関西医科大学 医学部 | 倍率・合格最低点・難易度・対策

関西医科大学受験合格のための攻略ガイド
医学部受験合格必勝のための受験情報・対策ガイド

関西医科大学

これまで推薦と一般のみというオーソドックスな入試を行ってきたが、2013よりセンター利用入試を募集人員15名で実施し、一般入試で東京会場が新設された。2014は新たに一般入試で後期日程を行い、一般前期で大阪会場、東京会場に加えて名古屋会場、福岡会場が新設される。

2次受験者のほとんどが補欠合格者(繰上候補者)となるが、繰り上げ順位が付いている補欠と付いていない補欠とに分かれる。2013は順位が付いている補欠合格者全員に繰り上げが回ったと思われる。

関西医科大学 概要
開学年度 昭和3年
創設者 濱地 藤太郎
理事長
学長 山下 敏夫
学部所在地 〒573-1010
大阪府枚方市新町2-5-1
交通手段 京阪本線枚方市駅より徒歩5分
URL http://www.kmu.ac.jp/
関西医科大学 特色

昭和3年創設の大阪女子高等医学専門学校が前身。
昭和24年大阪女子医科大学に昇格、27年に新制大学となった。
29年男女共学制を採用し現在の校名に改称。
第1学年は牧野キャンパス、第2学年からは滝井キャンパスと分かれていたが、平成25年4月に枚方新キャンパスに統合。
今年、創立85周年を迎えた。

関西医科大学 略歴
昭和3年 大阪女子高等医学専門学校を設立
昭和24年 大阪女子医科大学学部を開設
昭和29年 関西医科大学と改称、男女共学制実施
平成25年 枚方学舎新設

関西医科大学の項目別受験情報

入試日程・募集人数

入試情報

繰上合格

志願者数推移

男女比

現浪比

医師国家試験合格状況

グラフ:2014年関西医科大学医師国家試験合格状況

教授出身大学比率

グラフ:2014年関西医科大学教授出身大学比率

学納金

寄付金・学債

関西医科大学の受験科目の最新出題傾向分析

関西医科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

  • 英語出題

    表:2014年関西医科大学英語出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 英語分析

    表:2014年関西医科大学英語難易度分析   表:2014年関西医科大学英語出題形式分析
    5段階で評価

  • 英語傾向

    もともと他大学に見られない独特な出題形式だったが、2008から大変化をし、内容も整序問題と読解問題のみというシンプルさとなった。
    2013で単語記述補充10問が整序5問に取って替わり、読解中に和訳が3問加わるなど若干の変化を見せたが、長年続いた会話文や英訳和訳形式の誤文指摘、発音アクセント問題の復活なども念頭に置いて、過去問には十分目を通しておくべきだろう。

  • 英語対策

    全体的に決して難しいレベルではないので、日頃培った実力を落ち着いて発揮したい。

  • 数学出題

    表:2014年関西医科大学数学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 数学分析

    表:2014年関西医科大学数学難易度分析   表:2014年関西医科大学数学出題形式分析
    5段階で評価

  • 数学傾向

    中堅~上位私大レベル典型問題の解法が身についていれば解ける問題がほとんどであるが、制限時間内に完答するのは難しい年もある。
    [1]の穴埋め小問集では基本・典型問題が幅広く出され、[2],[3],[4]では確率、微分・積分、ベクトル、図形と方程式、極限などから。

  • 数学対策

    中堅~上位私立大レベル問題集に載っているような典型問題であれば、どの単元も手早く確実に処理できるように問題をこなしてスピードと正確さを身につけておこう。

  • 化学出題

    表:2014年関西医科大学化学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 化学分析

    表:2014年関西医科大学化学難易度分析   表:2014年関西医科大学化学出題形式分析
    5段階で評価

  • 化学傾向

    例年大問4題の出題。生命科学や環境化学に関する問題が多く出題され、解熱剤を取り扱った問題、タンパク質や糖類、脂質の生体内での代謝、メタボリックを題材にした問題、発酵の化学に関する問題、二酸化炭素を題材にした温暖化の問題などが出題されている。
    また、1題の分量がやや多く、計算問題も出題されているため難しく感じる受験生も多いかもしれない。

  • 化学対策

    受験用の問題集などで入試の定番問題を確実に仕上げてあれば、比較的高得点も狙いやすい問題内容である。

  • 生物出題

    表:2014年関西医科大学生物出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 生物分析

    表:2014年関西医科大学生物難易度分析   表:2014年関西医科大学生物出題形式分析
    5段階で評価

  • 生物傾向

    大問5題となっています。2012は大問は5題ですが、同じ分野で2題出されるという変則な出題でした。核酸とタンパク質合成、呼吸と光合成、反応と調節の分野からの出題が多くなっています。細胞や生殖と発生、遺伝、生態系からの出題は非常に少ないようです。
    この2年程は以前と比べると時間的に余裕のある内容となっていて、少し解きやすくなっています。

  • 生物対策

    問題そのものは基本的な物が多いので、問題集の基本問題を多く解いて計算も馴れておけば対応できると思います。

  • 物理出題

    表:2014年関西医科大学物理出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 物理分析

    表:2014年関西医科大学物理難易度分析   表:2014年関西医科大学物理出題形式分析
    5段階で評価

  • 物理傾向

    例年大問5題で構成され、力学、電磁気、波動が必解で、熱力学と原子のどちらか一方を選択するスタイルであったが、2013は原子の出題がなく大問4題で構成されている。標準問題を中心に出題されているが、発展的な問題も出題されている。

  • 物理対策

    出題範囲は広く、教科書に載っていても出題の少ない問題も出題されるので、教科書を隅々まで一度目を通しておくことをすすめる。

関西医科大学受験の
最新出題総評

これまで推薦と一般のみというオーソドックスな入試を行ってきたが、2013よりセンター利用入試を募集人員15名で実施し、一般入試で東京会場が新設された。2014は新たに一般入試で後期日程を行い、一般前期で大阪会場、東京会場に加えて名古屋会場、福岡会場が新設される。

2次受験者のほとんどが補欠合格者(繰上候補者)となるが、繰り上げ順位が付いている補欠と付いていない補欠とに分かれる。2013は順位が付いている補欠合格者全員に繰り上げが回ったと思われる。

  • 英語
    ほぼすべて記述。読解2題。根底にしっかりとした文法力が要。
  • 数学
    基本・典型問題は速く正確に。出題範囲ならどの単元もしっかりと。
  • 化学
    高得点が狙える問題。生命や生活に関する題材が多い。
  • 生物
    空所が多く、分かりにくいので注意。
  • 物理
    ’13は原子の出題はなかったが、しっかりとした準備が必要。

小論文

面接

田尻学院長の最新分析

-関西医科大学編-

枚方新キャンパスが完成し、素晴しい教育環境が整った。枚方新キャンパスは3棟の教育・研究関連の施設と付属枚方病院から構成され自然環境にも恵まれている。これまでのキャンパスは、いささか古い印象があったが新キャンパスの完成で受験生の関西医科大学に対するイメージは大きく向上するものと思われる。関西の4私大で最も学費が安いこともあり、入試難易度は今後、上がることも予想される。情報公開も先進的で、それによると過去3年の中退者は2名と少ない。また社会人学生は毎年3名程度入学しているようだ。

公募制の推薦入試は「地域枠」とはされていないが実質的に「地域枠」であるので注意したい。一般入試は標準的な出題が多いが、化学は生命科学系の問題が多く出題される。このタイプの問題に慣れておくことが得点を大きく左右する。2014年度入試では一般後期試験が実施され、前期の1次試験会場で名古屋会場と福岡会場が新設される。

一般入試の補欠は1次補欠と2次補欠に分けられる。