東京女子医科大学

東京女子医科大学受験合格のための攻略ガイド

東京女子医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

東京女子医科大学

明治33年 東京女医学校を設立
明治45年 東京女子医学専門学校を開設
昭和22年 東京女子医科大学予科開設
昭和27年 東京女子医科大学を開設
平成10年 看護学部を開設

開学年度
明治33年
創設者
吉岡 彌生
理事長
-
学長
吉岡 俊正

学部所在地
〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
交通手段
都営地下鉄大江戸線若松河田駅より徒歩5分
都営地下鉄新宿線曙橋駅より徒歩10分 またはJR新宿駅よりバス20分
公式HP
http://www.twmu.ac.jp/


東京女子医科大学の特色

平成24(2012)年10月、医学部は国際外部評価団を招いて、世界基準である世界医学教育連盟グローバルスタンダード(2003年版)に基づいた、日本で初めての医学部分野別評価を実施しました。その結果、国際的基準として持つべき基本的水準36項目について、高い評価を得ることができました。これにより2013年現在、本学は国際基準による教育の質の高さを認知された唯一の日本の医学部となります。現在、日本では医学部(医科大学)の分野別認証評価制度を確立する準備が進められていますが、認証評価制度と医学教育基準を作るために、今回の結果が活用されることを願っています。
本学では21世紀の教育・研究を支える、新教育研究施設の新築計画を進めるにあたり、医学・医療の変換期を踏まえ、災害時の安全、また健康を維持する生活環境への意識改革に応えるべく、グランドデザインを発表しました。将来的にはバス道路を隔てて、教育研究ゾーンと診療ゾーンをそれぞれ配置するデザイン構想を描いています。この将来構想を実現し、21世紀の医学・医療を支え、社会に貢献できる女性医療人を育成していきます。

東京女子医科大学の項目別受験情報

入試日程・募集人数

試験区分
募集人員
出願期間
試験日
1次
2次
推薦
約20名
11/1(水)~
11/13(月)必着
11/23(木)
11/24(金)
-
一般 約75名 12/25(月)~
1/17(水)必着
1/25(木) 2/7(水)
2/8(木)
*

* いずれか1日を大学から指定

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京女子医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

入試情報

2017 2016 2015
一般 募集人員 75 75 75
志願者数 1,441 1,664 1,706
受験者数 1,414 1,597 1,666
一次合格者数 305 292 293
一次合格倍率 A/B 4.6 5.5 5.7
二次受験者数 276 262 272
正規合格者数 110 107 102
正規合格倍率 A/C 12.9 14.9 16.3
補欠候補者数 113 97 100
繰上合格者数 55 72 67
総合格者数 C+D 165 179 169
合格実質倍率 A/(C+D) 8.6 8.9 9.9
入学者数 75 76 73
合格最高点 315(400) 368(400) 346(400)
合格最低点 257(400) 256(400) 266(400)
公募推薦 募集人員 20 20 20
志願者数 101 75 58
受験者数 100 75 57
合格者数 27 22 21
実質倍率 E/F 3.7 3.4 2.7
入学者数 27 22 21
合格最高点
合格最低点
指定校推薦 募集人員 15 15 15
志願者数 12 15 16
受験者数 12 15 16
合格者数 12 15 16
実質倍率 E/F 1.0 1.0 1.0
入学者数 12 15 16
合格最高点
合格最低点

(注)合格最高点・最低点は入学者を対象

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京女子医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

繰上合格

2次合格者と同時に補欠合格者を掲示するとともに本人宛に郵便で通知する。補欠者は2/21(水)以降に合格者の手続き状況などにより欠員が生じた場合に順次繰り上げて合格者を決定する。合格者には本人宛に郵送又は電話にて通知する。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京女子医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

志願者数推移

男女比

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京女子医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

現浪比

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京女子医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

医師国家試験合格状況

教授出身大学比率

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京女子医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

学納金

1年次 入学金 2,000,000
授業料 2,800,000
施設設備費 0
教育充実費 3,300,000
実験実習費 1,200,000
初年度納入金総額 9,300,000
入学時最低納入金 9,300,000
2年次以降の年額 4,808,000
6年間の総額 33,340,000

※その他(1年次):101,000円、(2年次以降):95,000円

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京女子医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

寄付金・学債

入学式後に任意で依頼

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京女子医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

東京女子医科大学 受験科目の最新出題傾向分析

東京女子医科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

出題

分析

傾向

60分で大問4題。文法単独の大問はなく、和訳と英作文以外は全てマーク式。英作文は[1]の読解問題中で出題され、本文の内容に関する自分の意見を25語以内で述べるもの。[2]は2年連続で脱文挿入が3問出題された。[3]は図表やグラフから情報を読み取り、長文中の空所を埋めるもので、東海大学に同じ形式の出題がある。そして[4]は会話文とそれに関する図表やグラフ、時刻表などが提示される本学独自の出題で、内容真偽や空所補充、表題選択など多岐に渡る内容となっている。難易度は標準的だが、比較的短い試験時間内で必要な情報をいかに素早く読み取れるかが鍵。また、全てが英問式となっているので、英語の指示文に慣れておく必要がある。

対策

読解問題の比重が大きいため、読解力の養成は不可欠。ただし、文法の出題は見られないものの、文構造を正確に把握するための文法力は必須である。読解の基礎になるものであり、和訳や英作文においてもその力は大いに発揮される。[1]-2の英作文は、書くべき内容も平易なものが多く、基本的な語彙やイディオムの知識があれば対応可能。ただし、[1]-1で和訳もあることを考えると[1]全体に最低でも25分は確保したい。出題パターンが定着しているため、本学の過去問が最良の教材であることは言うまでもないが、[3], [4]の図表やグラフを用いた情報の読み取りや会話文は、センター試験問題も類題として活用したい。

数学

出題

分析

傾向

大問4題。積分計算、場合の数・確率、整数の問題が頻出。積分計算は[4]で出されることが多いが’17は[1]で数学Ⅱの積分を使うのみ。場合の数・確率は[2]で出されることが多いが’17は[4]が確率と複素数平面の融合問題。整数問題は’16には出されなかったが’14、’15、’17には出されている。他には指数・対数、数列、式の計算・高次方程式などからもよく出されている。上位私大レベルの典型問題の解法で解ける問題がほとんどだが、考えさせる問題や解くのに時間がかかると思われる問題が混ざっている年もある。’17は一見面倒そうな問題ばかりだが、どれも中堅~上位私大レベル典型問題の解法で解ける問題であった。

対策

数学Ⅲの積分計算については、誘導ありなら基本問題だが誘導がないため苦戦しそうな問題が出る年もある。積分の計算は、少なくとも上位私大レベル典型問題までは誘導なしでも解けるようにしておこう。整数問題や場合の数・確率はそれなりに考えさせる問題が出る年もある。これらの単元については少なくとも上位私大レベル、できれば上位国公立大レベルまでやっておこう。その他の単元も少なくとも上位私立大レベル典型問題は何を出されても解けるようにしておこう。時間がかかる問題やじっくり考えさせるやや解きにくい問題が混ざっている年もある。過去問を通して時間配分等に慣れておき、本番では解きやすそうな問題から解いていこう。

化学

出題

分析

傾向

例年大問4~5題の出題が続いている。’17では5題の出題だった。’17では[1]で小問11問。理論、有機、無機の全範囲からもれなく出題されている。化学の基本法則に関する問題や計算が必要な問題も含まれる。またすべて選べと正答の数がわからない問題があることも厄介である。[2]では様々な反応に関する性質を問う問題とマグネシウムの燃焼による気体量の計算問題、[3]では糖に関する総合問題、[4]では芳香族化合物の分離・精製問題と合成高分子の重合度計算、[5]ではアミノ酸の等電点問題及びアミノ酸のイオン交換に関する問題が出題されていた。問題数も多く、時間との戦いになる。しっかりとした傾向と対策が必要。

対策

[1]の小問集合の問題がやや解答しにくい。化学の全範囲から満遍なく出題されている。確実な知識が必要である。受験の難問と呼ばれるものは出題されないため、必要なことは標準・定番問題をきっちりと正確に素早く解けるようになることである。生半可な学習では太刀打ちできない。入試の標準的な問題集を使って頻出問題や定番問題を確実に正答することができるようにしておきたい。また過去の問題では芳香族化合物の合成の実験問題、水蒸気蒸留に関する実験問題が出題された。実験問題からの出題も多いため、こうした分野にも注意を払っておきたい。教科書の全範囲をもれなくしっかりと整理し、受験用の問題集を一通り確実に仕上げる学習が求められる。

生物

出題

分析

傾向

大問4題であるが、1題は3部構成になっている。しかし同じ分野なので範囲としては4分野となっている。1題は免疫に関する内容で、空所補充問題・異物の侵入を防ぐ方法・抗体の産生・名称・自然免疫の考察・獲得免疫・ニワトリの免疫の考察が出された。1題は神経系と毒に関する内容で、ベラドンナやテトロドトキシンなどの毒と神経の考察問題が出された。1題は植物ホルモンに関する内容で、光屈性・実験考察問題4問・重力屈性に関する記述が出された。1題は両生類に関する内容で、正誤問題3問・原基分布図・中胚葉誘導・組織・誘導の実験考察3問が出された。考察や記述が多く、時間が不足する。また、内容を理解するのに時間がかかる。

対策

実験問題と遺伝が中心であったが、生態系や進化や分類の問題も多くなってきている。文章量が多いので、内容を理解するのに時間がかかり、時間的にも不足すると思われる。分野が変わってきているので、苦手分野を作らないように、教科書に載っている語句はすべて説明できるようにしておきたい。語句の意味を取り間違えただけで解答が逆になることもある。注意して覚えよう。実験は少なくなってきたが、それでも図解に載っている実験の目的や器具・方法・結果に関しても覚えるようにしよう。特に、目的は十分に理解して、実験に関する考察を考えるのも良い。問題集も多く解いて、語句の確認と実験問題の解き方を覚えよう。

物理

出題

分析

傾向

大問3題で構成され、熱力学、力学、電磁気からの出題である。熱力学は円筒容器内で可動壁により仕切られた2つの理想気体の状態変化で、片方は加熱し、もう片方は等温変化となっている。力学は静止したばねに同じ質量の2つの物体が左右から同じ速さで衝突する問題で、重心から見た単振動となる。電磁気は抵抗とコンデンサーによる交流回路をベクトル法で考察する問題である。基本~標準的な問題であるが、PーVグラフ、単振動の速度、交流でのベクトル法による描図が出題されているので、日頃から丁寧に練習をしておくことが必要となっている。試験時間に対して問題は多くないので、手早く解いていけば全問解くことはできる。

対策

標準~やや難度の高い問題までをしっかり解いておくこと。’17は’06、’07、’10、’11、’12、’14、’15、’16と同様に難度の高い問題はなかったが’08、’09、’13はやや難度の高い問題も出題されているので、しっかり準備をしなくてはいけない。また、’10では出題のなかったグラフの描図が’11~’17では出題されている。グラフの描図を含む記述はよく出題されるので、しっかり練習をしておくことが必要である。力学では難度の高い単振動も出題されるので、やや応用性の高い問題もしっかり学習しておくこと。解答の過程の記述を求められることもあるので、日頃から見せられる答案作りを心掛けておくことも必要である。

東京女子医科大学大学受験の最新総評

女性のみに門戸を開放している日本で唯一の医学部。指定校推薦で約15名、公募推薦で約20名を募集し、両方合わせて推薦で40名弱が毎年合格している(出願資格は現役生のみ)。
一般入試は現役生有利と誤解されやすいが、2017は2浪14名、3浪3名、4浪以上1名、再受験3名が合格している。
2016から導入された小論文は「テーマ型」と「資料統計型」の年があり、出題形式が安定していない。補欠候補者には繰り上げ順位が付いており、毎年50名前後が繰り上げ合格になっている。

◆英語
情報を素早く読み取る力をつけ、和訳・英作文を含めて過去問で十分な対策を
◆数学
積分計算、場合の数・確率、整数はやや上位レベルまでしっかりと
◆化学
受験の定番問題。[1]の小問集合がやや難
◆生物
実験考察が多いので、時間配分に注意しよう
◆物理
'18も描図や記述が出題されるだろう、しっかり準備をしよう!!

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京女子医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

小論文

●時間切れにならないための準備が必要
●テーマ型

年度 試験区分 内容 字数 時間
17 一般 子宮頸がんワクチン接種における積極的推奨について、「賛成」、「反対」、「どちらでもない」から一つ選び、理由とともに答えよ。 600~800字 適性試験と合わせて60分
16 一般 自分の住んでいる市町村の要介護者の人数を自分で推定し、理由を述べる。 字数制限なし 適性試験と合わせて60分

●傾向
小論文が一般入試でも導入されて2年目の’17は、文字数制限無しから、文字数が設定された。ただし、60分で適性試験もこなすため、時間切れにならないための練習は必要。また、適性試験は前半に自分の性格に関する3択、後半には4つの絵からストーリーを考えて並べ替えや、会話文中の空欄に適切な会話になるように語句を入れるものが出たようである。そこで、適性試験を先に素早くやり、小論文に回す時間を増やすこと。また、800字にこだわるあまり、文の途中で時間切れになるのが一番よくない。今回の課題、あるいはテーマ型の他大学(本ガイドブック参照)から、600字30分、800字40分で書いてみて、スピードアップをはかる必要がある。
 ’17のテーマは子宮頸がんワクチン。複数の図表型として公立の看護大で既出のテーマ。予防接種には国や自治体が接種を強く勧め、ほとんど無料でできる定期接種(勧奨接種)と、個人で接種を希望する任意接種がある。前者は副反応による重い後遺症や死亡の際は、予防接種法により国が補償する。子宮頸がんワクチンは定期接種になったが、重篤な副反応報告があり、その後、国は各自治体に対し定期接種を積極的に勧奨すべきではないという達しを出した。看護大で出題されていた当時より大きく状況は変化しているので、医学・医療に関しては、知識や情報の修正が必要である。また、受けた人は2価、4価どちらか。その違いは?子宮頸がんの感染経路は?などを知っているだろうか。女子医大の受験生は当然ながら全員が女性だが、意外と知識が少ないと思われるので、三つの立場のどれを選んでも理由が自分なりに書かれていればよいだろう。ただ、’16の自分が住んでいる市町村の要介護者について推定するテーマと同様に、自分を含む身近の問題が問われている。’16は、自分が住んでいる自治体の人口がわかれば、日本の高齢化率は25%を超えているので、およその割合をかけてみれば、高齢者人口が出る。これだけ高齢化と介護のことが言われているのだから、日ごろから自治体の広報誌などにも関心を持っておきたい。
 3年目となる本年はどういったテーマになるか分からないが、女性医師育成のための医学教育や女性医師に関わる問題や展望、働く女性や研究者のことなど自分に関わる記事をチェックしておこう。そして、医療についての関心を広げたい人は本ガイドブックを参考に他大学の過去問を読んでみたり、テーマ型を考えてみよう。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京女子医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

面接

■所要時間
個人10~15分
■面接の進行と質問内容
【面接前にアンケート記入あり】
併願校の合格状況
【面接の質問内容】
・医師志望理由
・本学志望理由
・併願校について
・好きな科目とその理由
・浪人生活について
・なぜ何年も浪人したのか
・入学したらどの部活に入りたいか
・テュートリアル教育は自分に向いているか
・ボランティアについて
・海外留学について
・感銘を受けた本とその理由
・辛いことをどのようにして乗り越えたか
・体力に自信はあるか
・志望する科について
・男性医師と女性医師の違いは何か
・女性医師が働き続けるのに必要なこと
・最近気になる医療ニュース

雰囲気はそれ程固くないが、面接官のうちの1人が厳しい場合がある。「なぜ女子だけの大学を選ぶのか」についてはしっかりした答を用意しておきたい。また、女性医師としてのキャリアやメリット、デメリットに関する質問についても自分の考えをきちんと述べられるようにしておきたい。

面接官の人数:3名
受験生の人数:1名

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京女子医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

合格請負人 田尻友久の最新分析-東京女子医科大学編-

写真

分析結果

100年を超える伝統を誉るが、医学教育は常に改革を続け、テュートリアルを導入したMDプログラム90、統合カリキュラムを完成させたMDプログラム94に続き2011年4月新入学生からMDプログラム2011が導入された。

また、先端生命医科学センターでの再生医療への取り組みや早稲田大学との連携など豊富な症例数を活かした研究にも力を入れている。至誠会保育園、女子医ファミリーサポート、女性医師再教育センターなど女性医師への支援も手厚い。

指定校推薦入試は医学部では珍しく、受験者はほぼ100%合格となる。公募の推薦入試は3時間で100問を解く適性試験が課せられるが2011年11月実施の公募推薦入試から小論文も出題されるようになった。一般入試の難易度は女子しか受験できないこともあって、それほど高くはない。しかし、女医の養成には一日の長がある上に多くの女医仲間を得ることができる。優秀な教員も多く女子ならぜひ受験を検討するといいだろう。
尚、一般入試で補欠になると順位が付く。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京女子医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。