帝京大学 医学部 | 倍率・合格最低点・難易度・対策

帝京大学受験合格のための攻略ガイド
医学部受験合格必勝のための受験情報・対策ガイド

帝京大学

試験日が3日間あり、日によって問題の難易度に差がある。3科目の合計得点(素点)で合否が判定され、複数日受けた場合は最も得点の高い日の点数が採用されるため、3日連続で受ける受験生も少なくない。
英語・数学・化学・生物・物理・国語の中から3科目を選択して180分連続で解く。数学はI・A・II・Bで受験できるが、数学を選択するかどうかは過去問を解いてから決めたい。

国語は現代文・古文・漢文が出題されるが、現代文のみで受験できるように選択問題が出題されている。

帝京大学 概要
開学年度 昭和46年
創設者 冲永 荘一
理事長 冲永 佳史
学長 冲永 佳史
学部所在地 〒173-8605
東京都板橋区加賀2-11-1
交通手段 JR埼京線十条駅より徒歩約10分
URL https://www.teikyo-u.ac.jp/
帝京大学 特色

1971年設置。
2012年度より移転してきた薬学部と共に6年間、板橋キャンパスで学ぶ。
1年次の医学序論総合演習、3年次の統合実習、4年次の症例演習において、少人数のグループ編成で自主学習後、クラス全体での発表・討論による学習を行う。

帝京大学 略歴
昭和46年 帝京大学医学部を開設
昭和52年 薬学部を開設
平成16年 医療技術学部を開設
平成21年 帝京大学医学部附属病院リニューアルオープン
平成24年 板橋キャンパス大学棟が完成

帝京大学の項目別受験情報

入試日程・募集人数

入試情報

繰上合格

志願者数推移

男女比

現浪比

医師国家試験合格状況

グラフ:2014年帝京大学医師国家試験合格状況

教授出身大学比率

グラフ:2014年帝京大学教授出身大学比率

学納金

寄付金・学債

帝京大学の受験科目の最新出題傾向分析

帝京大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

  • 英語出題

    表:2014年帝京大学英語出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 英語分析

    表:2014年帝京大学英語難易度分析   表:2014年帝京大学英語出題形式分析
    5段階で評価

  • 英語傾向

    読解1問が必須問題で、残りの5問中3問を選択する形式。ここ数年どの問題を選択しても、かなり時間を取られるように変化してきている。2013は選択問題の小問数が昨年までの6問から7問に増えたのと、必出だった整序問題がなくなった。
    標準からかなり難度の高いレベルまで様々な英文を日々精読し、できるだけ多くの設問形式に慣れておく学習が結局は近道。

  • 英語対策

    当日は選択問題すべてに目を通して自信のある3題を選び、限りなく満点に近い答案を提出する余裕が欲しい。
    合格ボーダーの得点はかなり高いところにあると思っていい。

  • 数学出題

    表:2014年帝京大学数学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 数学分析

    表:2014年帝京大学数学難易度分析   表:2014年帝京大学数学出題形式分析
    5段階で評価

  • 数学傾向

    必須問題の[1]は「微分・積分」が必出で時間のかかる問題が入ることが多い。選択問題は様々な単元から幅広く出され総合的な問題が出されることもある。

  • 数学対策

    選択問題では解きやすい問題と時間のかかる問題が混ざっていることが多く、問題に対する選球眼が要求される。
    願書を提出する前に他の教科と合わせて何年分か過去問を解いてどの教科で受験すべきかを決めたほうがいいだろう。2011は易化し2012と2013年は例年の難易度に戻った。

  • 化学出題

    表:2014年帝京大学化学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 化学分析

    表:2014年帝京大学化学難易度分析   表:2014年帝京大学化学出題形式分析
    5段階で評価

  • 化学傾向

    大問5題中1題が必須、4題中3題を選択し解答する出題形式。試験日程による難易度の差はほとんどない。入試の定番問題や頻出問題が中心の出題。しかし、近年の出題では穴埋め形式の問題や1問1答形式の問題で無機化学や天然物化学、生命科学に関して難度が高い細かい知識が問われることが多くなっている。

  • 化学対策

    計算問題も含めて入試の頻出問題の学習と、空所補充等の知識を問われる問題になりやすいような用語の確認を怠りなく学習しておきたい。

  • 生物出題

    表:2014年帝京大学生物出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 生物分析

    表:2014年帝京大学生物難易度分析   表:2014年帝京大学生物出題形式分析
    5段階で評価

  • 生物傾向

    大問5題ですが、4題を選択する方法なので、一番苦手な分野を避けることもできます。しかし、苦手分野から2題出されると避けられなくなるので、苦手分野を作らない様にしましょう。核酸とタンパク質合成、免疫と血液、細胞と組織はよく出るようです。

  • 生物対策

    核酸に関しては計算やアミノ酸配列を迷うことなく解ける様に練習しておきましょう。
    2012はネクトン、プランクトン、パイオニア、ギャップなどの珍しい内容もでました。また、計算問題も必ず出ます。一般的な計算はできる様にしておくことが必要です。

  • 物理出題

    表:2014年帝京大学物理出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 物理分析

    表:2014年帝京大学物理難易度分析   表:2014年帝京大学物理出題形式分析
    5段階で評価

  • 物理傾向

    大問5題で構成され、4題を選択して解答する形式である。基本から標準問題までが出題され、典型的な問題と見慣れない問題の両方が出題されている。選択できるとはいえ得意な分野や解き易い問題だけを選んでも、全員が同じ条件なので合格できるとは限らない。

  • 物理対策

    それ故、幅広く勉強し、苦手な分野などはなくしておくことが必要である。また、問題の選択で悩んで時間を無駄に使わないことが大切であり、割り切って解き始めた方が良い。

帝京大学受験の
最新出題総評

試験日が3日間あり、日によって問題の難易度に差がある。3科目の合計得点(素点)で合否が判定され、複数日受けた場合は最も得点の高い日の点数が採用されるため、3日連続で受ける受験生も少なくない。
英語・数学・化学・生物・物理・国語の中から3科目を選択して180分連続で解く。数学はI・A・II・Bで受験できるが、数学を選択するかどうかは過去問を解いてから決めたい。

国語は現代文・古文・漢文が出題されるが、現代文のみで受験できるように選択問題が出題されている。

  • 英語
    やや難化傾向が続く。他教科との兼ね合いも大事。
  • 数学
    受験科目の決定は過去問を解いて問題との相性を確かめてから。
  • 化学
    基礎力の充実と標準問題の定着。
  • 生物
    基本的なものが多いのでミスの無いようにしよう。
  • 物理
    問題の選択に神経質になりすぎて時間を浪費しないことが重要。

小論文

面接

田尻学院長の最新分析

-帝京大学編-

私立医学部では珍しい3科目での入試であり、更に国語も選択できるため文系の受験生も受験しやすく文系出身者に多く見られる英語・国語・生物受験での合格者も少なくない。また全ての受験生が苦手科目を避けての受験となるため偏差値で示される入試の難易度は実感より高めに出がちである。

これまでは数学を除き、問題そのものは難しくなく「公表されている合格最低点は取れた」と感じる受験生が多かった。しかし4000人程度の記述式の答案を2~3日で採点することもあり採点は厳しく、部分点は期待できない。その結果、思ったほど点は取れていないケースがほとんどのようだ。日頃から完璧な答案作りを心掛けてほしい。

試験日は3日間あり1日だけの受験も可能だが、試験日による有利・不利の調整は行わないので帝京大学を受験するのであれば3日間全てを受験することが望ましい。