順天堂大学 医学部 | 倍率・合格最低点・難易度・対策

順天堂大学受験合格のための攻略ガイド
医学部受験合格必勝のための受験情報・対策ガイド

順天堂大学

2008に思いきって学費を下げたことにより志願者が急増した。
近年、難易度が上昇している私立医学部のひとつ。
2011からセンター利用の後期日程を廃止し(前期日程は継続)、「センター・一般独自併用入試」という独自の募集形式を実施するなど、国公立医学部併願者の取り込みを強く意識しているように思われる。
2011より英語の配点が100点から200点になり、2012からは英語の試験時間が10分延長され80分になった。

英語重視の傾向が増している中で、合否のポイントとなる自由英作文には充分な時間を確保したい。
小論文は絵や詩を見て思うことを自由に述べる独特の形式で、柔軟な発想力や表現力が求められている。

順天堂大学 概要
開学年度 昭和18年
創設者 佐藤 泰然
理事長 小川 秀興
学長
学部所在地 〒113-8421
東京都文京区本郷2-1-1
交通手段 JR御茶ノ水駅より徒歩7分
URL https://www.juntendo.ac.jp/
順天堂大学 特色

天保9年創設の蘭学塾を起源とする。
その後、昭和18年に順天堂医学専門学校を開設。
1年次はさくらキャンパスで全寮制、2年次以降は本郷キャンパスで学ぶ。
ゆとりある独自のカリキュラムが高い成果を挙げている。

順天堂大学 略歴
昭和18年 順天堂医学専門学校を設立
昭和21年 順天堂医科大学に昇格
昭和26年 新制順天堂大学に昇格
昭和27年 医学部を開設
平成5年 体育学部をスポーツ健康科学部に改組
平成16年 医療短期大学を医療看護学部として改組、改称
平成22年 保健看護学部を開設
平成27年 国際教養学部を開設

順天堂大学の項目別受験情報

入試日程・募集人数

入試情報

繰上合格

志願者数推移

男女比

現浪比

医師国家試験合格状況

グラフ:2012年順天堂大学医師国家試験合格状況

教授出身大学比率

グラフ:2012年順天堂大学教授出身大学比率

学納金

寄付金・学債

順天堂大学の受験科目の最新出題傾向分析

順天堂大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

  • 英語出題

    表:2012年順天堂大学英語出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 英語分析

    表:2012年順天堂大学英語難易度分析   表:2012年帝京大学英語出題形式分析
    5段階で評価

  • 英語傾向

    近年は、文法の単独問題は出題されず、読解中心の問題構成になっている。

  • 英語対策

    ひと通り文法関連をマスターしたら、内容合致中心の読解演習をしよう。
    また、自由英作文は他に差をつけるための重要問題なので、十分な演習が必要だ。
    健康問題や人生観、生き方などがテーマになることが多いので、それらに関して日頃から英文を実際に書く習慣をつけておきたい。
    また、さまざまなテーマについて、自分の意見を持ちそれを文章化する練習も有効だろう。

  • 数学出題

    表:2012年順天堂大学数学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 数学分析

    表:2012年順天堂大学数学難易度分析   表:2012年順天堂大学数学出題形式分析
    5段階で評価

  • 数学傾向

    易しい問題と難しい問題が混在した出題であり、試験時間に対して問題量が多い。
    また、定理・公式の証明は毎年出題されている。

  • 数学対策

    対策としては、「どの問題をやり、どの問題を捨てるか」、「時間配分をどうするか」を考えながら、時間を計って、過去問を解いてみるのが良い(シミュレーションを通して、慣れておく)。
    また、定理・公式については、使い方だけではなく、証明までを覚えておく必要がある。

  • 化学出題

    表:2012年順天堂大学化学出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 化学分析

    表:2012年順天堂大学化学難易度分析   表:2012年順天堂大学化学出題形式分析
    5段階で評価

  • 化学傾向

    問題の一つ一つをとってみるとさほど難しい問題はないのだが、問題数がやや多めで計算問題の数も比較的多い。
    また、グラフを考える実験の問題や文字式を使った計算など受験生にとってはややとっつきが悪い問題が出題されることがある。
    化学量の計算の問題にしても計算式を立てるのがやや厄介になる問題も出題されることがある。

  • 化学対策

    準備には計算問題の数をこなしスムーズに方程式が立てられるように練習をしておく必要がある。

  • 生物出題

    表:2012年順天堂大学生物出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 生物分析

    表:2012年順天堂大学生物難易度分析   表:2012年順天堂大学生物出題形式分析
    5段階で評価

  • 生物傾向

    比較的、遺伝・変異、反応と調節からの出題が多いようだ。
    解答方法はほとんどが語句選択と正誤問題で、記述は1問から3問程度出題される。
    2011はPCR法に関する問題と、植物群落における「暖かさ指数」に関する問題が出されている。
    PCR法はポヒュラーになりつつある内容なので、知っている受験生も多いとは思うが、「暖かさ指数」は多くの受験生にとっては知らない内容だと思われる。

  • 生物対策

    全体としては時間のかかる問題が多く、成績上位の人でもぎりぎり時間内に終わる問題レベル。

  • 物理出題

    表:2012年順天堂大学物理出題傾向分析
    ◎=大問 ○=小問

  • 物理分析

    表:2012年順天堂大学物理難易度分析   表:2012年順天堂大学物理出題形式分析
    5段階で評価

  • 物理傾向

    マーク形式の小問集合・大問と記述形式の大問で構成されている。
    原子を除く全分野から出題されるので、万遍なく学習しておくことが大切である。

  • 物理対策

    小問集合は基本問題中心なので得点源となるから全問正解が必要である。
    記述形式の大問は標準問題で、マーク形式の大問が誘導はあっても難度の高い問題であることが多い。
    問題数が多く、時間に余裕はあまりないので、マーク形式の大問は最後に解いた方がよい。

順天堂大学受験の
最新出題総評

2008に思いきって学費を下げたことにより志願者が急増した。
近年、難易度が上昇している私立医学部のひとつ。
2011からセンター利用の後期日程を廃止し(前期日程は継続)、「センター・一般独自併用入試」という独自の募集形式を実施するなど、国公立医学部併願者の取り込みを強く意識しているように思われる。
2011より英語の配点が100点から200点になり、2012からは英語の試験時間が10分延長され80分になった。

英語重視の傾向が増している中で、合否のポイントとなる自由英作文には充分な時間を確保したい。
小論文は絵や詩を見て思うことを自由に述べる独特の形式で、柔軟な発想力や表現力が求められている。

  • 英語
    '12は10分延長、差がつく自由英作文に十分な時間を確保せよ。
  • 数学
    公式の証明は理解して覚え、過去問で時間配分等に慣れておこう。
  • 化学
    化学の全範囲からもれなく出題。問題量はやや多い。
  • 生物
    基礎・基本的な内容が多いが、問題量が多いので時間に注意。
  • 物理
    標準問題が中心であるが、問題数が多い、対策はしっかりと。

小論文

面接

田尻学院長の最新分析

-順天堂大学編-

2013年に創立175周年を迎える。
175周年を機に本郷キャンパスの再編を計画しており地下4階、地上21階の新病院の建設も計画されている。
2008年に思い切った学費の値下げを行い、その後も値下げを続け、現在では私立医学部で最も学費の安い大学となった。
学費の値下げに受験生は敏感に反応し、志願者が大きく増え難易度上昇につながった。
入試の難易度が上がれば受験生は「いい大学」と考える傾向があり更に人気が高まる好循環となった。
入学後1年間は、さくらキャンパスでスポーツエリートのスポーツ健康科学部と寮での共同生活を送ることになる。

面接は、以前は父兄同伴で行われていたが今は個人面接のみとなった。
面接には賞状などのコピー持参となる。
これまで、どの様な経験を重ねてきたかも問われる。

数学で証明問題が出題されたり、英語で特に字数制限のない自分の考えを英語で書く自由英作文が出題されたりと順天堂大学を受験することにすると負担も大きくなる。