面接 | 私立医学部・歯学部予備校のメルリックス学院

医学部受験合格必勝のための受験情報・対策ガイド

面接

面接

岩手医科大学

■所要時間
個人10~15分
■面接の進行と質問内容
【面接前にアンケート記入あり】
性格に関する約40問のアンケート。質問に対して「はい」「いいえ」「よくわからない」で答える。面接ではアンケートの内容についても聞かれる。
【面接の質問内容】
・医師志望理由
・本学志望理由
・部活動について
・学校内で自分はどんな立ち位置にいるか
・リーダーシップについて
・長所と短所について
・趣味について
・浪人して得たもの
・卒業したら岩手に残るか
・理想の医師像について
・希望する診療科とその理由
・災害医療について
・最近の医療ニュースについて
・地域医療について
・生物の履修について(物理選択者)
・大学の専門科目について(再受験生)
・自己PR

本学と東京の2会場で実施。広い会場で一斉に複数の面接が行われるので、大きな声で話すことを心がけた方がいい。自己PRが課せられることがあるので、何を言うか考えておいた方がいい。大学側は地元に残ってくれる人を望んでいるように感じる。

面接官の人数:2名

東北医科薬科大学

■所要時間
個人10~15分
■面接の進行と質問内容
・地域医療について何ができるか自己PR(2分間)
・東北の医療に医師としてどう貢献するか
・災害時に医師としてどう対応するか
・好きな科目
・高校時代の部活動について
・友人について
・将来進みたい診療科
・10年後の自分について(医師としての将来像)
・医師の偏在について
・胃ろうについて
・戦争や争いはなぜ起こるのか

東北地方の地域医療に貢献することを目的として設立された医学部であり、医師の偏在や災害医療、へき地医療など医療の問題については深く突っ込んで聞かれる。特に、自分が医師としてどのように東北の医療に貢献するかについては、自己PRをしっかり考えておきたい。

面接官の人数:2名

受験生の人数:1名

東京女子医科大学

■所要時間
個人10~15分
■面接の進行と質問内容
【面接前にアンケート記入あり】
併願校の合格状況
【面接の質問内容】
・医師志望理由
・本学志望理由
・併願校について
・東京で生活することについて
・浪人生活について
・好きな科目とその理由
・入学したらどの部活に入りたいか
・テュートリアル教育は自分に向いているか
・ボランティアについて
・海外留学について
・感銘を受けた本とその理由
・辛いことをどのようにして乗り越えたか
・体力に自信はあるか
・家庭と仕事を両立できるか
・志望する科について
・女性医師のメリットとデメリット
・最近気になる医療ニュース

雰囲気はそれ程固くないが、面接官のうちの1人が厳しい場合がある。「なぜ女子だけの大学を選ぶのか」についてはしっかりした答を用意しておきたい。また、結婚や出産についてなど女性特有の質問についても自分の考えをきちんと述べられるようにしておきたい。

面接官の人数:3名
受験生の人数:1名

東京医科大学

■所要時間
個人10~15分
■面接の進行と質問内容
・医師志望理由
・本学志望理由
・調査書の内容について
・高校生活(部活、成績等)について
・長所と短所について
・特技について
・家族について
・友達からどう思われているか
・悩みを人に相談するか
・リーダーに欠かせないものは何か
・ストレスの発散、気分転換の方法
・テレビは何を見るか
・好きな言葉
・理想の医師像
・将来、何科に行きたいか
・最近気になった医療ニュースは
・医の倫理を向上させるために何ができるか
・倫理やマナーについて自由に述べよ。

広い体育館のような会場で小さいブースがいくつかあり、何人もの受験生が同時に面接を行う。以前はマナーや医の倫理について聞かれることが多かったが、2016年度はそのような質問はなかった。雑談のようなリラックスした雰囲気で行われることが多い。

面接官の人数:3名
受験生の人数:1名

東海大学

■所要時間
個人10分
■面接の進行と質問内容
・医師志望理由
・本学志望理由
・併願校について
・高校時代に一番力を入れたこと
・ボランティアについて
・得意科目と苦手科目
・浪人生活について
・家族について
・友人からどう思われているか
・最近感動したこと
・今までで一番苦労したことは何か
・印象に残っている言葉
・体力に自信はあるか
・医学部の勉強は大変だが大丈夫か
・将来は海外で働きたいか
・医師に必要なものは何だと思うか
・最近気になるニュース
・自己PR

比較的和やかでリラックスした雰囲気の中で行われる。面接室が複数あり、一斉に面接がスタートする。10分間、きちんと時間を計っており、時間が来たら終了する。地域枠と併願している場合は、1回目の面接後に地域枠の面接が行われる。

面接官の人数:2名
受験生の人数:1名

東邦大学

■所要時間
個人3分×4回 グループ15~20分
■面接の進行と質問内容
<個人>
放送に従って順に4つの部屋に案内される。部屋ではそれぞれ課題シートを渡され、それについて答える。
・入院している友達のお見舞いに行くという8コママンガを見て、状況説明や登場人物の心情について聞かれる。
・最近のニュースワードが複数ある中から3つを選んで説明する。
・面接室に高齢の男性がいる。その男性に対して、見本通りの絵を描いてもらうよう口頭のみで指示する。
・文章を読んでそれについて答える。娘から虐待を受けている高齢者が施設への入居を拒否している。あなたがケアマネジャーならどうするか。

<グループ討論>
最初に短い自己紹介をしてから課題文が与えられ、受験生同士で話し合って出した結論を面接官に報告する。
・救急車の出動台数についてのグラフを見て、グラフから読み取れる傾向とその原因について5つ挙げる。さらに救急車有料化のメリット・デメリットと今後のあり方について話し合う。

個人面接では4つのブースを順番に移動しながら、それぞれの部屋で課題が与えられるのでそれについて答える。グループ討論は1つのテーマについて受験生同士で話し合い結論を面接官に伝える。

面接官の人数:個人1名 グループ討論2名
受験生の人数:個人1名 グループ討論4名

帝京大学

※2016年度に実施された個人面接の内容を掲載しています。

■所要時間
個人5分
■面接の進行と質問内容
・医師志望理由
・本学志望理由
・昨年も本学を受けたか
・高校での一番の思い出は何か
・部活動について
・調査書について
・高校卒業後の経歴
・大学入学後にやりたいこと
・試験の出来について
・得意、不得意科目について
・長所と短所について
・どのような医師になりたいか
・体力はあるか
・親の職業について
・医師の偏在について
・自己PR

2017年度入試から1次試験と2次試験に分かれ、面接は2次試験で行われることになった。面接官2名で個人面接10分の予定である。これまでより時間が延びるため、いわゆる医学部のオーソドックスな面接が予想される。

面接官の人数:1名
受験生の人数:1名

昭和大学

■所要時間
個人10分
■面接の進行と質問内容
【面接前にアンケート記入あり】
医師志望理由と影響を受けた人、本学志望理由と影響を受けた人、入試説明会について、高校生活について、併願校について、最近感動したこと、医師に向いていると思う点、出身地の医療情勢で関心のあること(地域別選抜) など
【面接の質問内容】
・医師志望理由
・本学志望理由
・一次試験の出来について
・小論文の内容について
・高校生活、部活動について
・ボランティア活動について
・長所と短所について
・大学に入ってからやりたいこと
・寮生活について
・最近感動したことについて
・体力はあるか
・過去の失敗で最も悔んでいることは何か
・医師に向いていると思う点を3つ
・地域医療について(地域別選抜)

壁で仕切られた部屋で、何人もの面接が同時に行われる。時間になるとブザーが鳴って終了。面接前に記入するアンケートはⅠ期、Ⅱ期とも同じなので、Ⅱ期を受ける前にⅠ期の時は書きにくかった点を考えておくとよい。

面接官の人数:2名
受験生の人数:1名

埼玉医科大学

■所要時間
個人10~15分(セ試利用は個人2回)
■面接の進行と質問内容
【面接前にアンケート記入あり】
地域医療・医学研究に関する意向調査
【面接の質問内容】
・医師志望理由
・本学志望理由
・高校生活や高校の成績について
・高校時代で一番思い出に残っていること
・部活での自分の役割について
・リーダーシップの成功体験はあるか
・得意科目と苦手科目について
・浪人生活で何を心がけたか
・自分を動物に例えると何か
・体力に自信はあるか
・医師に向いている点とそうでない点
・研究医と臨床医の両立について
・最近の医療ニュースについて
・小論文についての質問(セ試利用2回目)

面接前に行われるアンケートは合否には関係ない。調査書の内容からよく質問され、面接官によってリラックスした雰囲気だったり、緊張した雰囲気だったりと異なる。セ試利用の面接は2回に分けて行われ、1回目は通常の個人面接、2回目は小論文に関する質問。

面接官の人数:4名
受験生の人数:1名

日本医科大学

■所要時間
グループ討論30分 個人10分
■面接の進行と質問内容
<グループ討論>
最初にテーマについての簡単な説明があり、1分程度の考える時間が与えられる。その後一人ずつ挙手して自分の考えを述べてから討論に入る。
・教育の場においてSNSを利用すること
・趣味を持つことについて
・髪型が人に与える印象について
・リーダーとなるためには
・理想の先生とは
・運動部と文化部の違いについて
・若者の理系離れについて
<個人>
・医師志望理由
・本学志望理由
・グループ討論の感想
・短所とその克服法
・尊敬している人物
・人生において感動したこと
・医師以外の職業を考えたことはあるか
・研究に興味はあるか

グループ討論は、ひとつのテーマについて全員が意見を言い合う。ディベートではないので、討論が盛り上がるよう多角的な視点から発言したい。グループ討論と個人面接の面接官は同じで、個人面接ではグループ討論の感想と言い残したことはないか聞かれる。

面接官の人数:グループ討論3名 個人3名
受験生の人数:グループ討論6名 個人1名

日本大学

■所要時間
個人15分
■面接の進行と質問内容
・医師志望理由
・本学志望理由
・1次試験の出来
・得意科目について
・高校生活、浪人生活について
・部活について
・入学したら何部に入りたいか
・自分の長所について
・リーダーシップを発揮したことはあるか
・最近気になるニュース(医療系、その他)
・友人ともめた時どう対処するか
・今、一番不安なことは何か
・進みたい診療科はあるか
・将来どのような医師になりたいか
・医師は責任が重い仕事だがどう思うか
・不測の事態に直面した時はどのように対応するか
・治療には大人数が関わるがどう意見をまとめるか
・最近の医師の「タメ口」についてどう思うか
・日大の校舎には初めて来たか。印象はどうか。

従来は2回行われていた面接が2016年度から1回になった。リラックスした雰囲気で和やかな質問がされることが多い。色々な状況の中で自分がどう対応するか聞かれたり、医療に関することも聞かれるので、日頃から関心を持っておくとよい。

面接官の人数:2名
受験生の人数:1名

聖マリアンナ医科大学

杏林大学

■所要時間
個人10分
■面接の進行と質問内容
【面接前にアンケート記入あり】
出身高校、高校卒業後の経歴、医師志望理由、本学志望理由、クラブ活動、ボランティア、アルバイト、外国での生活経験・特技・趣味 など
【面接の質問内容】
・医師志望理由
・本学志望理由
・併願校について
・医学部受験に対しての親の意見
・学費の出資者について
・高校生活や部活動について
・ボランティア活動について
・なぜ何年も浪人してしまったのか
・趣味や特技について
・自分の性格をどうとらえているか
・感情的なタイプか、論理的なタイプか
・入学後に何をしたいか
・将来、海外に行ってみたいか
・自分のセールスポイント
・医師は大変なことが多いが大丈夫か
・理想の医師像

小論文が始まる前にアンケートを記入するので、当日は早めに行くとよい。面接ではアンケートに書いた志望理由について詳しく聞かれるので、質問の内容を想定して書くよう心がけること。世間話のようなリラックスした雰囲気の場合もある。

面接官の人数:2名
受験生の人数:1名

北里大学

慶應義塾大学

順天堂大学

東京慈恵会医科大学

自治医科大学

獨協医科大学

金沢医科大学

藤田保健衛生大学

愛知医科大学

大阪医科大学

近畿大学

関西医科大学

兵庫医科大学

川崎医科大学

産業医科大学

久留米大学

国際医療福祉大学

福岡大学