東北医科薬科大学

東北医科薬科大学受験合格のための攻略ガイド

東北医科薬科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

東北医科薬科大学

昭和14年 東北薬学専門学校を設立
昭和24年 東北薬科大学となる
昭和37年 大学院薬学研究科修士課程を設置
平成25年 東北薬科大学病院を開設
平成27年 医学部設置が認可される
平成28年 東北医科薬科大学に大学名称を変更
医学部を設置

開学年度
平成28年
創設者
高柳 義一
理事長
高柳 元明
学長
高柳 元明

学部所在地
〒981-8558 宮城県仙台市青葉区小松島4-4-1
交通手段
JR仙山線東照宮駅または、地下鉄南北線台原駅よりそれぞれ徒歩15分
公式HP
http://www.tohoku-pharm.ac.jp/medical/


東北医科薬科大学の特色

 本学医学部は、幅広い臨床能力を持つ医師の養成を通じて、東日本大震災からの復興・復旧の核となり、東北地方の地域医療へ貢献することをミッションとしています。
 地域医療に使命感と熱意を持ち、災害医療などにも対応できる総合診療医を中心とした医師の養成、地域への定着を促す教育と卒後のキャリアアップにつながる仕組み・カリキュラムを構築しています。
 特に、東北各県のネットワーク病院を活用した地域滞在型の教育システムやキャリア形成支援の仕組み、定員の半数以上を対象とする修学資金制度を設けることで、医師の地域定着を図ってまいります。

東北医科薬科大学の項目別受験情報

入試日程・募集人数

試験区分
募集人員
出願期間
試験日
1次
2次
修学資金枠A方式*1
35名
12/20(火)~1/17(火)必着 2/1(水) 2/18(土)
修学資金枠B方式*2
20名
一般 88名

*1 合計3000万円が貸与され、宮城県知事等が指定する自治体病院等への勤務が義務付けられます。
*2 合計1500万円が大学から貸与され、その他に東北5県(青森、秋田、岩手、山形、福島)のいずれかの修学資金制度に応募することになります。勤務地は修学資金を貸与された県となります。
※ A方式・B方式・一般枠はそれぞれ併願できます。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東北医科薬科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

入試情報

2016
一般 募集人員 35(20)[45]
志願者数 2,458
受験者数 2,278
一次合格者数 606
一次合格倍率 A/B 3.8
二次受験者数 518
正規合格者数 35(20)[45]
正規合格倍率 A/C 22.8
補欠候補者数
繰上合格者数 197
総合格者数 C+D 297
合格実質倍率 A/(C+D) 7.7
入学者数 35(20)[45]
合格最高点
合格最低点

※ ( )内はB方式、[ ]内はC方式、無印はA方式のデータ

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東北医科薬科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

繰上合格

「繰上げ者」の中から成績順位と希望枠、方式の設定状況に従って決定する。修学資金枠A方式、B方式、一般枠に分けて通知するが、合格者の手続状況で欠員が生じた場合には、入学手続き終了後であっても、受験者の枠、方式への希望順位に従って、上位の希望順位枠、方式への繰上げを行う。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東北医科薬科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

志願者数推移

男女比

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東北医科薬科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

現浪比

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東北医科薬科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

医師国家試験合格状況

教授出身大学比率

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東北医科薬科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

学納金

2017年度学納金
1年次 入学金
1,000,000
授業料
3,000,000
施設設備費
1,000,000
教育充実費
1,500,000
初年度納入金総額
6,500,000
入学時最低納入金
1,500,000
2年次以降の年額
5,500,000
6年間の総額
34,000,000

※その他(委託徴収金等)

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東北医科薬科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

寄付金・学債

入学後に、本学の教育環境と、高度な研究活動の充実のため教育研究協力資金を募集します。この募集は任意に協賛をお願いするものであり、入学の条件とするものではありません。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東北医科薬科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

東北医科薬科大学 受験科目の最新出題傾向分析

東北医科薬科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

出題

分析

傾向

医学部初の問題は、読解と文法のバランスがとれたオールマーク式の問題となっている。長文は2問で、内容合致、空所語句補充、同意表現などが問われている。記述ではないものの下線部の内容を表す文を選択させるものもある。長さはどちらもA4判で1枚半ほどで、標準レベル。内容を問うもの以外は、語句補充であっても空所の前後を見れば見当がつくものも少なくない。文法関連は、短文完成、誤文訂正、整序英作文が各5問ずつ。どれも標準的な問題が中心で、頻出問題演習をこなしてきていれば、10~15分程度で完答できそうだ。制限時間(70分)を考えれば見直しの時間も含め、かなり余裕があるとみてよいだろう。

対策

初年度ということで出題傾向というものがないため、対策は少々悩んでしまうかもしれないが、とりあえず次回も同様の形式とみて、類似問題の演習に精を出すのが一番であろう。長文も類似傾向、形式だとすれば、医学や科学関連のあまり難しくない一般向けの読み物に馴染んでおきたい。語彙レベルは易~標準なので、難単語まで手を伸ばす必要はないだろうが、同意表現対策として同義語はできるだけ増やしておこう。入試の現場では、長文はまず最初に空所補充を含め語彙関連をおおまかに処理してから英文を読み始める方が効率的と思われる。文法・語法関連はもちろん演習必須だが、特別に手の込んだ問題にあたる必要は全くなく、ごく標準レベルの問題を速やかかつ正確にできるように訓練しておけば問題はなかろう。
英語科:牧先生

数学

出題

分析

傾向

初の医学部入試となった今年度はマーク式の大問3題で、他の医学部に合格する受験生なら時間内に完答できそうなボリュームと難易度であった。[1]は「三角関数」の問題であるが、「図形と方程式」または「ベクトル」も用いて解くことになる問題。[2]は確率の問題であるが最後の(5)では「数列」の知識も必要。[1]と[2]は複数の単元の基本的な知識を組み合わせて解く問題となっていた。[3]は積分の問題でこれも基本的なことが身についていれば解ける問題。3題いずれも、考え方や解法は中堅私立大~上位私立大受験者向けの問題集などによく載っている典型問題の解法をしっかり理解して身に着けていれば解ける問題となっていた。

対策

初の医学部入試であった今年度はどの問題も中堅私立大~上位私立大受験者向けの問題集などによく載っている典型問題の解法・考え方をしっかり理解し、身に着けていれば解けるような問題であった。医学部入試の受験者のレベルを考えるとこのレベルの問題なら合格ラインは高いと思われる。まずは中堅私立大~上位私立大受験者向け問題集などに載っている基本・典型問題は穴が残らないよう、ミスもしないように一通りしっかりやって身に付けておこう。私立医学部全体の入試問題の難易度や受験生のレベルを考えると、今後は難化していくことも考えられる。上位国公立受験者向けの問題集などで総合的な問題までやっておいた方がよいと思われる。
数学科:寺西先生

化学

出題

分析

傾向

新設、初の入試で出題のレベルや内容などが注目されたが、標準的な問題内容でかつ特徴を主張した内容での出題があった。〔1〕では同位体から無機化学や電子式、分子の極性、電気分解などに関する問題。[2]では冷却曲線と凝固点降下に関する問題.。[3]では芳香族化合物の構造と反応経路に関する問題。[4]ではペプチドに関する問題でグルタチオンを題材にした問題が出題され、アミノ酸の構造式に関する知識や化学量の計算などが出題され、また化学発光の問題など新課程の内容からの問題も出題された。内容的には難問や奇抜な問題もなくて、標準的な問題が出題されている。今後の傾向はまだ読めないが、’16もこの傾向が続いていけば得点を取ることは難しくない。

対策

新課程の教科書の内容に忠実に問題を出題しているような感じを受けた。内容的に難しい内容もなく、また奇抜な題材を用いた問題内容もなかった。今後もこうした出題が続いていくようであれば、高等学校で学習している教科書の内容をどれだけ身につけられるかが合否の勝負点になると考えられる。高等学校で扱う教科書に準拠した問題集などをどれだけの精度で完成させることができるのか。基本的な知識をどれだけ正確に覚えることができているかの勝負になってくると感じる。少なくとも、’16の入試ではどれだけ真面目に受験勉強に臨んだかを試させる問題だったと感じる。
化学科:小枝先生

生物

出題

分析

傾向

大問3題となっているが、1題は小問4問の構成になっている。1問は異化に関する内容で、空所補充・膜タンパク質に関する内容・計算問題が出された。1題は小問4問からなっていて、生殖方法・精子形成・減数分裂・受精と発生に関する内容が出された。1題は実験考察問題で、酵母菌の変異株に関するもの・コドン・オペロン説に関する物が出された。実験考察問題はやや難しく、時間のかかる内容となっているが、他の問題は標準的な内容となっている。語句を答える物が多いので、生物用語や現象を覚えていれば高得点が狙えると思える。

対策

’16と同じ様式で来年以降も出題されるかは不明であるが、生物の用語を問う問題は多く出されそうである。また、実験考察に関する問題は、受験生の能力を測るのに適した問題なので、今後も出されると思われる。用語を覚えるには単語帳を使って覚えるのが良いが、覚えているか否かを確認するには標準的な問題集を使って解くのが良い。実験考察問題は、出来るだけ多くの実験考察問題に接し、解き方を教えてもらうのが良いと思う。特別に難しい内容が出されるという訳ではなさそうなので、先ずは基本を正確に押さえる事が重要だと思われる。
生物科:日田先生

物理

出題

分析

傾向

大問3題で構成され、力学、電磁気、熱力学からの出題である。力学は振り子と小球の衝突、小球とばね振り子の衝突と単振動に伴う運動量、エネルギー、時間に関する問題である。電磁気は直流回路におけるコイルの自己誘導とコンデンサーの問題、電気振動の問題が出題されている。熱力学は熱サイクルの問題で、断熱変化、定圧変化、等温変化、定積変化、気体分子の2乗平均速度が含まている。全体的に典型的な標準問題で構成されているが、自己誘導や2乗平均速度では解き慣れていない受験生は手間取っただろう。試験時間に対して問題が多いので、手早く解かなくてはいけないが、選択ミスやマークミスなどのケアレスミスをしないことが大切である。

対策

今年度から医学部の入試が開始され、力学、電磁気、熱力学からの出題となっているが、’17は波動、原子からの出題も考えられる。典型的な標準問題を中心に出題されているが、難度が高くなることを想定した準備が必要であると考えられる。しかし、難問を解くことが重要ではなく、典型的な標準問題をミスなく解き、得点を上げることが重要である。試験時間に対して問題数が多く、手早く解くことも要求されているので、日頃からなるベく短時間で解ける解法や知識を増やしておくことも必要になるだろう。今年度が初回で情報が少なく対策を立てるのは簡単ではないが医学部としては一般的な入試問題となりそうなので、特別な準備までは必要ないだろう。
物理科:吉武先生

東北医科薬科大学大学受験の最新総評

東日本大震災からの復興と東北地方の医療環境の発展に貢献することを目指して2016年4月に新設された。

大学から合計3000万円の学費が貸与されるA方式、大学からの学費貸与と地方自治体の修学資金制度に応募するB方式、そして一般枠の3方式に分かれて募集が行われ、いずれも併願することができる。

入試初年度となった2016は全問マーク式の基本的な問題が出題され、正規合格者と繰上合格者を合わせて297名の総合格者であった。

◆英語
標準的なオールマーク式、今回の問題を参考に十分な対策を
◆数学
まずは全範囲の基本をしっかりと。総合問題もやっておこう
◆化学
1年目の入試は標準的な問題で構成された
◆生物
標準的な問題が多い。生物の内容をしっかり理解しておこう
◆物理
難度が高くなることが予想される、しっかりと準備しておこう!!

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東北医科薬科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

小論文

●医学・医療、医師としての意識が求められる

●テーマ型

年度 試験区分 内容 字数 時間
16 一般 医師と科学者の倫理の共通点と違いについて述べる 600字 60分

●傾向
“ 今回初めての医学部募集において、1次で小論文が課された。資料文がないテーマ型だっただけに、この課題は難しかったと思われる。本ガイドブックを参考にし、テーマ型を中心に、資料文型で読解力と知識の補給、念のために図表型や、最近増えている絵・写真型も書いて見よう。
 ’16の論述については、ニュース性とテーマ型や資料文型で学んだ基本を使って考える。テーマ型だと、’16日本医大の「再生医療」より前に、近畿大で「再生医療、高度先進医療」、杏林大他「iPS」、’14近畿大の「混合診療」がある。これらから、再生医療を研究する科学者の立場と、先進医療を混合診療として現場で使う医師の立場に着目し問に答える。一方、資料文型の日野原重明の『医学概論』や『生き方上手』(愛知医大などで既出)から、ウイリアム・オスラーの「アート」と「サイエンス」について覚えていたとする。臨床現場で病をもつ患者及び家族に関わる実践家(アート)としてのアプローチと、研究者(サイエンス)として疾患の治療法を確立する立場の違いである。そこから多くの人を救う薬の開発者と副作用に苦しむ患者を前にした臨床医、あるいはインフォームド・コンセントをテーマにして、臨床研究の被験者にする場合と日常診療の場合の、同じ所と違う所を考えてみるなど。
 このように、過去問の練習は基礎力・応用力の向上に役立つ。また、テーマ型にもいくつかのパターンがあり、ニュース性のあるもの、基礎知識が必要な高齢化や医学・医療の問題、「読書」「学校生活」など自分に関するものがある。テーマ型は近畿、関西医大、久留米大、昭和大。資料文型で医学・医療科学を考えるならば、岩手医大、川崎医大、北里大、聖マリアンナ医大など。要約練習は金沢医大、獨協医大。書いたら必ず医系小論文に慣れた先生に見てもらうこと。また、メルリックス配布の『医系小論文・面接用語集』で知識・情報を押さえておこう。”

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東北医科薬科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

面接

■所要時間
個人10~15分
■面接の進行と質問内容
・地域医療について何ができるか自己PR(2分間)
・東北の医療に医師としてどう貢献するか
・災害時に医師としてどう対応するか
・好きな科目
・高校時代の部活動について
・友人について
・将来進みたい診療科
・10年後の自分について(医師としての将来像)
・医師の偏在について
・胃ろうについて
・戦争や争いはなぜ起こるのか

東北地方の地域医療に貢献することを目的として設立された医学部であり、医師の偏在や災害医療、へき地医療など医療の問題については深く突っ込んで聞かれる。特に、自分が医師としてどのように東北の医療に貢献するかについては、自己PRをしっかり考えておきたい。

面接官の人数:2名
受験生の人数:1名

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東北医科薬科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

田尻学院長の最新分析-東北医科薬科大学編-

写真

分析結果

1939年に創設された東北薬科大学を母体に、東日本大震災で疲弊した東北地方の地域医療と災害医療に貢献する医師を要請することを目的に、日本では37年ぶりに医学部が設置された。私立医学部では30番目の大学となる。東北地方の医療に貢献したいと思う者なら誰でも、全国のどの地域からでも出願できる。修学資金制度や奨学金制度が充実しており、募集区分は、修学資金枠であるA方式・B方式、そして一般枠の3つに分かれている。3つは併願することができ、志望順位の高い方から合否を判定する。

3年次からは附属病院のある福室キャンパスで専門科目や災害医療について学ぶことになる。2016年4月に1期生となる100名が入学した。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東北医科薬科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。