医学部受験合格必勝のための受験情報・対策ガイド

面接

面接

岩手医科大学

■所要時間
個人10~15分
■面接の進行と質問内容
【面接前にアンケート記入あり】
性格に関する約40問のアンケート。質問に対して「はい」「いいえ」「よくわからない」で答える。面接ではアンケートの内容についても聞かれる。
【面接の質問内容】
・医師志望理由
・本学志望理由
・部活動について
・学校内で自分はどんな立ち位置にいるか
・リーダーシップについて
・長所と短所について
・趣味について
・浪人して得たもの
・卒業したら岩手に残るか
・理想の医師像について
・希望する診療科とその理由
・災害医療について
・最近の医療ニュースについて
・地域医療について
・生物の履修について(物理選択者)
・大学の専門科目について(再受験生)
・自己PR

本学と東京の2会場で実施。広い会場で一斉に複数の面接が行われるので、大きな声で話すことを心がけた方がいい。自己PRが課せられることがあるので、何を言うか考えておいた方がいい。大学側は地元に残ってくれる人を望んでいるように感じる。

面接官の人数:2名

東北医科薬科大学

■所要時間
個人15分
■面接の進行と質問内容
・地域医療について何ができるか自己PR(2分間)
・自分の地元について自己PR
・東北の医療に医師としてどう貢献するか
・ずっと東北で医療に携わる覚悟はあるか
・災害時に医師としてどう対応するか
・得意科目と苦手科目について
・高校時代に頑張ったこと
・部活について
・友人について
・高校卒業後の経歴について
・将来進みたい診療科
・10年後の自分について(医師としての将来像)
・医師の偏在について
・胃ろうについて
・戦争や争いはなぜ起こるのか

東北地方の地域医療に貢献することを目的として設立された医学部であり、医師として将来どのように東北の医療に貢献できるかは深く突っ込んで聞かれる。自己PRと合わせてしっかりと考えておきたい。面接官は医学部と薬学部の教員が務める。

面接官の人数:2名
受験生の人数:1名

獨協医科大学

■所要時間
個人10分
■面接の進行と質問内容
【面接前にアンケート記入あり】
出身校、得意・不得意科目、趣味、スポーツ、ボランティア、資格、表彰、自己PRなど
【面接の質問内容】
・医師志望理由
・本学志望理由
・併願校とその結果
・不得意科目について
・浪人して得たもの
・通っている予備校について
・悩み事の解決方法
・大学に入って勉強以外にがんばりたいこと

面接ではアンケートに書いた内容について聞かれることが多いので、待っている間にもう一度自分なりに内容を整理しておくとよい。面接の雰囲気は悪くないが、かと言って気を緩めることはできない。

面接官の人数:3名
受験生の人数:1名

杏林大学

■所要時間
個人10分
■面接の進行と質問内容
【面接前にアンケート記入あり】
出身高校、高校卒業後の経歴、医師志望理由、本学志望理由、クラブ活動、自己PR(ボランティア、アルバイト、外国での生活経験・特技・趣味等)、学費負担者
【面接の質問内容】
・医師志望理由
・本学志望理由
・併願校について
・医学部受験に対しての親の意見
・高校生活や部活動について
・ボランティア活動について
・なぜ何年も浪人してしまったのか
・今年成績が伸びたのはなぜか
・他学部は考えなかったのか
・趣味や特技について
・最近うれしかったこと
・入学後に何をしたいか
・医師は大変なことが多いが大丈夫か
・チームの中に独善的な医師がいたらどうするか
・薬を飲まない患者さんがいたらどうするか
・少子高齢化のメリットはあるか

小論文が始まる前にアンケートを記入するので、当日は早めに行くとよい。面接ではアンケートに書いた志望理由について詳しく聞かれるので、質問の内容を想定して書くよう心がけること。面接室によって、世間話のようなリラックスした雰囲気もあれば、厳しい質問を何度もされる場合もある。

面接官の人数:2名
受験生の人数:1名

埼玉医科大学

■所要時間
個人10~15分(セ試利用は個人2回)
■面接の進行と質問内容
【面接前にアンケート記入あり】
地域医療・医学研究に関する意向調査
【面接の質問内容】
・医師志望理由
・本学志望理由
・高校生活や高校の成績について
・高校時代で一番思い出に残っていること
・部活での自分の役割について
・リーダーとしての失敗体験と改善点
・得意科目と苦手科目について
・なぜ浪人したと思うか
・浪人生活で何を心がけたか
・1日の生活スケジュール
・自分を動物に例えると何か
・体力に自信はあるか
・医師に向いている点とそうでない点
・小論文についての質問(セ試利用2回目)

2018年度から試験前に面接票を20分間で記入する。調査書の内容からよく質問され、面接官によってリラックスした雰囲気だったり、緊張した雰囲気だったりと異なる。セ試利用の面接は2回に分けて行われ、1回目は通常の個人面接、2回目は小論文に関する質問。

面接官の人数:4名
受験生の人数:1名

自治医科大学

■所要時間
1次個人15分 2次個人10~15分・グループ討論40分
■面接の進行と質問内容
【面接前にアンケート記入あり】
中学・高校の部活動、生徒会・委員会活動、好きな本、ボランティア活動、併願校、
高校生活の思い出、自己アピールなど
【面接の質問内容】
<個人>
・医師志望理由
・本学志望理由
・本学の理念について
・義務年限(9年)について
・併願校について
・僻地医療、地域医療について
・グループ討論の出来、感想
・高校生活、部活動について
・何科に進みたいか
<2次グループ討論> 以下のようなテーマより1つ選択
・医療費の増大について
・研究者の不正について
・医師不足について
・医師として患者の家族から延命治療中止を要請された場合

1次は県庁職員、2次は自治医大の教官が担当する。僻地医療についての考えは当然ながらしっかり準備しておきたい。グループ討論は1つのテーマを選んで話し合い、グループで結論を出す。

面接官の人数:1次個人6~8名 2次個人3名 2次グループ討論3名
受験生の人数:1次・2次個人1名 2次グループ討論6~8名

順天堂大学

国際医療福祉大学

■所要時間
個人30分×2回
■面接の進行と質問内容
<1回目>
・医師志望理由
・本学志望理由
・併願校について
・高校について
・家族の職業
・短所について
・コミュニケーションは得意か
・国際性とは何か
・海外でどう医療に貢献するか
<2回目>
・情報をどこから得ているか
・教養とは何か
・子供の貧困はなぜ起こるのか
・興味を持ったニュース(できるだけ多く)
・今までに読んだ本(できるだけ多く)
・安楽死について

1回目はごく普通の個人面接、2回目は社会や経済など時事問題について聞かれる。希望者は出願時に「一部英語での面接」を選択することができる。英語での質疑応答は2回目の面接で行われるが、選択したからといって有利になるということはない。設立の趣旨である国際性豊かな医師の育成に沿った志望動機は必須である。

面接官の人数:3名
受験生の人数:1名

慶應義塾大学

■所要時間
個人5~10分×2回
■面接の進行と質問内容
【面接前にアンケート記入あり】
医学部志望理由(9行)、併願校、出身校、部活、賞罰、趣味、特技、既往症 など
【面接の質問内容】
・医師志望理由を自分の言葉で
・本学志望理由
・併願校と両方受かったらどちらに進学するか
・併願校の志望理由
・小論文の出来について
・医師以外になりたい職業はあるか
・部活動で苦労したこと
・得意科目と苦手科目につい
・趣味や特技について
・影響を受けた本
・自分の長所と短所
・友人はあなたのことをどう思っているか
・家族に医師はいるか
・どのような医師になりたいか
・進みたい診療科はあるか
・臨床医と研究医のどちらに興味があるか
・どのような研究がしたいか

面接官を変えて2回行われる。広い部屋で数組が同時に面接している。事前にアンケートに記入した内容は聞かれると思っておいた方がよい。1回目と2回目の質問内容はあまり変わらないので、2回目の前に1回目の質問内容を自分でもう一度整理しておくとよい。

面接官の人数:2名
受験生の人数:1名