福岡大学 医学部 | 倍率・合格最低点・難易度・対策

福岡大学受験合格のための攻略ガイド
医学部受験合格必勝のための受験情報・対策ガイド

福岡大学

9学部31学科、2万人を超す学生数を抱える総合大学であり、入試問題は試験日ごとに作成される。医学部も他学部との共通問題を使用するため、公表されている合格最低点は得点調整後のものである。科目間でも得点調整を行うので、理科の中では生物の難易度がやや高いが不利になることはない。どの科目も問題が易しいためケアレスミスは命取りになる。

2010から導入されたグループ面接は、面接官によってやり方が異なるので、事前に練習して慣れておきたい。

福岡大学 概要
開学年度 昭和47年
創設者
理事長
学長 衛藤 卓也
学部所在地 〒814-0180
福岡県福岡市城南区七隈7-45-1
交通手段 JR博多駅よりバス40分 地下鉄七隈線 天神南駅より16分
URL https://www.fukuoka-u.ac.jp/
福岡大学 特色

昭和47年医学部設置。
より良質な医師の育成を主眼に、理解を重視した「モデル・コア・カリキュラム」を採用。
医学情報センターや2つの附属病院など教育・研究施設が充実している。

福岡大学 略歴
昭和47年 福岡大学医学部を開設
昭和48年 大学病院開院
昭和60年 筑紫病院開院
平成19年 医学部看護学科を開設

福岡大学の項目別受験情報

入試日程・募集人数

入試情報

繰上合格

志願者数推移

男女比

現浪比

医師国家試験合格状況

グラフ:2014年福岡大学医師国家試験合格状況

教授出身大学比率

グラフ:2014年福岡大学教授出身大学比率

学納金

寄付金・学債

福岡大学の受験科目の最新出題傾向分析

福岡大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

  • 英語出題

    表:2014年福岡大学英語出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 英語分析

    表:2014年福岡大学英語難易度分析   表:2014年福岡大学英語出題形式分析
    5段階で評価

  • 英語傾向

    全体的に標準レベルといってよく、例年ほぼ同傾向で対策は立てやすい。文法関連は短文完成(4択問題)と整序英作文が必出だが、どちらも難しくはないが演習不十分だと迷ってしまうものも含まれているので注意。やや手の込んだ問題まで馴染んでおくのが望ましい。

  • 英語対策

    読解は平易な内容合致問題で、関連の演習をこなしてきていれば、十分合格レベルに達することができるだろう。
    また、短文の和訳問題も恒例となっており、この出来が合否の分かれ目になるので、わかりやすいこなれた日本語を用いた訳文を作る訓練をしておきたい。

  • 数学出題

    表:2014年福岡大学数学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問c

  • 数学分析

    表:2014年福岡大学数学難易度分析   表:2014年福岡大学数学出題形式分析
    5段階で評価

  • 数学傾向

    [1],[2]の穴埋め問題は中堅私大レベルの基本問題が多く、「指数・対数」(特に対数方程式・不等式)、「場合の数・確率」等の問題が頻出。最後の[3]の記述問題は例年数学Ⅲの微分・積分。

  • 数学対策

    制限時間に対して問題が少なく合格最低点が高いと思われる年が多いが、最近は[1]や[2]の一部や最後の[3]が難しくなってきている。
    まず基礎を固めた上で、基本パターン問題だけでなく上位私大レベルの総合的な問題まで解いておこう。

  • 化学出題

    表:2014年福岡大学化学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 化学分析

    表:2014年福岡大学化学難易度分析   表:2014年福岡大学化学出題形式分析
    5段階で評価

  • 化学傾向

    大問3~4題の問題構成。年度によってやや難易度にばらつきがあるように感じる。また、合成高分子化合物や天然物化学の内容、生命や環境に関する問題では空所補充の問題が多く出題され、かなり深い知識が要求されることもある。計算問題ではやや解答が難しい問題が出題されることがあるが、論述問題はほとんどなく時間にも余裕がある問題構成に感じる。

  • 化学対策

    受験の定番問題を中心に問題が構成されており、またミスを誘発させるような問題もほとんどない。

  • 生物出題

    表:2014年福岡大学生物出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 生物分析

    表:2014年福岡大学生物難易度分析   表:2014年福岡大学生物出題形式分析
    5段階で評価

  • 生物傾向

    大問5題となっていますが、分野は6分野となっています。神経系と筋肉に関する内容は必ず出題されます。神経の構造や伝導と伝達の仕組み、速度の計算などは間違いなく解ける様にしておきましょう。生態系や進化からの問題とバイオテクノロジー、恒常性の維持に関係する内容が扱われていないことが特徴です。実験問題が主体で、考察や計算もよく出されます。

  • 生物対策

    しかし、基本的な内容が多いことから、時間的にも余裕があり高得点の争いとなりそうです。ケアレスミスをしないように注意しましょう。

  • 物理出題

    表:2014年福岡大学物理出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 物理分析

    表:2014年福岡大学物理難易度分析   表:2014年福岡大学物理出題形式分析
    5段階で評価

  • 物理傾向

    例年大問3題で構成され、力学、電磁気、熱力学、波動の順に出題が多い。標準問題が中心であるが、難度の高い問題が出題された年もある。難度の高い問題は誘導がある場合が多いが、誘導に乗れるだけの知識と読解力、思考力が必要となる。

  • 物理対策

    日頃から難問ではない難度が高めの問題を解答の過程をしっかりと確認しながら解いていくことが重要である。
    記述や描画も出題されているので、自分の手で解答づくりをしておくことが大切である。

福岡大学受験の
最新出題総評

9学部31学科、2万人を超す学生数を抱える総合大学であり、入試問題は試験日ごとに作成される。医学部も他学部との共通問題を使用するため、公表されている合格最低点は得点調整後のものである。科目間でも得点調整を行うので、理科の中では生物の難易度がやや高いが不利になることはない。どの科目も問題が易しいためケアレスミスは命取りになる。

2010から導入されたグループ面接は、面接官によってやり方が異なるので、事前に練習して慣れておきたい。

  • 英語
    わかりやすく伝える和訳力は必須、整序英作文の密な演習が必要。
  • 数学
    まず基礎を固め、頻出単元は応用レベルの問題までしっかりと。
  • 化学
    基本問題から標準問題の組み合わせ。
  • 生物
    一部に難しい内容あり。時間をかけて慎重に解くとよい。
  • 物理
    難度は上がっていないが見慣れない問題も出題される、要注意。

小論文

面接

田尻学院長の最新分析

-福岡大学編-

医学部を有する私立の総合大学は少なくないが、どの大学も医学部キャンパスは他学部と別のキャンパスとなっている。その様な中、唯一福岡大学のみが全11学部が同一キャンパスで学ぶ。そう言う意味で、最も総合大学らしい大学である。また、アジアの玄関口という地理的特性を活かしアジアからの留学生受け入れや交流にも積極的である。

推薦・一般とも面接は受験生5名でグループ面接(討論)を行うが、面接官によって面接(討論)の進め方にバラつきがある。どの様な進行方法にも対応できるよう万全の準備をして面接に臨みたい。一般入試では理科の科目間で有利・不利のないよう得点調整を行う。他学部と同一問題を使うため平均点が高くなり、医学部の得点調整は点数を引く形で行うと考えていい。公表された合格最低点は点がマイナスされた後の得点となる。同点の場合は英語の点を最も重く見ているようだ。

一般入試で追加合格予定者(補欠)となると順位が付く。