私立医学部・歯学部予備校のメルリックス学院 | 医学部受験・再受験・入試

医学部受験合格必勝のための受験情報・対策ガイド

小論文-傾向と対策

小論文-傾向と対策

岩手医科大学

●読解力と背景知識を活かす力が求められる

●資料文型

年度 試験区分 内容 字数 時間
16 一般 石川九揚講演録 『縦に書け、縦に考えよ―縦と横の文化学―』より 「縦」と「横」のイメージに関する考えを自由に述べる。 600字 50分
15 一般 中村桂子 『ゲノムに書いてないこと』より 「わかる」ということについて考えを述べる。 600字 50分
14 一般 真野俊 『「命の値段」はいくらなのか?』より 「いのちの重さ」について思うことを述べる。 600字 50分

●傾向
“ 小論文は1次で課される。資料文はA4の半分程度で短いが、読解は難しいので背景知識や過去問が役立つ。たとえば、’12資料文中の「アーツ」は、ウイリアム・オスラー医師の医のアート(技術)や教養の必要性を下敷きにしている。また既出の日野原重明からは「医のアートとサイエンス」も出る(東北医薬大参照)。だから、著者の他校課題も要チェック。’14の国民皆保険制度は、医療制度を問う先駆けとなり、翌’15には北里大や獨協医大も出題している。
’16の設問は従来よりも長い。また、設問要求にある「イメージ」という言葉が資料文になく(通常はほぼある)、読解の指標がない。書家のこだわりに着目し、前半なら、①「縦に書け、縦に考えよ」。②縦画と横画は、一つの文字の中で互いに役割を担い、縦は横にならない。③学生達は“天”という字を紙の上の方に書いた。…などから自分のイメージを膨らませる。例えば、②から、一つの場で互いに大切な役割を担い合う→部活、家庭、医療の中での縦と横とは?また、①+③から→たしかに縦書きは、上から下に向けて縦に書きながら考えている。横に書いて考えると違いは?…など考えてみる。後半も含め自分にとって書きやすい材料を探す。著者である石川九揚は現代文では出題されている。’15は、文系小論文で問われる「わかるということ」だった。科学における「わかる」と日常における「わかる」の違いを読み取る。著者は生命誌研究者。文中に登場する数学者の藤原正彦は頻出。’14の題名は「命の値段」だが、問われているのは「いのちの重さ」である。表記にも注意。’13にも「物語られるいのち」が出題された。また今まで「ベッドサイドの看護学」、「地域医療」、「健康とは」など人間を対象とした医学・医療における医師のあり方が問われている。
読解が中心の対策は、日大の’14~16の設問の後半(自分の考え)を使って50分600字で書いてみる。医学・医療も増えてきたので川崎医大、北里大、聖マリアンナ医大の’15、’16は必読。地域包括ケアシステムと多職種協働(チーム医療)なども押さえておきたい。

東北医科薬科大学

●医学・医療、医師としての意識が求められる

●テーマ型

年度 試験区分 内容 字数 時間
17 一般 医療技術の進歩により人は幸福になったか。恩恵と問題をあげて述べよ。 600字 60分
16 一般 医師と科学者の倫理の共通点と違いについて述べる。 600字 60分

●傾向
“ 今回初めての医学部募集において、1次で小論文が課された。資料文がないテーマ型だっただけに、この課題は難しかったと思われる。本ガイドブックを参考にし、テーマ型を中心に、資料文型で読解力と知識の補給、念のために図表型や、最近増えている絵・写真型も書いて見よう。
’16の論述については、ニュース性とテーマ型や資料文型で学んだ基本を使って考える。テーマ型だと、’16日本医大の「再生医療」より前に、近畿大で「再生医療、高度先進医療」、杏林大他「iPS」、’14近畿大の「混合診療」がある。これらから、再生医療を研究する科学者の立場と、先進医療を混合診療として現場で使う医師の立場に着目し問に答える。一方、資料文型の日野原重明の『医学概論』や『生き方上手』(愛知医大などで既出)から、ウイリアム・オスラーの「アート」と「サイエンス」について覚えていたとする。臨床現場で病をもつ患者及び家族に関わる実践家(アート)としてのアプローチと、研究者(サイエンス)として疾患の治療法を確立する立場の違いである。そこから多くの人を救う薬の開発者と副作用に苦しむ患者を前にした臨床医、あるいはインフォームド・コンセントをテーマにして、臨床研究の被験者にする場合と日常診療の場合の、同じ所と違う所を考えてみるなど。
このように、過去問の練習は基礎力・応用力の向上に役立つ。また、テーマ型にもいくつかのパターンがあり、ニュース性のあるもの、基礎知識が必要な高齢化や医学・医療の問題、「読書」「学校生活」など自分に関するものがある。テーマ型は近畿、関西医大、久留米大、昭和大。資料文型で医学・医療科学を考えるならば、岩手医大、川崎医大、北里大、聖マリアンナ医大など。要約練習は金沢医大、獨協医大。書いたら必ず医系小論文に慣れた先生に見てもらうこと。また、メルリックス配布の『医系小論文・面接用語集』で知識・情報を押さえておこう。”

獨協医科大学

●要約と意見をまとめる力が求められる
●資料文型

年度 試験区分 内容 字数 時間
17 一般・セ試利用 (1日目) 伊藤亜紗『目の見えない人は世界をどう見ているのか』より、問1.要約。 問2.本文の内容について考えを述べる。 200字/600字 90分
一般・セ試利用 (2日目) 中西啓 『統計学が最強の学問であるーーデータ社会を生き抜くための武器と教養』 問1.要約。問2.本文の内容について考えを述べる。
16 一般・セ試利用 (1日目) 加賀乙彦 『不幸な国の幸福論』より 問1.要約。問2.本文内容について考えを述べる。 200字/600字 90分
一般・セ試利用 (2日目) 日向野幹也 大学教育アントレプレナーシップ 新時代のリーダーシップの涵養 問1.要約。問2.本文内容について考えを述べる。
15 一般・セ試利用 (1日目) 緒方貞子 『私の仕事』 問1.要約。問2.筆者の主張について意見を述べる。 200字/600字 90分
一般・セ試利用 (2日目) T・R・リード 『理想の医療保険制度はどこの国にある?』 問1.要約。 問2.本文の内容について意見を述べる。

●傾向
例年、両日とも1問目は200字要約。2問目は「本文の内容について」600字以内で考えを述べよという、シンプルな設問。資料文はA4で2、3枚あり、私立医学部では長い方だが、逆に要約は200字と短い。そこで次の要約練習の際は、①文章全体の構造・構成をつかむ。 ②繰り返しや筆者が特に言いたいことを絞っていく。 ③ 筆者の言いたいことをかみ砕いて理解する。④20分を目安に200字にまとめる。この作業が、問2の構想を練るステップとなる。
’17の1日目、9回も出てくる「中略」の前後に着目しながら読んでいく。また、200字を有効に使うには、予め最終部分の文字数を計算し、引いた残りでそれ以外をまとめるということである。金沢医大の資料文の構成が似ているので、参考にするとよい。次に、2日目は、冒頭の1文目と題名がほぼ同じ点に着目し、「統計学の最強さ」について読み取る。1.コレラという感染症封じに疫学研究、統計学が役立ったことを中心に、2.賢い人たちへの批判を少々、3.統計学が現代の健康政策にも役立っている、というこの3点をまとめる。’16の加賀は精神科医であり作家。〈知者富〉について老子の言葉を説明し、現代人への苦言と若者がよく生きるための勧めである。2日目の「リーダーシップ」は、複数が発揮する「権限のないリーダーシップ」を早いうちに身につけることの勧めである。これを理解しておくと、多職種連携のチーム医療にも援用できる。’15の1日目は獨協医大に多い若者関連テーマ。自分の身に引き付けて考える。2日目は、北里大と同じく世界の医療保険制度について。
’17の「統計学は最強の学問」は、感染症、疫学、公衆衛生、社会医学といった言葉も出てくるので、’15の医療保険制度と合わせて読んでおくと、他校の小論文対策として役立つ。

杏林大学

●自己を取り巻く社会生活への関心が問われる
●資料文型
●テーマ型
●図表型

年度 試験区分 内容 字数 時間
17 一般 「人生、思い通りにいかない」ということについて論じる。 800字 60分
セ試利用(1日目) 「教育」の意義について論じる。
セ試利用 (2日目) 「働くこと」の意義について論じる。
16 一般 「褒めて育てる」ことについて論じる。 800字 60分
セ試利用 (1日目) 「社会の秩序や安全を守るために規制を設ける」について論じる。
セ試利用 (2日目) 「素質と環境が子どもの成長に及ぼす影響」について論じる。
15 一般 「うそも方便」ということわざについて論じる。 800字 60分
セ試利用 (1日目) 「競争社会」について論じる。
セ試利用 (2日目) 「表現の自由」について論じる。

●傾向
’14からテーマ型に変わった。 それまでの数年間は受験年度の新聞記事から科学・医学、若者や高齢者に関する話題が出題されていた。テーマは一見単純で、当日勝負でいけそうであるが、言葉の意味を間違えないようにしたい。また、思考力や他者に対する人間性が問われる課題もあるので、論述練習の時間のない人は、面接問答を想定して声に出して意見を言ってみる。
’17の一般は「人生、思い通りにいかない」ということについて論じる。同年、資料文型の福岡大では『人生はうまくいかないから面白い』というタイトルの文章が出ていた。こちらもついでに読んでみると、「うまくいかない」の捉え方が広がるかもしれない。’16の一般は、「嘘も方便」について。「方便」は仏教用語。悪事や自己利益のためではなく、物事がうまくいくために、あるいは誰かを救うために時には必要なこともある、といった意味である。かつて「医師にとっての噓も方便」が出た。どういう場合なら許されるのだろうか。次に「褒めて育てる」は、同年、資料文型の兵庫医大でも出題された。褒め育ては子供の自尊心を高める育児法として広まっているが、実は褒め方が重要であり、むしろマイナスになるという研究結果が示されている。これらのように、関連した文章から内容を深めよう。また’16のセンター利用は、社会的関心を持っていた方が書きやすい。
かつての資料文型が復活した場合と面接対策を兼ねて、この2年位の大きなニュースや話題ををチェックしておく。また、「自分の誇れること」「読んだ本」「将来の抱負」など自分自身について書いてみる。本ガイドブックの解説を参考にして、資料文型から、医療や医療制度、医学教育、高齢化、AIなどについて述べられた文章を読んでテーマ型の材料にする。それらも含め個々の効率的な練習法は小論文の先生に相談しよう。また、メルリックス配布の『医系小論文・面接用語集』に目を通しておくとよい。

埼玉医科大学

●複数の資料文と小問に対する時間内処理能力が求められる
●現代文型

年度 試験区分 内容 字数 時間
16 一般 前期 長めの文章。大問4問あり、小問計24問(すべて選択肢)。図表を含む。
1.加藤周一『夕陽妄語 第二章』
2.前田英樹『絵画の二十世紀 マチスからジャコメッティまで』
3.矢野英樹『新版 論理トレーニング』
4.高橋源一郎『ニッポンの小生―百年の孤独』
60分
15 一般 前期 長めの文章 大問4問あり、小問合計26問(すべて選択肢)
1. 山口晃『ヘンな日本美術史』
2. 井上敏他編、大森荘蔵 『他者・関係・コミュニケーション』
3. 本川達夫 『ゾウの時間 ネズミの時間――サイズの生物学』
4. 松田美佐 『うわさとは何か』 下線部の説明、内容一致、空欄補充他
60分
14 一般 前期 資料文A4用紙約8枚(図を含む) 大問は4問あり、小問合計33問(すべて選択肢)
1. 小倉孝誠『身体の文化史』
2. 岡本真一郎『言語の社会心理学』
3. 佐々木閑『ブッダ真理のことば』
4. 鷲田清一『自分・この不思議な存在』
下線部の説明、内容一致、空欄補充他
60分
一般 後期 資料文A4用紙約8枚(図を含む) 大問は4問あり、小問合計29問(すべて選択肢)
1. 本田由紀『多元化する「能力と日本社会」』
2. 『翻訳の世界』「女が女を訳すとき」著者不明 下線部の説明、内容一致、空欄補充他
中村桃子『おんなことばと日本語』
3. 犬塚則久『「退化」の進化学』
4. アルバート=ラズロ・バラバシ著 青木薫訳『新ネットワーク思考』

●傾向
大問は例年4問。全問選択肢だが、各大問とも資料文が長く、小問合計数も多いので、現代文を解く時よりも素早く先に進んでいかないと終わらない。
読みにくい文章もあるので、初めに全問眺めて時間配分を考える。初心者は、大問1問20分を目安に、1問ずつ解いて答え合わせをし、間違ったところを再考する。2年分位そういった丁寧な取り組みをしたところで、次は1年分(4問全部)を解いて、時間感覚をつかむ。’16の問3は文中に図表もあり、現代文ではあまり見かけないタイプであった。’15の本川達夫は生物学者。この本は発売当初から医学部で出題されて来た。マーク式だが、素早く読んで、素早く解答していく情報処理能力が問われている。長い文章に慣れたい場合は関西系の現代文、出題分野の広さへの対応や形式に慣れておきたい場合は過去問に詳しい現代文の先生に相談してみよう。

自治医科大学

●医学・医療に対する真摯で冷静な姿勢が求められる

●資料文型
●絵・写真型

年度 試験区分 内容 字数 時間
17 一般 出題文1 寺田寅彦『寺田寅彦随筆集 第四巻 小宮豊隆編』より、内容をまとめ、賛否を書き、「科学論文」以外の文章についての考えを書く。
出題文2 松尾豊『人工知能は人間を超えるか~ディープラーニングの先にあるもの~』より、人工知能の発達による医師の役割の変化の有無について考えを述べる。
400~500字×2 90分
16 一般 出題文1 吉村昭『その人の思い出』 「文学者」の「死」は一般の人とは異なるという考えに同意する、しないを述べた上で「医者」の「死」について述べる。
出題文2 藤原てい『流れる星は生きている』 文中の「血清を注射してくれた」医師を自分としてその日の日記を書く。
400~500字×2 90分
15 一般 出題文1 河合隼雄『こころの最終講義』 本文中のエゴ・アイデンティを踏まえ、その確立の必要性について賛否も含め、自分は確立しているかについても考える。
出題文2 Luke Fildes卿の絵『The Doctor』 絵の内容について友人に電話で説明する。また、自分が絵の中の医師なら、両親にどう語りかけるかを述べる。
400~500字×2 90分

●傾向
例年、大問が2題。’15の1題以外は毎年資料文型2題で、各400字~500字。資料文はA4で2~3枚程度だが、まれに5枚あるが内容はわかりやすい。’15の絵・写真型も含め、時代や社会を超えた患者の気持ちや医師の在るべき姿が問われる。
’17の1は、長く出題されて来た寺田寅彦(物理学者・随筆家。夏目漱石の弟子)。今回は、内容を短くまとめたうえで意見を述べる。1問400~500字で2つのテーマを求められることがあるので、実際に書いて感覚をつかんでおきたい。2は、人工知能に関する文章を読んで、医師の役割の変化について述べる。現在日本でも、人工知能に診断させて治療に生かす研究や、人工知能を組み込んだ治療用ロボットの開発が行われている。AIやロボットをいかして、患者のためのよりよい医療を実施する立場は書きやすい。’16の吉村は06年、がん闘病中、自宅にて自分で点滴を外す。この壮絶な死は尊厳死なのかという議論を呼んだ。藤原も作家。終戦直後、夫は抑留され、3人の幼児(文中の正彦とは’13出題の藤原正彦)を連れて日本に引き揚げる時、ジフテリアに罹った長男に、月収3000円の医師が、1000円の血清を自腹で打ってくれた。その医師の日記を書くのだから、自分の医師像が試される。’15の河合隼雄は頻出の心理学者。「中略」の前後に着目しながら読むのがコツ。2の絵は、良医の育成を理念とする金沢医大のパンフレットにも使用されていた「The Doctor」1981年作。「一晩看病して、夜明けを迎えた情景である」という説明等も参考にして、これまた医師像が試される。2問セットで時間内に解く練習をしておきたい。

順天堂大学

国際医療福祉大学

●設問中の条件とヒントを生かす力が求められる
●テーマ型

年度 試験区分 内容 字数 時間
17 一般 英国のEU離脱、トランプ氏のTPP見直しなど、自由貿易と保護貿易に対する考え方が議論されている。
第二次世界大戦とのIMF、GATT体制の転機かもしれない。自国の立場で自由貿易と保護貿易について論じる。
600字 60分

●傾向
’17に新設され、初の小論文はかなり長め(およそ260字)のテーマ型であった。内容は医学・医療に関するものではなく、自由貿易と保護貿易について意見を求めるもの。設問中のTPP、NAFTA、IMF、GATTには日本語の名称が添えられている。また、「第二次世界大戦後のIMF・GATT体制と呼ばれる国際経済秩序が転換期を迎えているかもしれません。」とあり、論の方向性を導くヒントが示されている。またそれに続けて最後に、「あなたの自国の立場で、自由貿易と保護貿易について600字以内で論じなさい」とあるので、序論でまず自分の国を示し、立場を表明する。 普段はこういったテーマで論ずることがなくても、設問中の語句を使いながら、TPPなどについて少し書けば、結構な文字数になるので慌てないこと。また面接において、「文化」について聞かれた者もおり、パンフレットなどから、大学設立の目的、使命、将来の展望などを理解しておきたい。共に学ぶ者が様々な文化的、社会的、歴史的背景をもっていることを踏まえて初年度の小論文が出題されたのかもしれない。テーマ型と言っても、短い資料文型に匹敵する量である。といっても、岩手医大などのように資料文の難解なものではなく、同じテーマ型の昭和大から長めのものを探して論述してみよう。
面接対策も兼ね、パンフレットを熟読しておくこと。さらに、自国を含めた医療の足りない所の現状や、日本にいる外国の人、旅行や短期の仕事で滞在する人などが、治療や入院した際の文化的配慮についても調べておこう。併願校のためにも資料文型も書いてみよう。北里大、獨協医大の世界の保険医療、その他は北里大、川崎医大、聖マリアンナ医大など。

慶應義塾大学

●課題に対して簡潔にまとめる力が求められる
●テーマ型

年度 試験区分 内容 字数 時間
17 一般 お金がない人が治療を受ける権利について考えを述べる。 約700字 50分
16 一般 医学部卒業生の自分に知人が赤ちゃんポストを利用したことを打ち明けた。
問1. ポストが閉まった時の知人の気持ちを、知人の語る言葉で書く。
問2. 知人にかける言葉を書く。
200字/400字 50分
15 一般 問1. 4歳の甥にイルカは魚ではなく哺乳類だということを教える。説明する言葉でそのまま書く。
問2. 受験生活において家族の支えは重要だが、その思いが強すぎると負担になる。体験を踏まえて書く。
300字/400字 50分

●傾向
かなり長めのテーマ型である。’17、’16は、自分とは異なる状況に置かれた人に対する言葉がけや、考えを述べる。日本の医療機関への調査によると、経済的理由での治療中断(内科が多い)、一方、検査や薬を断られたとの回答がみられた。皆保険制度があってもこういう状況となっている。また、設立10年の赤ちゃんポストは、その経過や問題点が新聞で報じられていた。’15、’16は直接相手にかける言葉で書くように指示されている。毎回、対象や条件が異なるが、基本的には自分とは立場や境遇の異なる相手への理解と対話力、コミュニケーション力、また、インフォームド・コンセントなどを下敷きにして医師としての資質、人間性を示してほしい。
’15は、4歳の子どもにわかる言葉で説明するのだが、イルカの生息環境や見かけから魚だと思い込んでいる子ども相手に、わかりやすく納得してもらえるように話すこと。’16の赤ちゃんポストの利用については、自分とは、境遇や考え方の違いが大きいかもしれないが、相手を受け止め心情を理解した上で言葉をかけ支える。
短い指定字数で2問ある場合があるので、簡潔にまとめる練習をしておく。自治医科大は資料文型だが、文字数が400~500字で、他者理解の感覚を掴むには丁度良い。以前の傾向である医学・医療、医師の役割の対策には、基本的な知識として、インフォームド・コンセント、QOL、患者の自己決定権、ナラティブ・ベイスト・メディシン、緩和ケア、チーム医療、医師と患者のコミュニケーションなどを押さえておく。また医療に関しては、金沢医大、北里大、川崎医大、聖マリアンナ医大などの出題、社会的な問題の確認は、メルリックス配布の『医系小論文・面接用語集』を利用する。