兵庫医科大学 医学部 | 倍率・合格最低点・難易度・対策

兵庫医科大学受験合格のための攻略ガイド
医学部受験合格必勝のための受験情報・対策ガイド

兵庫医科大学

2013は東日本の岩手医科大学、杏林大学と1次試験日が重なったため、志願者は463名減の1,785名であった。補欠合格者(繰上候補者)は1次補欠と2次補欠に分けて発表され、1次補欠者は例年かなり早い段階で繰り上げ合格の通知が来る。

2次試験で行われる個人面接では、面接官を変えて再面接が行われる場合がある。過緊張の受験生や多浪生など、1回目の面接では判断が難しい場合に再面接が行われるようである。落ち着いて質問されたことに答えたい。

夢の先へ

兵庫医科大学の合格者の声
兵庫医科大学 概要
開学年度 昭和47年
創設者 森村 茂樹
理事長 新家 荘平
学長 中西 憲司
学部所在地 〒663-8501
兵庫県西宮市武庫川町1-1
交通手段 阪神電鉄武庫川駅より徒歩5分
URL https://www.hyo-med.ac.jp/
兵庫医科大学 特色

臓器別統合カリキュラムを核とする体系的な教育が特徴。
臨床実習は少人数制による内科を中心にした診療参加型実習(クリニカルクラークシップ)を導入している。
ささやま医療センターを中心に地域医療・福祉の充実を図る篠山キャンパス、プロジェクト研究を行う先端医学研究所、薬学部等からなる兵庫医療大学との連携もある。

兵庫医科大学 略歴
昭和47年 兵庫医科大学開学
平成9年 先端医学研究所を開設
平成19年 学校法人 兵庫医科大学 兵庫医療大学開学
平成22年 篠山病院をささやま医療センターと改称
平成29年 教育研究棟開設予定

兵庫医科大学の項目別受験情報

入試日程・募集人数

入試情報

繰上合格

志願者数推移

男女比

現浪比

医師国家試験合格状況

グラフ:2014年兵庫医科大学医師国家試験合格状況

教授出身大学比率

グラフ:2014年兵庫医科大学教授出身大学比率

学納金

寄付金・学債

兵庫医科大学の受験科目の最新出題傾向分析

兵庫医科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

  • 英語出題

    表:2014年兵庫医科大学英語出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 英語分析

    表:2014年兵庫医科大学英語難易度分析   表:2014年兵庫医科大学英語出題形式分析
    5段階で評価

  • 英語傾向

    毎年形式がいくつか入れ替わり一定のパターンがないように見えるが、文法4択問題10問と読解3題はここ4年の傾向である。2013は2012を完全に踏襲した形だが、読解の英文量が2倍近く増えた。難しい箇所はもちろんあるが、きちんと受験勉強をこなしていれば太刀打ちできるレベルである。

  • 英語対策

    全体的に形式を入れ替えてくることが多いので、誤箇所指摘、発音アクセントなどの復活も視野に入れ、読解を文構造的に、また文法の観点から読む訓練をしておきたい。

  • 数学出題

    表:2014年兵庫医科大学数学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 数学分析

    表:2014年兵庫医科大学数学難易度分析   表:2014年兵庫医科大学数学出題形式分析
    5段階で評価

  • 数学傾向

    [1]の小問集は解きにくい問題が入っていることもあるので注意。確率の出題頻度が高く、2012,2013は違ったが医療絡み設定の確率の問題が出されることも多い。以前は理系にしては数学Ⅲの割合が低かったが2011以降は数学Ⅲの積分の出題頻度が高くなっている。

  • 数学対策

    最近は上位~難関私大レベルのやや考えさせる問題が中心。まずそのレベルの典型問題を一通り解き、過去問を解いて特徴のある確率の問題や時間配分にも慣れておこう。

  • 化学出題

    表:2014年兵庫医科大学化学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 化学分析

    表:2014年兵庫医科大学化学難易度分析   表:2014年兵庫医科大学化学出題形式分析
    5段階で評価

  • 化学傾向

    記述形式と穴埋め問題の融合問題。大問3題の出題で近年は本格的な入試問題が出題されている。理論化学の分野からの計算問題も多く出題されるようになり難易度も格段に上昇している。また、生命や生活の科学に関する問題などの出題も比較的多く多くしっかりとした対策が必要である。分野的には例年無機化学からの出題がやや多いように感じる。

  • 化学対策

    穴埋めの問題は例年必ず出題されているので重要な化学用語や現象などはしっかりと整理しておく必要がある。

  • 生物出題

    表:2014年兵庫医科大学生物出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 生物分析

    表:2014年兵庫医科大学生物難易度分析   表:2014年兵庫医科大学生物出題形式分析
    5段階で評価

  • 生物傾向

    大問8題となっています。1題は小問6問を含む問題の構成となっています。オペロン説と変異、動物の行動と分布と相互作用、食物連鎖と物質循環、自然環境と物質生産からは出されていません。記述が非常に多く、150字から45字まで7問出されています。一般には扱いの無い生物を題材とした記述問題も出されるので、生物全般に興味と関心を持って接する事が必要です。

  • 生物対策

    空所補充や語句を答える問題は、文章の量は多いのですが基本的な内容です。丁寧に、かつ速く読んで取りこぼしをしないようにしましょう。

  • 物理出題

    表:2014年兵庫医科大学物理出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 物理分析

    表:2014年兵庫医科大学物理難易度分析   表:2014年兵庫医科大学物理出題形式分析
    5段階で評価

  • 物理傾向

    小問集合を含む大問3~4題で構成され、毎年原子を除く全分野からの出題となっている。小問集合の中には標準問題が含まれることもあり、意外と時間がかかる場合もある。手早く解くことも大切ではあるが、時間がかかると予想された場合は後回しにする決断も必要である。

  • 物理対策

    小問集合以外では標準問題が中心であるが、やや難度の高い問題が出題されることも多い。2009と2010は一時難度が下がっていたが、2011からまた上がっている。

兵庫医科大学受験の
最新出題総評

2013は東日本の岩手医科大学、杏林大学と1次試験日が重なったため、志願者は463名減の1,785名であった。補欠合格者(繰上候補者)は1次補欠と2次補欠に分けて発表され、1次補欠者は例年かなり早い段階で繰り上げ合格の通知が来る。

2次試験で行われる個人面接では、面接官を変えて再面接が行われる場合がある。過緊張の受験生や多浪生など、1回目の面接では判断が難しい場合に再面接が行われるようである。落ち着いて質問されたことに答えたい。

  • 英語
    文法と文構造重視。基礎土台を固めることが第一の対策。
  • 数学
    やや考えさせる問題が中心。確率の問題が頻出。
  • 化学
    近年かなり難化傾向にある。計算問題がやや多い。
  • 生物
    記述の量が多く、時間的に難しくなった。
  • 物理
    ’13も難度は高めであった、幅広く準備をしておくことが必要。

小論文

面接

田尻学院長の最新分析

-兵庫医科大学編-

薬学部・看護学部・リハビリテーション学部からなる兵庫医療大学を姉妹校として持ち1年次と3年次には医学部を含めた4学部合同での授業がある。また2007年7月には同じく兵庫県西宮市を本拠とする関西学院大学と学術交流協定を結んだ。2010年には新しい学長が就任するとともに、ささやま医療センターが開院された。例年、入学者の4割程度を女子が占め、女子比率は高い。2013年5月現在で6年生までの在学生680名中女子は263名と女子比率は38.7%となっている。志願者の女子比率より合格者の女子比率が高く女子の頑張りが目立つ。

推薦入試では地域枠も5名設けているが、合格者が5名に満たない場合、不足分は一般入試の定員に組み入れられる。また一般入試では兵庫県が6年間総計で4540万円を貸与する兵庫県推薦入学制度も有する。

一般入試の補欠は1次補欠と2次補欠に分けられる。