慶應義塾大学 医学部 | 倍率・合格最低点・難易度・対策

慶應義塾大学受験合格のための攻略ガイド
医学部受験合格必勝のための受験情報・対策ガイド

慶應義塾大学

名実ともに私立医学部の最高峰。入試問題も受験生の本質的な思考力・読解力を問うもので、暗記やパターン学習だけでは到底歯が立たないものが出題される。以前は大学独自の試験の他に、センター試験の英語を課していたが、2006に廃止されてからは目立った入試の変更はない。
年々医学部の志願者は減少しており、2013・2014はわずかに増加に転じたが、ここ2年はまた減少している。繰り上げ合格者は例年50名前後で推移している。

夢の先へ

慶應義塾大学の合格者の声
慶應義塾大学 概要
開学年度 大正6年
創設者 北里 柴三郎
理事長 清家 篤
学長
学部所在地 〒160-8582
東京都新宿区信濃町35
交通手段 JR信濃町駅より徒歩1分
URL http://www.med.keio.ac.jp/
慶應義塾大学 特色

初代学部長である北里柴三郎が福澤諭吉の恩顧に報いるため創設に尽力し、大正6年発足。
入学後の1年は日吉キャンパス、2年生からは大学病院と一体化した信濃町キャンパスで学ぶ。
あらゆる面で常に我が国の医学界をリードする大学医学部の雄。

慶應義塾大学 略歴
大正6年 慶應義塾医学科を開設
大正9年 慶應義塾大学医学部が発足
昭和27年 新制慶應義塾大学医学部に昇格
平成13年 看護医療学部を開設
平成20年 共立薬科大学との合併により、薬学部・大学院薬学研究科を開設

慶應義塾大学の項目別受験情報

入試日程・募集人数

入試情報

繰上合格

志願者数推移

男女比

現浪比

医師国家試験合格状況

グラフ:2016年慶應義塾大学医師国家試験合格状況

教授出身大学比率

グラフ:2016年慶應義塾大学教授出身大学比率

学納金

寄付金・学債

慶應義塾大学の受験科目の最新出題傾向分析

慶應義塾大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

  • 英語出題

    表:2016年慶應義塾大学英語出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 英語分析

    表:2016年慶應義塾大学英語難易度分析   表:2016年慶應義塾大学英語出題形式分析
    5段階で評価

  • 英語傾向

    7年連続で大問4題の出題。読解3題と英作文1題の形式は5年連続。英文の量は2011が異常に多かったが、2012からは約4ページで定着している。しかしその中身は相変らず濃厚で、他大学を圧倒的に引き離す貫禄を示すかのようでもある。

  • 英語対策

    いわゆる受験英語の最高峰に登る覚悟がいり、「対策」を立てる前にまずは高レベルの英語力と記述力(国語作文力)が必要。加えて自由英作文にも慣れておく必要がある。90分フルに、知的集中力を切らさず、挑まねばなるまい。

  • 数学出題

    表:2016年慶應義塾大学数学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 数学分析

    表:2016年慶應義塾大学数学難易度分析   表:2016年慶應義塾大学数学出題形式分析
    5段階で評価

  • 数学傾向

    [1]は易しめの小問集。[2]か[3]に出される「操作(T)」の確率は似たような問題が繰り返し出されている。後半の2題は数学Ⅲから証明の入った総合的な問題が出されることが多い。

  • 数学対策

    以前より解きやすくなってきたとはいえ、論証能力と計算処理能力の両方がかなり高くないと合格ラインに達するのは難しい。
    最難関国公立レベルの総合的な問題をできるだけ多く解いて実力をつけ、過去問をやってこの大学の問題に慣れておこう。

  • 化学出題

    表:2016年慶應義塾大学化学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 化学分析

    表:2016年慶應義塾大学化学難易度分析   表:2016年慶應義塾大学化学出題形式分析
    5段階で評価

  • 化学傾向

    例年大問3題の出題。最近の入試では、年度により若干難易度に差異が見られるような気がするが総じて高得点を取るには難しい。標準的な問題も多く出題されるが、問題内容をじっくり検討して解答を作らなければならない問題も出題されている。
    問題内容は生命や生活の化学など有機化学の分野や化学平衡の分野などからの出題が多いようだ。

  • 化学対策

    受験の定番問題は当然確実に解答できるようにする必要があるし、問題を考えるにあたって正しく考察できるように練習をつむ必要がある。
    合格を狙うにはかなり深い学習が必要。

  • 生物出題

    表:2016年慶應義塾大学生物出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 生物分析

    表:2016年慶應義塾大学生物難易度分析   表:2016年慶應義塾大学生物出題形式分析
    5段階で評価

  • 生物傾向

    発生と器官形成、反応と調節、生態系は必須です。ほとんどが実験やデータからの考察問題となっています。
    2015は核酸が、2014は浸透圧と動物の行動からの出題がありました。2011は全てが実験考察問題、2012は遺伝が出されました。2013はセンチュウの外形描図も出されました。

  • 生物対策

    文章量も多く、グラフや図も多用してあるので、実験の目的、材料、実験方法、結果の同異などを正確に把握する必要があります。ただ、説明は詳しく書かれているので、正確に読み取れれば解けると思います。

  • 物理出題

    表:2016年慶應義塾大学物理出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 物理分析

    表:2016年慶應義塾大学物理難易度分析   表:2016年慶應義塾大学物理出題形式分析
    5段階で評価

  • 物理傾向

    小問集合1題と大問2題で構成されていたが、2012は小問集合1題と大問3題、2013は大問4題となっている。
    原子を含む全分野から出題されている。高い計算力や誘導に乗れるだけの思考の柔軟さと、原子までをしっかり学習している真面目さが求められている。

  • 物理対策

    日頃から単に問題を数多く解くだけではなく、難度の高い良問をじっくりと解き、読解力と応用力をつけておくことが大切である。
    また、論述や描画も出題され、用語も問われるので、計算のみにこだわるような雑な学習をしてはいけない。

慶應義塾大学受験の
最新出題総評

名実ともに私立医学部の最高峰。入試問題も受験生の本質的な思考力・読解力を問うもので、暗記やパターン学習だけでは到底歯が立たないものが出題される。以前は大学独自の試験の他に、センター試験の英語を課していたが、2006に廃止されてからは目立った入試の変更はない。
年々医学部の志願者は減少しており、2013・2014はわずかに増加に転じたが、ここ2年はまた減少している。繰り上げ合格者は例年50名前後で推移している。

  • 英語
    生半可な力では対応不可能。和訳、英訳ともに高度な記述力。
  • 数学
    最難関国公立レベルの問題をやりこみ、確率は過去問で練習を。
  • 化学
    細やかな知識と受験の定番問題。
  • 生物
    '15は慶応としては標準的な問題。時間的には余裕があるので慎重に解こう。
  • 物理
    高い読解力と柔軟な思考力と計算力が必要、原子の出題も多い。

小論文

面接

田尻学院長の最新分析

-慶應義塾大学編-

私立大学、そして医学部の雄としてその存在は際立ち、研究業績も輝かしい。長きに渡り私立医学部で最も学費の安い大学であったが、他大学の学費値下げでその地位を失った。しかし、学費が安いことに変わりはなく、学費の値下げではなく2015 年度から奨学金制度を導入した。

入学定員112名のうち付属校から44名が付属推薦で入学するため一般の受験生枠は68名と少なく、難易度の高い一つの要因となっている。また2007年度をピークに志願者が毎年減少を続けていたが2013年度・2014年度はわずかに前年を上回った。だが2015年度・2016年度は再び志願者が減少した。

2次試験では面接の前に、医学部志望理由や併願校、保護者住所、部活、趣味、特技などを書く。これを見ながら面接が行われるので、面接で答えにくいことは、あらかじめ書かないようにしたい。