川崎医科大学 医学部 | 倍率・合格最低点・難易度・対策

川崎医科大学受験合格のための攻略ガイド
医学部受験合格必勝のための受験情報・対策ガイド

川崎医科大学

倉敷にあるキャンパスでのみ試験が行われる。全科目マーク式。附属校推薦と特別推薦で約50人を募集するため、一般入試の募集人員は約60人とそれほど多くない。

繰り上げ合格者数は公表されていないが、1次試験に地方会場が設けられておらず、ここ数年は日程的にも他の大学に挟まれて受けにくいことから、合格辞退者はあまり多くないと思われる。

2011・2012と2年続けて入学者数が定員を超過したが、2013の入学者は定員と同数の110人であった。

夢の先へ

川崎医科大学の合格者の声
川崎医科大学 概要
開学年度 昭和45年
創設者 川﨑 祐宣
理事長 川﨑 誠治
学長 福永 仁夫
学部所在地 〒701-0192
岡山県倉敷市松島577
交通手段 JR中庄駅より徒歩15分
URL https://www.kawasaki-m.ac.jp/med/
川崎医科大学 特色

1970年3つの理念「人間をつくる」「体をつくる」「医学をきわめる」の実現を目標に川崎医科大学を創立した。
小グループ制の学生指導、実習の重視、基礎医学と臨床医学の統合講義、6年一貫教育、全人的医療教育など、当時の医学教育としては全く新しい考え方とシステムを導入した。

川崎医科大学 略歴
昭和45年 川崎医科大学開学
昭和48年 附属病院開院
平成3年 川崎医療福祉大学開学
平成14年 附属病院西館棟が完成
平成19年 校舎増築棟が完成

川崎医科大学の項目別受験情報

入試日程・募集人数

入試情報

繰上合格

志願者数推移

男女比

現浪比

医師国家試験合格状況

グラフ:2014年川崎医科大学医師国家試験合格状況

教授出身大学比率

グラフ:2014年川崎医科大学教授出身大学比率

学納金

寄付金・学債

川崎医科大学の受験科目の最新出題傾向分析

川崎医科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

  • 英語出題

    表:2014年川崎医科大学英語出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 英語分析

    表:2014年川崎医科大学英語難易度分析   表:2014年川崎医科大学英語出題形式分析
    5段階で評価

  • 英語傾向

    2012に引き続き2013も様変わりした。見た目の変化は大きいが、難易度は変わらず、きちんと受験勉強をしていれば心配は要らない。例年、整序問題に時間を取られる難問が潜んでいたり、読解の内容合致にも2パラグラフにまたがって考えさせる問題が入っていたりと、油断できない。

  • 英語対策

    無駄に時間を取られぬよう、満点を目指さないことも大切な心掛けだと思う。少し偏った形式内容の年もあるが、正当な受験勉強の延長線上に合格ラインがあると思ってよい。

  • 数学出題

    表:2014年川崎医科大学数学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 数学分析

    表:2014年川崎医科大学数学難易度分析   表:2014年川崎医科大学数学出題形式分析
    5段階で評価

  • 数学傾向

    積分の問題が必出。2010まで4年連続で「ベクトル」から出されていたが2011は出されず、その代わりに2011からは確率の問題が続いて出された。センター試験のように入試基本~標準レベル問題の解法を組み合わせて解かせる問題がほとんどであるが、上手く誘導に乗らないと時間がかかってしまう問題も多い。

  • 数学対策

    センター試験レベルよりやや上のレベルの典型問題を一通りこなし、過去問で誘導や時間配分に慣れておこう。

  • 化学出題

    表:2014年川崎医科大学化学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 化学分析

    表:2014年川崎医科大学化学難易度分析   表:2014年川崎医科大学化学出題形式分析
    5段階で評価

  • 化学傾向

    全問マーク形式の大問2題の出題。いずれも小問集合問題で、難問や奇問はほとんどなくミスを誘発するような問題もほとんど見当たらないし、計算問題でも複雑な計算はない。また、化学の基本法則に関する問題や、実験器具の取り扱いに関する問題など学習がおろそかになりがちな内容からの出題もある。

  • 化学対策

    化学の教科書の内容を全範囲漏れなく学習しておくことが必要。基礎的な項目での取りこぼしは致命的。本番の試験では高得点を狙いたい。

  • 生物出題

    表:2014年川崎医科大学生物出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 生物分析

    表:2014年川崎医科大学生物難易度分析   表:2014年川崎医科大学生物出題形式分析
    5段階で評価

  • 生物傾向

    大問数は2題で、それぞれ4題の小問から構成され、難易度は標準的である。すべてマーク方式であるが、計算問題が多いので、時間配分には十分に気を付けよう。
    近年の頻出分野は「発生と器官形成」・「遺伝とハ-ディ・ワインベルグの法則」・「核酸とタンパク質合成」・「進化と系統分類」である。おもに正誤問題・選択問題・基本的なレベルの計算問題が広範囲の分野から出題されているので、苦手な分野を作らず、分野に偏りを生じないように基礎固めをしっかり行い、教科書を十分に活用し、生物用語の使い方や意味を正確に理解し、暗記することが重要。

  • 生物対策

    応用問題演習よりも、教科書を重視した学習を行い、次に問題集の基本例題・基本問題をマスターさせ、さらには正誤問題・選択問題・計算問題とテーマ別に、出来る限り沢山の問題を解き、問題慣れをしておくことが高得点を得るためのポイントとなるだろう。

  • 物理出題

    表:2014年川崎医科大学物理出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 物理分析

    表:2014年川崎医科大学物理難易度分析   表:2014年川崎医科大学物理出題形式分析
    5段階で評価

  • 物理傾向

    大問2題で構成されているが、各設問が複数の分野からの出題になっており、実質的には4~6題分の内容になっている。問題の難易度は基本問題レベルから標準問題レベルのものまであるが、計算問題の他に用語を答える問題を出題される頻度が高いという特徴がある。

  • 物理対策

    他の大学ではあまり見かけない問題が題材になることがあり、知識があるだけではなく、基本的な知識を使いこなせるかどうかという柔軟性が試される問題も出題される。

川崎医科大学受験の
最新出題総評

倉敷にあるキャンパスでのみ試験が行われる。全科目マーク式。附属校推薦と特別推薦で約50人を募集するため、一般入試の募集人員は約60人とそれほど多くない。

繰り上げ合格者数は公表されていないが、1次試験に地方会場が設けられておらず、ここ数年は日程的にも他の大学に挟まれて受けにくいことから、合格辞退者はあまり多くないと思われる。

2011・2012と2年続けて入学者数が定員を超過したが、2013の入学者は定員と同数の110人であった。

  • 英語
    正当な受験勉強の延長線上に合格ライン。
  • 数学
    典型問題の解法を身につけ、それらを誘導の中で使えるように。
  • 化学
    全範囲から満遍なく・・・標準的かつ定番の問題。
  • 生物
    計算問題が多いので、時間配分に注意しよう。
  • 物理
    基本~標準問題が出題され、柔軟な思考も要求されている。

小論文

面接

田尻学院長の最新分析

-川崎医科大学編-

中国・四国地方唯一の私立医科大学。また私立医科大学では付属高校を有する唯一の大学でもある。付属高校の卒業生は、2012年3月までで1503名であるが、そのうち91%の1364名が川崎医科大学への進学を果している。高校入試の難易度はそれ程高くなく、最も確実に医学部に進学する道は、川崎医科大学付属高校に入学することだと言ってもいいだろう。

推薦入試は特別推薦入試として中国・四国地域枠と岡山県地域枠で実施される。受験資格は当該地域での6ヶ月以上の住民登録だったが、2014年度から4年以上の住民登録に変わった。一般入試の小論文は時間が2013年度入試から50分,600字に変わっているので注意が必要だ。尚、面接の前にはアンケートの記入が求められる。それほど神経質になる必要はないが、アンケートの内容は毎年同じなので事前に準備しておきたい。

1年生は全員が、校舎と地下道でつながっている寮で生活を送ることになる。