愛知医科大学 医学部 | 倍率・合格最低点・難易度・対策

愛知医科大学受験合格のための攻略ガイド
医学部受験合格必勝のための受験情報・対策ガイド

愛知医科大学

これまで英語150点、数学100点、理科2科目200点だったが、2012から数学の試験時間が10分延長して100分になり150点に変更になった。
これまで比較的早い日程で1次試験が行われていたため、特に中部圏の国公立医学部志望者の併願先として人気を集めていたが、2010から同じ愛知県にある藤田保健衛生大学と1次試験日が逆転し、合格辞退者が急減した。2009は172人だった繰上合格者が2010は24人、2011は41人、2012は49人と激減し、かつて1次補欠者がほとんど繰り上げになっていた頃が嘘のようである。

夢の先へ

愛知医科大学の合格者の声
愛知医科大学 概要
開学年度 昭和47年
創設者
理事長
学長 佐藤 啓二
学部所在地 〒480-1195
愛知県長久手市岩作雁又1-1
交通手段 地下鉄東山線藤が丘駅より名鉄バス約15分
URL http://www.aichi-med-u.ac.jp/
愛知医科大学 特色

地域社会に奉仕できる医師の養成を主な目的として開学。
平成6年に改定されたカリキュラムでは少人数教育や時代の養成に適応した授業科目を新たに導入。
平成16年度から再び医学教育カリキュラム改革を実施。
引き続き医学教育改善を効果的に実現するために医学教育センターを平成16年4月1日に設置。
大学病院には中部地区唯一の高度救命救急センターや睡眠医療センターを併設する。

愛知医科大学 略歴
昭和47年 愛知医科大学開学
昭和54年 附属病院救命救急センター開設
平成12年 看護学部を開設
平成16年 医学教育センターを設置
平成26年 附属病院新病棟開院

愛知医科大学の項目別受験情報

入試日程・募集人数

入試情報

繰上合格

志願者数推移

男女比

現浪比

医師国家試験合格状況

グラフ:2013年愛知医科大学医師国家試験合格状況

教授出身大学比率

グラフ:2013年愛知医科大学教授出身大学比率

学納金

寄付金・学債

愛知医科大学の受験科目の最新出題傾向分析

愛知医科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

  • 英語出題

    表:2013年愛知医科大学英語出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 英語分析

    表:2013年愛知医科大学英語難易度分析   表:2013年愛知医科大学英語出題形式分析
    5段階で評価

  • 英語傾向

    2009より時間が100分に延長され、文法・語法問題の比重が増した。しかし、長さはほどほどではあるものの読解の割合は依然として多めで、4問出題が定着している。内容は医学的なものではなく、エッセイ的な読み物中心で、トピックにうまく乗れるかどうかが重要だ。

  • 英語対策

    普段から、あまり難しくない英文エッセイを読むようにしておくことが対策になるだろう。
    時間に余裕があるとはいえ、文法パートは、短文完成や整序英作文、誤文訂正など定番の出題形式を中心に速やかに処理できるよう十分演習を積んでおきたい。

  • 数学出題

    表:2013年愛知医科大学数学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 数学分析

    表:2013年愛知医科大学数学難易度分析   表:2013年愛知医科大学数学出題形式分析
    5段階で評価

  • 数学傾向

    典型問題を解く考え方がしっかり身についていれば解けるような問題が中心だったが、2012の[4]と[5]は国公立大上位以上レベルの典型問題。頻出単元は微分・積分、数列、確率、ベクトルなど。

  • 数学対策

    まずは入試基本問題集レベルについてはどの単元の問題も穴をなくし、その上で総合的な問題も解いておくべき。
    出題頻度の高い積分や漸化式の絡んだ総合的な問題にはいろいろな問題を解いて慣れておいた方がよいだろう。

  • 化学出題

    表:2013年愛知医科大学化学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 化学分析

    表:2013年愛知医科大学化学難易度分析   表:2013年愛知医科大学化学出題形式分析
    5段階で評価

  • 化学傾向

    大問4題の出題。無機化学からの出題が多く、タンパク質やペプチド、糖類など天然物化学からの出題も多くみられる。1題の問題量がやや多く時間がかかる問題内容ではあるが、ほとんどが受験化学の定番問題からの出題であり、受験勉強の精度によって差が出る問題。

  • 化学対策

    また、空所補充の問題なども多く出題されているため、受験の頻出問題を確実に仕上げること、そして、化学用語などについてはやや突っ込んだ学習をして受験に臨んでいきたい。

  • 生物出題

    表:2013年愛知医科大学生物出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 生物分析

    表:2013年愛知医科大学生物難易度分析   表:2013年愛知医科大学生物出題形式分析
    5段階で評価

  • 生物傾向

    例年、大問数は4題で構成されているが、各問題が2~3項目に分かれている。問題量や文章量が多く、計算問題や実験考察問題などの応用問題の出題が基本である。時間内に全ての問題を終わらせるのは難しい。問題の難易度に合わせ、時間配分に気を付ける必要があるだろう。近年、良く出題されている分野が「核酸とタンパク質合成」・「同化・異化」・「遺伝とハーディ・ワインベルグの法則」である。

  • 生物対策

    基本的には、計算力、実験考察力や解析力を問う問題からの構成が多いので、図説を用いて詳しく学習しておくと良い。また国公立の二次試験の問題を利用し、応用力・考察力を身に付けておくことが必要。

  • 物理出題

    表:2013年愛知医科大学物理出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 物理分析

    表:2013年愛知医科大学物理難易度分析   表:2013年愛知医科大学物理出題形式分析
    5段階で評価

  • 物理傾向

    大問3題の出題で、力学・電磁気学・波動からの出題が続いている。個々の問題の難易度は標準的ではあるが試験時間に比べて設問数がかなり多く、計算量も少なくはない。典型問題に少しのアレンジを加えた問題が出題されるが、問題の誘導に乗れば正解できるようになっている。試験時間が短いので短時間で解答できる問題とそうでない問題を見分ける眼力も重要になる。
    日常の学習では難問の演習をするよりも標準問題を深く理解することが大切である。その上で計算処理を素早くする訓練も積んでおきたい。

  • 物理対策

    近年は熱力学の出題が見られないが、出題範囲から除外されているわけではないので、熱力学の準備もしておいた方がよいであろう。

愛知医科大学受験の
最新出題総評

これまで英語150点、数学100点、理科2科目200点だったが、2012から数学の試験時間が10分延長して100分になり150点に変更になった。
これまで比較的早い日程で1次試験が行われていたため、特に中部圏の国公立医学部志望者の併願先として人気を集めていたが、2010から同じ愛知県にある藤田保健衛生大学と1次試験日が逆転し、合格辞退者が急減した。2009は172人だった繰上合格者が2010は24人、2011は41人、2012は49人と激減し、かつて1次補欠者がほとんど繰り上げになっていた頃が嘘のようである。

  • 英語
    語法、語彙を意識した勉強と短めのエッセイを多く読んで読解対策を。
  • 数学
    典型問題を固めつつ実戦力も。数列、場合の数、極限に強くなろう。
  • 化学
    受験の定番問題が中心の出題。大問4題。
  • 生物
    実験問題と文章量が多いので注意。
  • 物理
    幅広く標準問題が出題されるので苦手な問題を克服しておこう。

小論文

面接

田尻学院長の最新分析

-愛知医科大学編-

2014年の完成を目指して地上14階建ての新病院を建設中である。良き医療人を育てることに意欲的で、学生からの提案を可能な限り受け入れる姿勢がある。その分、良き人材を入学させたいという意識が強く、推薦入試・一般入試ともに面接には最低25分をかけている。入学後も学生相談室を充実させるなど入学者を一人前の医師に育てる努力を惜しまない。

一般入試で数学の配点と時間に変更があり数学が難化していくことが予想される。過去問をやって、「こんなもんだ」と考えていると当日、慌てるかもしれない。化学は無機が多く出題され、問題量も多い。生物は実験問題、計算問題が多く、どの科目も特徴的な出題がなされるので過去問演習は欠かせない。

面接は推薦も一般も、私立医学部で最も厳しい面接が行われる。その場で資料を渡されたり、圧迫面接が行われたりと面接を甘く見ていると太刀打ちできない。愛知医科大学の面接のやり方でぜひ何度か練習をしておきたい。

定員5名の愛知県地域枠はセンター試験を利用して行われる。一般入試の補欠は1次補欠と2次補欠に分けられ、1次補欠には順位が付く。