アルバート=ラズロ・バラバシ著 青木薫訳『新ネットワーク思考』 60分
13 一般 前期 資料文A4用紙約7枚 大問は4問あり、小問合計32問(すべて選択肢) 1. サイモン・シン他著『代替医療のトリック』 2. シャンカール・ヴェダンタム著 渡会圭子訳『隠れた脳』 3. 村上陽一郎『人間にとって科学とは何か』(空欄補充のみ14問) 4. ヨースタイン・ゴルデル著 池田香代子訳『ソフィーの選択―一哲学者からの不思議な手紙』 下線部の説明、空欄補充、内容一致他 60分
一般 後期 資料文A4用紙約6枚半 大問は4問あり、小問合計28問(すべて選択肢) 1. V.ラマチャンドラン他著 山下篤子訳『脳の中の幽霊』 2. 青山和夫『マヤ文明―密林に消えた石器文明』 秋田茂『イギリス帝国の歴史』 3. 竹下節子『キリスト教の真実―西洋近代史をもたらした密教思想』(空欄補充のみ12問) 4. ジャレンド.ダイアモンド著 倉骨彰訳『銃・病原菌・鉄(上)』 下線部の説明、空欄補充、内容一致他 60分

●傾向
大問は例年4問。’15の本川達夫は生物学者。この本は発売当初から医学部の小論文で出題されて来た。マーク式だが、素早く読んで、素早く解答していく情報処理能力が問われている。’14の内容欄に文章量の目安を載せた。’12には、図表内の空欄補充もあったので、過去問で時間配分の感覚をつかんで欲しい。長い文章に慣れたい場合は関西系の現代文、出題分野の広さへの対応や形式に慣れておきたい場合は過去問に詳しい現代文の先生に相談してみよう。

日本医科大学

●状況を理性的に考えて論述する力が求められる
●図表型
●絵・写真型

年度 試験区分 内容 字数 時間
16 一般 (1日目) 最近見られる外国人トップの就任は、成功例だけとは限らない。日本人の得手不得手に触れながら統治・管理のあり方について述べる。 600字 60分
一般 (2日目) ネズミの背中に再生した人の耳のカラー写真を見て、再生医療について思うことを述べる。 600字 60分
15 一般 (1日目) 7行の長い設問の前半は、喫煙による肺がん、口腔・咽頭がん、脳梗塞・心筋梗塞などリスクの説明。後半は、自分の大切な人が治療のために医師から禁煙指導を受けたのにもかかわらず隠れて喫煙しているときの対応について述べよというもの。 600字 60分
一般 (2日目) 「100平方㎞当たり医師数の分布(平成20年)」 厚生労働省 6行の設問では、医師不足解消のため医学部定員増を実施しており、平成26年度は7年前に比べ1436人増加し、都市部は医師余剰となり、地方との格差拡大の可能性。医師偏在解消策について考えを述べよ。 600字 60分
14 一般 (1日目) 頻繁に起きるデータ捏造事件と学校での提出物に見られる不正行為の根本は同じであることについてその背景分析と対策方法について述べる。 600字 60分
一般 (2日目) 救急・救助の現状(東京消防庁)図表「救急出動件数及び搬送人数の推移」より、救急医療の課題と対策について述べる。 600字 60分

●傾向
“ この3年間、2日のうち、1日は長めのテーマ型。もう1日は、’16は初登場の絵・写真型、’15,’14は図表型だったので併せて練習しておこう。図表型もテーマ型も、設問の前半にヒントがあるので参考になる。
’16の写真は、再生医療について600字で「思うところを述べよ」とあるので深い知識はいらないが、日本医大は背景知識があった方が本当は書きやすい。この写真は有名だが、ヒトの耳というかは難しいところである。奇しくも受験期に、東大・京大チームがヒトのiPS細胞を使ってネズミの背中に、ヒトの耳介軟骨を作ったことが報じられた。臨床試験を経て実用化に至れば朗報である。再生医療安全確保法、医療品医療機器等法が施行されて1年。書店では、再生医療のテキストよりも目立つところに法解説のぶ厚い本が置かれている。再生医療は現在、細胞の自己組織化が注目されている。研究倫理や社会的影響などについて考えてみよう。’15は医師の偏在と過剰について問われた。今年初め厚労省が、2033年には医師不足は解消され、その後過剰に転じるという推計を示した。’15の喫煙の課題は、「自分の大切な人」を具体的にして論述すると真実味が増す。’14の救急出動や、データ捏造を含めテーマは大抵ニュースになっているので、対策時には出来事の背景や意味を確認しておこう。”

日本大学

●筆者の考えの説明と自分の意見を示す力が求められる
●資料文型

年度 試験区分 内容 字数 時間
16 一般 稲垣良典「恵みの時」”見ることの意味”より 下線部の「見る」ことの働きについて、筆者の理解を説明した上で、それが日常場面でどのように重要か、自分の考えを述べる。 741~800字 60分
15 一般 河合隼雄『こころの処方箋』 著者が「自立ということを依存と反対である、と単純に考える」ことが間違っていると考える理由と、「自立」について考えを述べる。 741~800字 60分
14 一般 上田閑照『人間の生涯ということ』 下線部内の“真に創造的な自由”とは何か説明し、それが人生にとって大切であることに対する意見を述べる。 741~800字 60分

●傾向
“ 日本大は、資料文の読解が難しく、設問が長いだけに要求が多い。また、概念や観念、状況把握には頭の中の整理に表や図式化してみる。読解も工夫次第である。また、設問は、前半で下線部説明の指示、後半で「…について考えを述べよ」と意見の指示がされる。いわば、2問分を自分の裁量で741字~800字使って書くことができる。意見があまりなければ、説明部分を多目にする。
’16の設問要求も例年通り二部形式だったが、前年より難化。下線部についての「筆者の理解」を説明せよという条件。さらに、本文には日常例がないのに、自分で日常生活においてどう重要かを考えなければならない。また、冒頭文は論の方向性を含むことが多いので丁寧に読むこと。今回は、特に「見る」という語に着目する。全体の基本キーワード、題の一部、下線部にも含まれているという主役級だからである。最近このように、題名や設問要求の語句を含む冒頭文が散見する。「見る」というキーワードを押さえながら読んでいこう。’15の河合隼雄は、自治医大、産業医大などで既出。「自立と依存は反対のものだと単純に考えるのは間違ったやり方」だという著者の「考え」について、文章中の事例(エピソード)を基に説明する。登場する母親と子どもの状況を表にすると、母親の「考え」がなぜ、間違った「やり方」だと筆者が「考える」のかが理解しやすい。’14は傍線部の説明と、真に創造的な自由が人生にとってなぜ大切かを述べる。傍線部の後が「以下略」になっているので、直前の一文と、「手」をキーワードに、文中のエピソードを照応させて理解していく。
特に’15は、私立医学部初の「文中の事例を使って」という指示を守ること。どの年度も実際に書いて、設問要求を満たしているか、先生に確認してもらおう。

聖マリアンナ医科大学

●読解したことの説明や意見をまとめる力が求められる
●現代文型
●資料文型

年度 試験区分 内容 字数 時間
16 一般 (1日目) 吉岡俊正『医療人を育てる』「医の未来」より 問1. タイトルをつける。問2. .なぜ医療に「チームが必要」かを述べる。問3. 医療教育の目標について「コミュニケーション力」「説明力」を入れ、具体例をあげて述べる。 20字/300字/600字 90分
一般 (2日目) 比企寿美子『がんを病む人、癒す人』より 問1. タイトルをつける。 問2. 筆者が懸念する医師養成教育の問題点について述べる。問3. 本文を踏まえあなたが「医」を志した理由を述べる。 20字/200字/600字 90分
15 一般 (1日目) 桐野高明『医療の選択』 問1. タイトルをつける。問2. 保険制度を基盤とする国々が、北欧やイギリスの制度に近い理由を述べる。問3. 2つの未来像を踏まえ、今後の日本が目指すべき医療制度について述べる。 20字/200字 90分
一般 (2日目) 稲盛和夫 梅原猛『近代文明はなぜ限界なのか』 問1. タイトルをつける。問2. 著者らが懸念している近代日本人の問題点について述べる。問3. 主旨を踏まえて理想的な日本人の将来像を述べる。 20字/200字 90分
14 一般 (1日目) 加藤周一『20世紀の自画像』 問1. タイトルをつける。問2. 科学が人間に与える利益と損害(可能性)に対して身近な具体例を加えて述べる。問3. 資料文を踏まえて医師としての将来と科学を述べる。 20字/400字/400字 90分
一般 (2日目) 曾野綾子『生きる姿勢』 問1. タイトルをつける。問2. 「与える」と「得る」のからくりについて説明。問3. 医師を一生の仕事とするにはどのような人間であるべきか。 20字/200字/600字 90分

●傾向
“ 聖マリアンナ医大はこのところ、少しずつ傾向が変化している。特に’16は、2日間とも設問数は3問に減り、書き取りがなくなった。また’14からは、最後の問が説明問題から自分の考えをまとめるものになった。筆者の考えを踏まえ、設問要求の語句を使用しながらまとめる。また、この2年は医学・医療、科学研究に関する資料文。
’16の星野一正は20年程いたカナダから帰国後は、日本の医療倫理、生命倫理の確立のために活躍する医師。医学・医療に関する基本用語やテーマが詰まっているので既出。今回も、ヒポクラテスの誓い、パターナリズム、ジュネーブ宣言、生命倫理などが出てくる。’15インフォームド・コンセント、パターナリズム、医師の姿勢などが問われ、資料文が長くなったが、基本事項の知識があると読解を助ける。金沢医大(要約問題)、北里大(タイトルをつける問題がある)、川崎医大などから医療を考え、メルリックスの『医系小論文・面接用語集』で用語や最近の話題を押さえておく。

杏林大学

●自己を取り巻く社会生活への関心が問われる
●資料文型
●テーマ型
●図表型

年度 試験区分 内容 字数 時間
16 一般 「褒めて育てる」についてどのように考えるかを述べる。 800字 60分
セ試利用 (1日目) 「社会の秩序や安全を守るために規制を設ける」について考えを述べる。 800字 60分
セ試利用 (2日目) 「素質と環境が子どもの成長に及ぼす影響」について考えるかを述べる。 800字 60分
15 一般 「うそも方便」ということわざについて論じる。 800字 60分
セ試利用 (1日目) 「競争社会」について考えを述べる。 800字 60分
セ試利用 (2日目) 「表現の自由」について考えを述べる。 800字 60分
14 一般 学校や職場の「いじめ」に対する考えを述べる。 800字 60分
セ試利用 (1日目) 我が国の「結婚しない若者の増加」について考えを述べる。 800字 60分
セ試利用 (2日目①) 我が国の「ひとり暮らしの高齢者の増加」問題について考えを述べる。 800字 60分
セ試利用 (2日目②) 我が国の「少子化」問題について考えを述べる。 800字 60分

●傾向
“ ’14、’15、’16はテーマ型となった。一般の「うそも方便」や「褒めて育てる」などについては入試当日の、自力即応力でこなせると思われるが、’14や’16センター利用は、ある程度社会的関心を持っていた方が書きやすい。また、’11~’13は新聞記事を使用した資料文型だったので、復活した場合や面接対策も兼ねて、この1,2年の大きなニュースを確認する。医療・健康、高齢化、若者など他校でも頻出のテーマ対策は、保健や社会科の教科書・図説も活用できる。(なお、’14のセンター利用の2日目が2題あるのは雪のために時間帯を分けたため)時間の余裕があれば「誇れること」「読んだ本」「将来の抱負」など自分自身のことを書いてみる。
テーマ型については、昭和大、近畿大、関西医大、久留米医大などの課題を800字で練習する。テーマ型は、例えば「グローバル化」といっても、オリンピックと感染症や、海外への留学、医療支援、医学教育の変化など、広い範囲から出題できるので、要注意。個々の効率的な練習法は小論文の先生に相談しよう。また社会的関心が問われているので、メルリックス配布の『医系小論文・面接用語集』に目を通しておくと面接対策兼ねることが出来る。

北里大学

慶應義塾大学

順天堂大学

東京慈恵会医科大学

自治医科大学

獨協医科大学

金沢医科大学

藤田保健衛生大学

愛知医科大学

大阪医科大学

近畿大学

関西医科大学

兵庫医科大学

川崎医科大学

産業医科大学

久留米大学

国際医療福祉大学

福岡大学