自治医科大学

自治医科大学受験合格のための攻略ガイド

自治医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

自治医科大学

昭和47年 自治医科大学開学
昭和49年 附属病院開院
平成元年 附属大宮医療センター開院
平成14年 看護学部を開設
平成18年 とちぎ子ども医療センター開院
平成19年 附属大宮医療センターを附属さいたま医療センターに改称

開学年度
昭和47年
創設者
-
理事長
-
学長
永井 良三

学部所在地
〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1
交通手段
JR自治医大駅より徒歩15分
公式HP
http://www.jichi.ac.jp/


自治医科大学の特色

地域医療に貢献する総合医を養成するため、全国の都道府県の共同により、昭和47年に設立された大学である。
6年間の一貫したカリキュラムでは、総合医療に関連した教育が重視され、1年次から解剖学や基礎医学などを学ぶ。附属病院での早期体験実習や地域保健福祉実習などを通して、地域医療の現場を体験。
2年次では基礎医学の講義を受ける。
3年次には症状から疾病を考えるプログラムも実施され、より医療現場に即した知識を修得する。
他大学よりも早い4年次から2年間、BSL(臨床実習)が行われ、各診療科でより多くの経験を積むことが可能。
さらに、総合医療教育の総括と卒業後の地域医療実践の準備を兼ね、地域医療の現場で医師と行動を共にする実習も行う。

自治医科大学の項目別受験情報

入試日程・募集人数

試験区分
募集人員
出願期間
試験日
1次
2次
一般 123名 1/4(木)~1/17(水)17:00必着*1 1/22(月)
1/23(火)
2/1(木)

*1 1/16(火)消印有効

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲自治医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

入試情報

2017 2016 2015
一般 募集人員 123 123 123
志願者数 2,071 2,292 2,330
受験者数 2,035 2,258 2,294
一次合格者数 443 446 442
一次合格倍率 A/B 4.6 5.1 5.2
二次受験者数 438 429 421
正規合格者数 123 123 123
正規合格倍率 A/C 16.5 18.4 18.7
補欠候補者数 280 278 262
繰上合格者数
総合格者数 C+D
合格実質倍率 A/(C+D)
入学者数 123 123 123
合格最高点
合格最低点

*当校調べ

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲自治医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

繰上合格

第2次試験合格発表と同時に、補欠者も発表します。なお、補欠者は入学を許可されるとは限りません。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲自治医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

志願者数推移

男女比

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲自治医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

現浪比

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲自治医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

医師国家試験合格状況

教授出身大学比率

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲自治医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

学納金

1年次 入学金 1,000,000
授業料 1,800,000
施設設備費 1,300,000
教育充実費 0
実験実習費 500,000
初年度納入金総額 4,600,000
入学時最低納入金 0
2年次以降の年額 3,600,000
6年間の総額 22,600,000

*1年次には上記の他に、修学資金貸与制度の一部として入学時学業準備費40万円が含まれる。また、それらすべてを含む6年間の総額はすべて入学者全員に対して貸与する。卒業後、出身都道府県知事の指定する公立病院等で一定期間、勤務することにより返還が免除される。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲自治医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

寄付金・学債

なし

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲自治医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

自治医科大学 受験科目の最新出題傾向分析

自治医科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

出題

分析

傾向

60分で大問3題。全てマーク式で、大問はいずれも読解問題で500~700語程度の長文。小問全25問の中には空所補充や語句整序など文法力を問うものも含まれる。’16は出題されなかった発音・アクセント問題も、’17は復活した。英文のテーマは、医療に関するものは長らく出題されておらず、人文系や社会科学系のものがよく出題されている。普段、医学部の長文対策をしている受験生にとっては、逆に読みにくく感じられるかもしれない。文章の主題や下線部の主旨を問う問題も毎年出題され、本文の論理展開を掴んだ上での要約力が必要とされる。内容把握に関する問題では、紛らわしい選択肢が含まれることも多く、難易度はやや高めである。

対策

60分で3題の長文を処理しなければならず、高い集中力とそれを支える読解力が不可欠である。文構造や品詞の正しい理解を身に付け、文構造を意識することなく自然な速度で本文の内容を把握できるレベルの読解力を目指すこと。試験時間に対する英文量や問題数を考えると、本文を何度も読み返す時間はなく、空所補充や同意語句問題は長文を読みながら解き進めたい。本文の文章構造は極端に難解とは言えないが、普段読み慣れた医系や理系以外のテーマが多く出題されることに注意。難関大文系学部の過去問等を活用して、読解力の養成と語彙力の強化を図りたい。その際に本文の要旨を書く習慣を身につければ、主題選択問題などで効果を発揮するだろう。

数学

出題

分析

傾向

’14から出題範囲が数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲに広がったが、出題範囲から基本問題~典型問題が万遍なく出されているのは変わっていない。問題にオリジナリティはほとんどなく、どれもどこかの問題集に載ってそうな問題。教科書の例題・章末問題や教科書傍用問題集、基礎レベル問題集からそのままもってきたような基本・典型問題を中心に一問一答形式で大量に出されているが、中には上位大学向け問題集に載っているようなテクニックを知らないと時間がかかってしまう問題や、計算などにやや時間のかかってしまいそうな問題も混ざっており、’15からはそのような問題の割合が増えてきている。制限時間内に全問を解ききるのは難しいと思われる。

対策

他の医学部の入試とは違い、教科書レベルや中堅~上位私大向け問題集レベルの典型問題を中心に一問一答の選択形式が全範囲から大量に出されている。基礎レベル問題集に載っているような問題はどの単元でも速く正確に解けるように練習を。大量の問題の中には上手く解かないと時間がかかってしまう問題が混ざっていることが多く、’15から’17にかけて上位私大受験者向けのテクニックを要求する問題、誘導があれば易しいが誘導なしだと難しいと思われる問題、時間がかかりそうな問題の割合が増えてきている。本番ではそのような問題は後回しにし、解ける問題からどんどん解いていこう。過去問を通して時間配分や問題の取捨選択に慣れておこう。

化学

出題

分析

傾向

例年、小問25問から問題が構成され、出題内容は化学全般の多岐にわたった内容であり、ほとんど全ての範囲から出題される(’17では合成高分子化合物や天然高分子化合物に関する問題が比較的多かった)。問題ひとつひとつは基本~標準問題のみであるためそれほど難しくないが理科2科目で80分となっており、時間のわりには問題数がやや多い。’17で出題された数値計算は、気体、油脂、天然高分子が各1題、合成高分子が2題と計5題であった。いずれも標準的であるが、高分子分野については計算を含め理解をしておくとよい。問題数が多いため本番ではスピードが要求される。要領よく計算をする学習をしておきたい。

対策

例年と同様の出題傾向が続いている。今後もこの傾向が変わらないと思われる。ほとんどが基本から標準問題であるため、教科書レベルから入試の標準問題までをしっかりと学習し終えている必要がある。また、正しい計算式を時間をかけずに立てることができ、ミスのないように要領よく計算をする力が必要だろう。また、問題量がやや多く時間の制限もあるため、高い計算能力が必要。長い問題文を読み取り内容を理解して解答を作る・・・というような練習は必要ない。問題集の標準問題を早く正確に解けるようになっておくことが対策となるだろう。

生物

出題

分析

傾向

小問25問の構成となっている。細胞小器官、細胞周期、ミクロメオターの計算、フレームシフト、バイオーム、食物連鎖、インスリン、総合、抗体の可変性原理、葉緑体、ヌクレオチドの構造、トリプトファンオペロン、遺伝子組み換え、配偶子形成と受精、ゲノムの組み合わせ、発生、神経系、筋収縮、動物の行動、生存曲線、エネルギーピラミッド、実験考察、分子系統樹、分類が出された。計算問題と実験考察問題も有るが、一般的な内容と計算が多いので、時間的には余裕の有る内容になっている。その為、高得点の争いとなったと思われるので、ケアレスミスは命取りである。

対策

特別に難しい内容が出されることはない。よって、高得点を取らなければ合格はできない。また、生態系からの出題は例年無いが、出題範囲が変わった’14から出題された。問題は基礎・基本的な内容がほとんどであるが、正誤問題なので、選択肢の内容が分かりにくい。何気なく読んでしまうとすべてが正解、または間違っているように感じられる。選択肢を読む前に、自分の答えを完成させておく必要がある。逆に消去法によって残す方法も必要である。そのためにも、生物の正確な知識を全範囲において覚えよう。また、同じ言葉が他の分野で使われていないかなど、関連させて覚える練習も必要である。センター試験の過去問などで、問題に慣れておく必要がある。

物理

出題

分析

傾向

小問25問で構成され、力学と原子、電磁気、波動と熱力学の順に多く出題されている。内容は電熱器、箔検電器と光電効果、2つの点電荷による電場、ダイオード回路、電気振動、回転翼の電磁誘導、X線の振動数、電子波の波長、ニホニウム、放射性同位元素による年代測定、ブラッグ反射、散乱、定常波、反射音を聞く時間、気体分子と温度、気体の内部エネルギー、連結容器内の気体の状態変化、氷の融解、花火の最高点、花火とドップラー効果、棒のつり合い、滑らかな斜面との弾性衝突、向心力、楕円運動、3つの物体による運動方程式が出題されている。基本的な問題が中心とはいえ、40分で25問を解くので、時間にあまり余裕はないだろう。

対策

基本問題を中心に標準的な問題まで解いておくこと。自治医科大学の特徴は、難度の高い問題が出題されず、生活の中のちょっとした物理現象に目を向けた内容が知識問題として出題されることもある点である。最近の教科書にはそのことに関する記述があるので、一度教科書に丁寧に目を通しておくと良い。小問25問は手早く解いていかなくてはならないので、日頃からケアレスミスをせずにスピードを持って解くように心掛けておくことも大切であるが、問題の難度がばらついているので、解き易い問題から解くことも考えたほうが良い。出題範囲は’15から原子を含む全分野となっているので、過去問を研究するときは注意が必要である。

自治医科大学大学受験の最新総評

へき地・離島など地域医療に従事する医師の養成を目的に設立され、都道府県単位で2~3名(栃木県は地域枠を含め5~6名)の合格者が選抜される。

入試に関しては都道府県によって志願者数に差があるので、どこの都道府県で受験するかによって若干難易度に差はあるが、概ね私立医学部の中では難関とされるレベルである。

問題は全問マーク式で、英語は長文3題、数学と理科は小問25問が出題される。時間にあまり余裕がない中で要領よく問題を解く練習をしておく必要がある。

◆英語
読解力重視。高い集中力とそれを支える確かな読解力が必要
◆数学
基礎問題が大量に出されるが、上位私大レベル問題も混ざっている
◆化学
小問集合が25問。スピードと正確性が求められる
◆生物
標準的な問題が多く、時間的にも余裕があるので確実に解こう。
◆物理
'18も全分野からの出題が予想されるので、準備をしておこう!!

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲自治医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

小論文

●医学・医療に対する真摯で冷静な姿勢が求められる

●資料文型
●絵・写真型

年度 試験区分 内容 字数 時間
17 一般 出題文1 寺田寅彦『寺田寅彦随筆集 第四巻 小宮豊隆編』より、内容をまとめ、賛否を書き、「科学論文」以外の文章についての考えを書く。
出題文2 松尾豊『人工知能は人間を超えるか~ディープラーニングの先にあるもの~』より、人工知能の発達による医師の役割の変化の有無について考えを述べる。
400~500字×2 90分
16 一般 出題文1 吉村昭『その人の思い出』 「文学者」の「死」は一般の人とは異なるという考えに同意する、しないを述べた上で「医者」の「死」について述べる。
出題文2 藤原てい『流れる星は生きている』 文中の「血清を注射してくれた」医師を自分としてその日の日記を書く。
400~500字×2 90分
15 一般 出題文1 河合隼雄『こころの最終講義』 本文中のエゴ・アイデンティを踏まえ、その確立の必要性について賛否も含め、自分は確立しているかについても考える。
出題文2 Luke Fildes卿の絵『The Doctor』 絵の内容について友人に電話で説明する。また、自分が絵の中の医師なら、両親にどう語りかけるかを述べる。
400~500字×2 90分

●傾向
例年、大問が2題。’15の1題以外は毎年資料文型2題で、各400字~500字。資料文はA4で2~3枚程度だが、まれに5枚あるが内容はわかりやすい。’15の絵・写真型も含め、時代や社会を超えた患者の気持ちや医師の在るべき姿が問われる。
’17の1は、長く出題されて来た寺田寅彦(物理学者・随筆家。夏目漱石の弟子)。今回は、内容を短くまとめたうえで意見を述べる。1問400~500字で2つのテーマを求められることがあるので、実際に書いて感覚をつかんでおきたい。2は、人工知能に関する文章を読んで、医師の役割の変化について述べる。現在日本でも、人工知能に診断させて治療に生かす研究や、人工知能を組み込んだ治療用ロボットの開発が行われている。AIやロボットをいかして、患者のためのよりよい医療を実施する立場は書きやすい。’16の吉村は06年、がん闘病中、自宅にて自分で点滴を外す。この壮絶な死は尊厳死なのかという議論を呼んだ。藤原も作家。終戦直後、夫は抑留され、3人の幼児(文中の正彦とは’13出題の藤原正彦)を連れて日本に引き揚げる時、ジフテリアに罹った長男に、月収3000円の医師が、1000円の血清を自腹で打ってくれた。その医師の日記を書くのだから、自分の医師像が試される。’15の河合隼雄は頻出の心理学者。「中略」の前後に着目しながら読むのがコツ。2の絵は、良医の育成を理念とする金沢医大のパンフレットにも使用されていた「The Doctor」1981年作。「一晩看病して、夜明けを迎えた情景である」という説明等も参考にして、これまた医師像が試される。2問セットで時間内に解く練習をしておきたい。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲自治医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

面接

■所要時間
1次個人15分 2次個人10~15分・グループ討論40分
■面接の進行と質問内容
【面接前にアンケート記入あり】
中学・高校の部活動、生徒会・委員会活動、好きな本、ボランティア活動、併願校、
高校生活の思い出、自己アピールなど
【面接の質問内容】
<個人>
・医師志望理由
・本学志望理由
・本学の理念について
・義務年限(9年)について
・併願校について
・僻地医療、地域医療について
・グループ討論の出来、感想
・高校生活、部活動について
・何科に進みたいか
<2次グループ討論> 以下のようなテーマより1つ選択
・医療費の増大について
・研究者の不正について
・医師不足について
・医師として患者の家族から延命治療中止を要請された場合

1次は県庁職員、2次は自治医大の教官が担当する。僻地医療についての考えは当然ながらしっかり準備しておきたい。グループ討論は1つのテーマを選んで話し合い、グループで結論を出す。

面接官の人数:1次個人6~8名 2次個人3名 2次グループ討論3名
受験生の人数:1次・2次個人1名 2次グループ討論6~8名

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲自治医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

合格請負人 田尻友久の最新分析-自治医科大学編-

写真

分析結果

へき地などの、医師が十分ではなく医療に恵まれない地域の医師を確保することを目的に設立された大学で、当然その趣旨を理解した受験生が求められている。入学定員は都道府県ごとに分かれており一様ではなく、都道府県ごとに合否の判定は異なる。都道府県ごとの入試であるから出願も自治医科大学ではなく、各都道府県の担当部署に出願することになる。

卒業後、通常9年間は指定地域・医療機関での勤務が義務付けられていたり、全寮制であったりと制約も多いが地域医療を担う人材の育成に社会の期待も大きい。2012年度から補欠候補者を発表するようになったが、繰り上げ合格者数の公表はしていない。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲自治医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。