昭和大学 医学部 | 倍率・合格最低点・難易度・対策

昭和大学受験合格のための攻略ガイド
医学部受験合格必勝のための受験情報・対策ガイド

昭和大学

I期・II期の2回試験が行われ、近年、難易度が上昇している私立医学部の1つである。
I期の正規合格者のうち78名は特待生扱いとなり、6年間の学費が1,900万円と、私立医学部では初めて学費の総額が2,000万円を切った。2016は例年なら1次補欠扱いである180名近くも正規合格となり、繰り上げ合格者数は極端に減少した。それでも正規・繰り上げあわせて300名前後が最終合格する状況に変わりはない。
セ試利用は全国を6ブロックに分ける地域別選抜であり、現役生のみ受験できる。出願資格があるなら狙ってみてもいいだろう。

昭和大学 概要
開学年度 昭和3年
創設者 上條 秀介
理事長
学長 小出 良平
学部所在地 〒142-8555
東京都品川区旗の台1-5-8
交通手段 東急池上線・大井町線旗の台駅より徒歩5分
URL http://www.showa-u.ac.jp/
昭和大学 特色

昭和医学専門学校を経て、昭和21年昭和医科大学として設立。
昭和39年薬学部設置を機に昭和大学と改称。
1年次は富士吉田校舎で歯・薬・保健医療学部の学生と共同で全寮生活を送る。
医系総合大学ならではの密度の濃いカリキュラムが特徴で、特に7つの医学部附属病院を活用した臨床教育が充実している。

昭和大学 略歴
昭和3年 昭和医学専門学校を開学
昭和21年 昭和医科大学として開設
昭和39年 昭和大学と改称、薬学部を開設
昭和40年 富士吉田校舎が完成
昭和52年 歯学部を開設
平成14年 保健医療学部を開設

昭和大学の項目別受験情報

入試日程・募集人数

入試情報

繰上合格

志願者数推移

男女比

現浪比

医師国家試験合格状況

グラフ:2016年昭和大学医師国家試験合格状況

教授出身大学比率

グラフ:2016年昭和大学教授出身大学比率

学納金

寄付金・学債

昭和大学の受験科目の最新出題傾向分析

昭和大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

  • 英語出題

    表:2016年昭和大学英語出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 英語分析

    表:2016年昭和大学英語難易度分析   表:2016年昭和大学英語出題形式分析
    5段階で評価

  • 英語傾向

    3年連続で形式を変えている。もともと形式に揺れがあるので、きちんと受験勉強をしてきた者は動揺しなかったかもしれないが、毎年かなりの変化だ。
    難化した2014に比べるとかなりの易化といえる。読解の内容合致の正解精度を高めることと、和訳や整序問題に慣れておくことを心がければ、いわゆる受験勉強で乗り切れるレベルではある。

  • 英語対策

    出題形式に左右されない安定した英語力をつけることを目標にし、また過去問を十分にこなせば、合格の2文字が見えてくるだろう。

  • 数学出題

    表:2016年昭和大学数学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 数学分析

    表:2016年昭和大学数学難易度分析   表:2016年昭和大学数学出題形式分析
    5段階で評価

  • 数学傾向

    問題のレベルは基本~標準的で、問題の種類としては典型なタイプが大半である。しかし、試験時間に対しての問題量がかなり多いといえる。

  • 数学対策

    対策としては、網羅型の参考書・問題集を繰り返し解き、標準的な有名・典型問題の解法のパターンに関しては、考え込むことなくすぐに手が動くようにしておくこと。
    さらに、時間配分の練習として、時間を計って過去問を解いておくと良い。

  • 化学出題

    表:2016年昭和大学化学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 化学分析

    表:2016年昭和大学化学難易度分析   表:2016年昭和大学化学出題形式分析
    5段階で評価

  • 化学傾向

    Ⅰ期、Ⅱ期とも大問5~7題程度の問題構成。問題数がやや多いようにも感じるがほとんどが標準的な定番問題で時間的には、やや余裕があるようにも感じる。
    伝統的に、生命科学の内容からやや厄介で深い知識が必要な出題が見られる。また、様々な化学変化について化学反応式を問われる出題が非常に多く見受けられる。

  • 化学対策

    生活や生命の分野に関しては教科書のレベルにとどまらず深い知識の習得、化学反応式に関しても頻出の反応式以外もしっかりとチェックしておきたい。

  • 生物出題

    表:2016年昭和大学生物出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 生物分析

    表:2016年昭和大学生物難易度分析   表:2016年昭和大学生物出題形式分析
    5段階で評価

  • 生物傾向

    大問4問の構成。空所補充、記述・論述、計算、作図など、解答方法は様々である。
    2015では、新課程で教科書に新たに加えられた事項に関する問題が多く出題された。実験考察問題も出題されるが、知識問題の割合が高く、その難度も高い。普通の入試問題ならここまでは問わないであろうという細かい部分まで問われている。

  • 生物対策

    高得点を目指すためには、教科書の図や表の細かい部分や、「参考」、「発展」として扱われている内容にまで目を通し、さらに図説、資料集等を用いて知識を深めておいたほうがよいであろう。

  • 物理出題

    表:2016年昭和大学物理出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 物理分析

    表:2016年昭和大学物理難易度分析   表:2016年昭和大学物理出題形式分析
    5段階で評価

  • 物理傾向

    例年大問4~5題で構成されていたが、2015は小問集合を含む大問3題であった。原子を除く標準的で典型的な問題も出題されるが、見慣れない問題や難度の高い問題も出題されるので幅広く学習しておくことが大切となる。

  • 物理対策

    見慣れない問題を解くときは特殊な物理法則を必要とすることはほとんどないので、落ち着いて問題を把握することが大切である。記述や描画も出題されるので、日頃から自分の手で書いておくことが必要である。

昭和大学受験の
最新出題総評

I期・II期の2回試験が行われ、近年、難易度が上昇している私立医学部の1つである。
I期の正規合格者のうち78名は特待生扱いとなり、6年間の学費が1,900万円と、私立医学部では初めて学費の総額が2,000万円を切った。2016は例年なら1次補欠扱いである180名近くも正規合格となり、繰り上げ合格者数は極端に減少した。それでも正規・繰り上げあわせて300名前後が最終合格する状況に変わりはない。
セ試利用は全国を6ブロックに分ける地域別選抜であり、現役生のみ受験できる。出願資格があるなら狙ってみてもいいだろう。

  • 英語
    広範囲に亘る安定した英語力が求められている。
  • 数学
    上位私立大入試レベル典型問題の解法をしっかり身につけよう。
  • 化学
    定番問題と標準問題からの出題。高得点を狙え。
  • 生物
    新課程からの出題が多く、旧課程履修者には難しい。
  • 物理
    見慣れない問題も出題されるがしっかりと題意をくみ取ろう。

小論文

面接

田尻学院長の最新分析

-昭和大学編-

医・歯・薬・保健医療を揃えた医療系の総合大学で、1年次は富士吉田キャンパスで4学部合同の4人部屋での寮生活となる。

一般Ⅰ期の合格者78名とセンター試験利用入試の合格者は初年度授業料300万円が免除となり私立医学部では学費が最も安くなる。このため国公立大学との併願者が多く、Ⅰ期の2次受験者のうち半分以上が繰り上げ合格になる。2次試験では、面接の前に医学部と昭和大学の志望理由と影響を受けた人、併願校、医師に向いていると思う点などをアンケートに記入する時間がある。尚、Ⅰ期もⅡ期もアンケートは同じ設問である。これまでⅠ期は1次補欠と2次補欠に分かれていたが、2016年度入試から補欠者としてまとめて発表するようになった。2016年度の繰り上げ合格者は、正規合格者を255名と増やしたため12名と激減した。