東京慈恵会医科大学

東京慈恵会医科大学受験合格のための攻略ガイド

東京慈恵会医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

東京慈恵会医科大学

明治14年 成医会講習所を設立
明治24年 成医学校を東京慈恵医院医学校に改称
大正10年 東京慈恵会医科大学を設置
昭和27年 新制東京慈恵会医科大学に昇格
平成4年 医学部看護学科を開設
平成14年 大学1号館が完成

開学年度
明治14年
創設者
高木 兼寛
理事長
栗原 敏
学長
松藤 千弥

学部所在地
〒105-8461 東京都港区西新橋3-25-8
交通手段
JR山手線新橋駅より徒歩10分 都営三田線御成門駅より徒歩3分
公式HP
http://www.jikei.ac.jp/


東京慈恵会医科大学の特色

「病気を診ずして病人を診よ」を建学の精神に掲げ、全人的な医学・医療を実践し、人間を中心とした医療を究めていく人材を育成しています。カリキュラムは6年一貫・統合型で、基礎医学、社会医学、臨床医学の各領域が有機的に連携したものとなっています。
1年次は国領キャンパスで総合教育を学習し、2年次からの西新橋キャンパスでは本格的な医学専門教育を実施。4年次から6年次にかけては臨床医学教育が主体となります。
人間性や倫理的判断、国際性、コミュニケーション能力などを養う医学総論カリキュラムを6年次まで通して実施するのも特徴のひとつ。自由度の高さも本学ならではで、6年次の前期15週間の選択実習では、学内外の医療機関、基礎医学研究所、海外の病院などで学ぶことが可能です。

東京慈恵会医科大学の項目別受験情報

入試日程・募集人数

試験区分
募集人員
出願期間
試験日
1次
2次
一般
110名*1
1/5(金)~
1/26(金)必着
2/5(月) 2/16(金)*2
2/17(土)
2/18(日)

*1 東京都地域枠5名、地域区分5名含む
*2 3日間のうち、どうしても都合のつかない日を1日のみ考慮

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京慈恵会医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

入試情報

2017 2016 2015
一般 募集人員 110 110 110
志願者数 2,035 2,276 2,400
受験者数 1,788 2,073 2,183
一次合格者数 475 450 450
一次合格倍率 A/B 3.8 4.6 4.9
二次受験者数 439 422 418
正規合格者数 165 165 155
正規合格倍率 A/C 10.8 12.6 14.1
補欠候補者数 218 206 225
繰上合格者数 102 151 184
総合格者数 C+D 267 316 339
合格実質倍率 A/(C+D) 6.7 6.6 6.4
入学者数 110 112 112
合格最高点 78.50% 86.50% 84.88%
合格最低点 44.80% 61.50% 62.93%

(注)合格最高点・最低点は正規合格者を対象

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京慈恵会医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

繰上合格

補欠者は2次試験合格発表と同時に発表する。入学手続者が募集定員に満たない場合には、補欠者の上位から繰上合格の候補者を決め、本人に通知する。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京慈恵会医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

志願者数推移

男女比

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京慈恵会医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

現浪比

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京慈恵会医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

医師国家試験合格状況

教授出身大学比率

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京慈恵会医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

学納金

1年次 入学金 1,000,000
授業料 2,500,000
施設拡充費 0
教育充実費 0
実験実習費 0
初年度納入金総額 3,500,000
入学時最低納入金 2,250,000
2年次以降の年額 3,800,000
6年間の総額 22,500,000

※その他の納付金(1年次)約310,000円

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京慈恵会医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

寄付金・学債

なし

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京慈恵会医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

東京慈恵会医科大学 受験科目の最新出題傾向分析

東京慈恵会医科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

出題

分析

傾向

60分で大問6題。’17は語句整序問題がなくなり大問数が1つ減ったが、その他の出題内容に大きな変化はない。選択式の問題が半数以上を占めるが、空所補充や和訳、英訳などが記述式である。その中でも[1]の空所補充においては、単語の頭文字は指定されているものの、高いレベルの語彙やイディオム、口語表現が出題される。’16から2題に増えた読解問題は、文章自体はそれほど難解ではない一方でそれぞれ500語前後の長さがある。60分という短めの試験時間を考えると、受験生の負担は大きいと言えるだろう。英訳では、与えられた日本語を英語に直訳するのではなく、いかに日本語をかみ砕いて自分の使える熟語や構文に落とし込めるかが鍵となる。

対策

[1]の空所補充の対策を万全にするには、大学入試一般向けの単語帳が必須である。しかし、合格最低点は毎年6割前後であることや、読解問題が2題あり、それらを手際よく読み進められるだけの読解力も必要とされることを考えると、多読の中での語彙力強化が現実的。その読解問題では、記述式での指示語の内容説明や、指示語の内容を明示した下線部和訳などが出題される。多くの長文に触れるだけでなく、実際に手を動かして第三者に伝わる和訳を作る訓練を積むことが必要。毎年出題される適文選択では、自・他動詞の区別や品詞についての知識を深めることが有効。英作文力にも直結するため、日頃から強く意識して学習を進めたい。

数学

出題

分析

傾向

’13から90分で4題。[1]は穴埋め小問集が中心で基本問題が幅広く出されているが、大問クラスの面倒な問題や工夫・テクニックの必要な問題や記述問題が入ることもある。[2]~[4]では上位国公立大~難関国公立大の2次試験で見るようなやや面倒な問題が出されており、数学Ⅲの微分・積分の問題が最頻出でこれはやや面倒な問題であることが多い。’13~’16には難関国公立大で出されるような空間図形の絡んだ問題が出されていた。’17は[1]の小問と[2]の微分・積分の問題は上位国公立大レベルで、[3]の整数問題と[4]の複素数平面の問題は(1)から考えさせられるが、(1)を突破できればその後は解きやすい。

対策

[1]は上位私大入試レベルの問題が幅広く出されることが多い。出題範囲の問題は極方程式などの出題頻度の低い単元でも少なくとも上位私大受験レベルの頻出問題は一通り網羅しておこう。[2]以降では私立上位大~上位国立大の典型問題に近いものが中心となっている年もあるが、最近は難関国立大レベルの面倒な問題が出されている。まずは上位国立大の典型問題なら迷わずしっかり解けるようにしておき、その上で過去に[2]~[4]で過去に出されている単元については難関国立大レベルの問題にも慣れておいた方がよい。制限時間に対して量も多いので試験当日は解ける問題から確実に解くようにし、過去問で時間配分などにも慣れておこう。

化学

出題

分析

傾向

例年大問4題からの出題となっており、質・量ともかなりハイレベルの問題となっている。’17では[1]光電子デバイスとしてのイリジウムの利用方法を題材とした出題、[2]では硫化亜鉛の生成と亜鉛の精製を話題の中心に、結晶構造や生体内での反応を溶解度積と関連させ計算をさせる問題、[3]では有機化学からアルデヒドを話題に、アルデヒドの付加、置換反応による環状構造の生成問題、[4]では芳香族化合物の構造推定問題が出題された。前年度と比較すると[4]は比較的解きやすい問題であった。しかし全体的に見れば依然として難度は高い。いずれも問題の解説文をしっかりと読んでいく必要がある問題で難しい。またここ最近では理論化学をテーマにするよりは、工業的なものや生命科学関連と絡めた総合問題が出題されている。

対策

「受験の定番問題の解法を覚えた」という学習では合格点にはとても及ばない。また、時間内に解答することも厳しいかもしれない。受験勉強の早いうちに定番問題の習得ができるように心がけ、また国公立大学の過去問などの問題文が長い問題を解き、未知のものを文章の題意に沿って読み解き、思考を鍛える訓練が必要だろう。幸い、現象自体は文章の中で説明をしてくれている問題がほとんどである。化学の基礎知識を持ち、きちんとした思考力が鍛えられていれば、あとは時間との勝負にもっていけるだろう。典型問題や知識的な部分で考えている時間はない。日頃から典型問題については問題を見た瞬間に解法が思いつくくらいの学習量が必要である。

生物

出題

分析

傾向

大問4題となっているが、中が分かれているので実質は7問構成となっている。1題は呼吸と発酵に関する内容で、空所補充・バイオテクノロジー・実験考察が出された。1題は呼吸に関する計算問題が出された。1題は免疫に関する内容で、語句・細胞骨格・食作用・正誤問題・MHCの説明・クローン選択が出された。1題は感覚や学習に関する内容で、耳に関する語句と名称が出された。1題は学習に間する内容で、アメフラシの慣れに関する問題が出された。1題は植物の生態に関する内容で、被子植物の重複受精・名称が出された。1題は実験考察問題と正誤問題が出された。内容の細かい物が多く、図説等の細かい部分も覚えておく必要がある。

対策

教科書や参考書に記述が無い内容が聞かれている。図説や多くの書籍が出ているので読んでおく必要がある。また、生態系からの問題は過去の問題例を考えると頻出と思われる。生態系は範囲が広い上に、なかなか勉強しても理解が難しい範囲である。図解を利用して、グラフや表・形態を覚えるとともに、計算式なども覚えるようにしよう。遺伝との関係でハーディ・ワインベルグの法則を使う内容も多いので、計算方法は正確に覚えておこう。空所補充の場合は生物用語を正確に覚えておく必要がある。記述や考察問題が難しいので、語句で得点を落とすと命取りとなる。また、分子系統樹の問題も多くなっているので解いて理解しよう。

物理

出題

分析

傾向

大問3題で構成され、原子、波動、電磁気の融合問題が出題されている。1題目は前半が量子細線(細い領域)での電子の波動性で、後半が磁場内での電子の円運動となっている。2題目は細胞膜のイオンチャンネル(生物)を題材にした抵抗と電力の問題であり、3題目は光子気体の気体分子運動論が出題されている。電子の波動性、イオンチャンネルは見慣れない問題であるが題意を読み取り、誘導に乗れれば解ける問題である。光子気体は類題を解いていない受験生には厳しかっただろう。見慣れない問題こそ焦らずしっかり題意を読み取ることが必要であるが、時間にあまり余裕はないので手早く読み取る必要があり、合格点はあまり高くないだろう。 

対策

標準~難度の高い問題までを解いておこう。標準問題の中に難度の高い問題が含まれることもあるので、標準問題を数多く解くのは当然だが、難度の高い問題も解いておくことが必要である。近年見慣れない設定の問題が出題されるので、標準問題から一歩進んだ思考力を試すような問題も解いたほうが良い。一時期は易化していたが、’14の金属円柱でのはね返りなどは思考力を試すような問題であり、’16のマイクや中性子波、’17のイオンチャンネルなどの見慣れない問題も出題されている。難度は高くなくても計算に時間のかかる問題もあるので、解くスピードを上げておくことは必要であり、問題を解く順番や解く問題を絞ることも考えた方が良い。

東京慈恵会医科大学大学受験の最新総評

特に首都圏の受験生に人気が高い医学部であり、慶応に次ぐ人気・難易度を誇る。国公立医学部と併願する受験生も多く、200人前後の繰り上げ合格者を出す年もある。
入試問題はとりわけ数学と化学の難易度が高く、かなり高いレベルの問題演習をこなさなければ太刀打ちできない。2017から2次試験に小論文が導入され、面接もMMI形式に変更になったせいか、正規合格者の最低点が著しく下がり、繰上合格者も102名と少なかった。
募集形式は一般入試の1回のみであり、現役生・1浪生・2浪生で入学者の90%ほどを占める。(2016は95.5%)

◆英語
高レベルの語彙力が必須。和訳・英訳対策は特に念入りに
◆数学
上位私大レベルは全範囲を網羅。難関国立大レベルの問題も
◆化学
一筋縄ではいかない。論理的思考力を鍛える学習を
◆生物
各大問に記述があり、内容も細かい。
◆物理
標準問題も出題されるが、見慣れない問題も多く出題される!!

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京慈恵会医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

小論文

●考察力と論理展開力が求められる
●資料文型

年度 試験区分 内容 字数 時間
17 一般 資料文を読む。
①テーマをひとつ選ぶ。決めた理由を示す。 
②テーマに沿って論じる。
粘土作品を作るに当たり、質を評価するグループと、作品量を評価するグループに分けた結果、量で評価されたグループの方が、質の良いものができた。これは政治にも言えるといった文章。
1200字以上2400字以内 60分~120分

●傾向
久方ぶりに小論文が復活した。時間も文字数も、国・私大の他学部を含め異例の長さである。
 ’17における大学側の面接と小論文の説明では、自己(自分)と他者の関係という点が共通していた。小論文では、自分の考えを他者に分かりやすく伝える力、また「自分の知識を基にして状況理解、判断力を評価する」とあった。分かりやすい言葉で丁寧に書き、長い文章でも採点官が苦労せずに読めるものを目指そう。 
 そこで、実際の練習だが、獨協医大や北里大が90分である。北里大’17(1日目)は、問1が資料文のタイトル付け、問2が400字以内、問3が800字以内のため合計1200字になるので、手始めに取り組んでみてはどうか。次に、2日目の「医療の選択」や他年度(世界の医療制度、日本の医学教育、チーム医療など)を使い、120分にして、問1でつけたタイトルを意識しつつ、問2と問3を合体して2000字~2400字で論述する。また、本番では下書き用紙があっても、文章にすると写す時間が足りなくなるので、長い文章における論理展開を意識したメモ作成が鍵となる。練習時には、全体の展開を大きな4部構成の構想メモを作り、各部をさらに2~3段落に分け、論がぶれないようにする。書いたら先生に、資料文読解力・テーマに対する基礎知識・論理力を確認してもらうこと。
 かつて慈恵医大で、文化的な生活を手に入れた現代人の「自己家畜化現象」について出題されたことがあった。他校では河合雅雄(霊長類学者)の自己家畜化が出た。それは「野生のイノシシがブタに改良されて、寝場所と餌は確保できた。・・日本の園児は歩かなくなった。・・・・やがて殺される運命が待っている。」といった内容だった。どちらも、論述には、真摯な現状理解を基にした考察が必要だった。当時のアニメ「千と千尋の神隠し」で千尋の両親がブタになったシーンに自己家畜化を思わされた。小論文には、志望学部の基礎知識、専門家の調査研究や評論家の意見などが役に立つ。本年度に備え、現在の社会や医療における課題やニュースもチェックしておこう。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京慈恵会医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

面接

■所要時間
個人5分 テーマ別5分×4回
■面接の進行と質問内容
<個人>
・医師志望理由
・本学志望理由
・併願校について
・調査書の成績について
・部活動について
・浪人中はどうやって勉強していたか
・これからの時代に医師に求められること
<テーマ別>
・熱中症の年代別患者数グラフを見て、どのような問題が読み取れるか、またどのような対策が考えられるか。
・貧しい国の大統領が国民を救うために、特許を無視して薬を生産した。あなたは賛成か反対か、理由と共に論じる。
・女子児童の着替えなどの世話を男性保育士が手伝うことについてどう思うか。
・妊婦と胎児、どちらか一方しか助けられないならどちらを助けるか。
・「平均通勤時間と睡眠時間の関係(都道府県別)」のグラフを見て思ったこと、そこから読み取れることを述べる。
・「駅員がクレームを言ってきた乗客と口論になり線路に飛び降りた」という実際の新聞記事を読んで感じたことを述べる。

2017年度から個人とテーマ別(MMI)に変更された。ローテーション形式で行うため、どの部屋から始まるかはわからない。テーマ別の部屋では、受験生の回答に対して面接官がさらに深く突っ込んでくる場合もある。

面接官の人数:1名
受験生の人数:1名

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京慈恵会医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

合格請負人 田尻友久の最新分析-東京慈恵会医科大学編-

写真

分析結果

一般入試のみの入試だが、出題される問題の難易度は高く、最難関校ではあるが合格最低点は60%前後と低い。入試の難易度は、ここのところ慶応大学医学部との差がジリジリと狭まっているように感じる。面接は2017年度入試からグループが廃止され、MMIと呼ばれるテーマ別面接が導入された。また、小論文も復活したが、1200字以上と私立医学部ではかなりの分量を書かせるものであった。補欠には順位が付けられるが国公立大学との併願者が多いため、200人を超える繰り上げ合格が出る年もある。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲東京慈恵会医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。