愛知医科大学

愛知医科大学受験合格のための攻略ガイド

愛知医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

愛知医科大学

昭和47年 愛知医科大学開学
昭和54年 附属病院救命救急センター開設
平成12年 看護学部を開設
平成16年 医学教育センターを設置
平成26年 附属病院新病棟開院

開学年度
昭和47年
学祖
-
理事長
-
学長
佐藤 啓二

学部所在地
〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1-1
交通手段
地下鉄東山線藤が丘駅より名鉄バス約15分
公式HP
http://www.aichi-med-u.ac.jp/


愛知医科大学の特色

現代社会は、医学の研究に豊かな思考力と創造性を発揮し、常に医学の進歩に対応しつつ、高度の知識・技術を身につけることのできる医師又は医学者を求めています。愛知医科大学医学部では、これらの要請に的確に対応するため、三つの教育目標を掲げています。
① 医学・医療の様々な分野に共通して必要な基本的知識、技術および態度・習慣を身につけ、生涯にわたる学習の基礎をつくります。
② 自主性・創造性を身につけ、問題解決能力を高めます。そして、医学の進歩と、医療をめぐる社会情勢の変化に対応できる能力を養います。
③ 医療を、予防・診療・治療からリハビリテーションまでの総合的なものとしてとらえ、自然科学のみならず、疾病の背景にある精神的・社会的諸問題と関係づけて考える力を伸ばします。
これらの目標に沿った教育の実践のために6年間一貫教育型カリキュラムを編成しています。

愛知医科大学の項目別受験情報

入試日程・募集人数

試験区分
募集人員
出願期間
試験日
1次
2次
推薦
約25名 *1
11/1(水)~11/10(金)消印有効 11/18(土) -
地域枠A方式
約5名 *2
一般 約65名 12/11(月)~1/11(木)消印有効 1/23(火) 2/1(木)
2/2(金)
*3
セ試利用
約15名
12/11(月)~1/12(金)消印有効 1/13(土)
1/14(日)
2/15(木)
地域枠B方式
(セ試利用)
約5名 *2
2/16(金)~2/27(火)消印有効 1/13(土)
1/14(日)
3/9(金)

*1 国際バカロレア入学若干名を含む
*2 A方式・B方式合わせて10名を選抜
*3 出願時に希望日選択

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲愛知医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

入試情報

2017 2016 2015
一般 募集人員 65 65 65
志願者数 2,133 2,186 2,209
受験者数 2,000 2,121 2,129
一次合格者数 415 424 423
一次合格倍率 A/B 4.8 5.0 5.0
二次受験者数 390 401 413
正規合格者数 146 149 139
正規合格倍率 A/C 13.7 14.2 15.3
補欠候補者数 1次:98 2次:141 1次:93 2次:159 1次:100 2次:172
繰上合格者数 66 175 92
総合格者数 C+D 212 324 231
合格実質倍率 A/(C+D) 9.4 6.5 9.2
入学者数 65 63 65
合格最高点 420(500) 411(500) 452(500)
合格最低点 285(500) 260(500) 303(500)
セ試利用 募集人員 15 15 15
志願者数 788 659 700
受験者数 778 651 691
一次合格者数 274 253 240
一次合格倍率 A/B 2.8 2.6 2.9
二次受験者数 132 128 124
正規合格者数 31 29 30
正規合格倍率 A/C 25.1 22.4 23.0
補欠候補者数 1次:45 2次:56 1次:61 2次:38 1次:51 2次:35
繰上合格者数 21 25 28
総合格者数 C+D 52 54 58
合格実質倍率 A/(C+D) 15.0 12.1 11.9
入学者数 16 17 16
合格最高点
合格最低点
公募推薦 募集人員 25 25 25
志願者数 129 83 103
受験者数 122 82 100
合格者数 25 25 25
実質倍率 E/F 4.9 3.3 4.0
入学者数 24 25 24
合格最高点
合格最低点

※1 2015の一般の募集人員には学士編入若干名を含む
(注)合格最高点・最低点は正規および繰上合格者を対象

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲愛知医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

繰上合格

合格者発表と同時に補欠者を発表し、募集人員に欠員を生じたときは、補欠者のうちから繰上合格者を決定し、随時連絡します。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲愛知医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

志願者数推移

男女比

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲愛知医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

現浪比

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲愛知医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

医師国家試験合格状況

教授出身大学比率

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲愛知医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

学納金

1年次 入学金 1,500,000
授業料 3,000,000
施設設備費 1,000,000
教育充実費 2,700,000
実験実習費 0
初年度納入金総額 8,200,000
入学時最低納入金 6,200,000
2年次以降の年額 5,200,000
6年間の総額 34,200,000

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲愛知医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

寄付金・学債

教育・研究の施設・設備等の充実のため、別に定める募集趣意書により、入学後に大学債及び寄附金を募集します。任意ではありますが、是非ご協力をお願いします。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲愛知医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

愛知医科大学 受験科目の最新出題傾向分析

愛知医科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

出題

分析

傾向

80分で大問7題。大問数は8題(’14)→7題(’15)→6題(’16)→7題(’17)と年度によって増減があり、解答形式も’17に全てマーク式へと変更された。ただし、短文完成や語句整序、読解問題では空所補充や内容真偽など、出題内容に大きな変化はない。[1]は、’16に引き続き会話文形式となっており、文法だけでなく口語表現の知識も問われる。読解問題は’16の2題から3題へと増加したが、その内の2題が問題用紙(B4判)半分ほどの長さである。出題内容は空所補充や内容真偽、文中語句整序が主であり、読解力というよりも文法や語彙力を問われる設問も多い。とはいえ、試験時間に対して決して少なくない問題数なので的確な時間配分を心掛けたい。

対策

読解問題では空所補充の割合が高く、語彙力とともに、品詞や文構造を正しく把握する力が必要。’17には’selfie’に関する英文が出題されており、医学系に関わらず時事ネタを含めた幅広いテーマの英文に慣れ親しむと同時に、精読力を鍛えたい。[1]の会話文形式での短文完成問題は今後も続くと思われるので、頻出の口語表現はしっかりと頭に入れておくこと。語句整序では、同形式の福岡大学の過去問をやっておくとよい。また、記述式ではなくなったものの、短文空所補充問題では単語の綴りを正しく記憶していないと答えられない。難易度の高い単語は出題されないので、基本単語は派生語を含めて正確に書けるようにしておくこと。

数学

出題

分析

傾向

80分で記述の大問が4~5題。最近は後半で上位国公立大以上のレベルの典型問題も出されるようになってきており、’16は[1]から上位国公立大で出されそうな大問が続き、’17は[1]の小問集と[2]は上位私大レベルで[2]は小問1問分のボリューム、[3]の確率は証明も入り上位国公立大以上レベルでやや考えさせられ、[4]は上位私大レベル。頻出単元は微分・積分、数列、場合の数・確率、ベクトルなど。’16は複素数平面の問題も出された。’16に微分・積分の問題はなかったものの、微分・積分と場合の数・確率は’15まで毎年出されており、’17も[3]が確率で[4]は積分。複数の単元が絡んだ問題も目立つ。

対策

以前は上位私大レベル典型問題の解法を身につけその場で考えれば解ける問題が中心となっていたが、最近は上位国公立大レベルの問題もよく出されている。’16はやや難化し上位国公立大レベル中心で、’17は4題中3題は上位私大レベルで[3]のみやや考えさせられるが知識そのものは上位私大レベルで対応できる問題であった。証明問題も出され、典型問題そのままではなくその場で考えさせる要素が入っている問題も目立つ。まず上位私大レベルについてはどの単元も典型問題の解法はしっかり身につけ、その上で、特に確率や微分・積分などの頻出単元については上位国公立大レベルの問題や総合的な問題を解いて応用力・実戦力をつけておこう。

化学

出題

分析

傾向

例年大問4題からの出題が続いており、無機化学や天然物化学に関係する問題が多く出題されている傾向にある。’17では[1]で気体の法則、蒸気圧、ヘンリーの法則、電離平衡に関する総合問題、[2]では17族元素の性質、フッ化水素に関する反応速度論と結合エネルギーに関する総合問題、[3]ではC9で不飽和数が2のエステル構造推定問題、[4]では例年天然化物や高分子の問題の出題が続いていたが、’17でも同様に、天然、合成高分子の性質と重合度計算を含む計算問題が出題された。一つ一つの問題は定番問題と見ることができるが、各分野のつながりを意識した出題であるため、化学に関する見識の高さを問われている。穴埋め問題の数も例年かなり多いので化学の知識を確実に身につける学習も必要となる。

対策

例年、ほとんどの問題がやや高度な受験の定番問題で構成されている。分野を超えた総合問題が出題されているため、分野別に学習していたのでは太刀打ちできない。仮に問題文を読めたとしても、時間制限で解ききれず、合格点には至らないだろう。受験用の問題集や予備校のテキストなどで入試の頻出問題を繰り返し学習し、国公立などによく出題される分野をまたぐ総合問題の練習が必須である。また化学現象を分野別に点でとらえるのではなく、線や面あるいは立体としてとらえる多角的なものの見方を養う必要がある。丸暗記に頼った公式当てはめ型の勉強では合格はつかめない。

生物

出題

分析

傾向

大問3題となっている。1題は遺伝情報とタンパク質に関する内容で、セントラルドグマ・スニップ・スプライシング・エキソサイトーシス・バイオテクノロジー・PCR法が出された。1題は発生に関する内容で、無性生殖と有性生殖の違い・DNA量・ウニの精子・多精拒否・受精膜形成・ES細胞を英語表記で・卵割・ES細胞とiPS細胞の比較が出された。1題は遺伝の問題で、赤緑色盲に関する家系図を使った問題・視細胞に関するグラフ問題が出された。問題の量は少ないが、内容が細かく、グラフを選ぶだけではなく書く事も要求される。また、ES細胞を英語で書かされる等、語句に関しても深く覚えておく必要がある。

対策

実験問題と語句が基本と考えてよい。そのため、問題集の実験問題を多く解くことを勧める。一般に、私立大学は実験問題が少ないので、国公立の二次試験の問題を解くと良い。また、計算問題も同様に国公立の問題が良い練習になると思う。同時に、図説を注意して読むことが必要である。図説には多くの実験例題とグラフや解説が載っているので、隅々まで読んでおくと、実験の内容やグラフの読み方が分かってくる。また、図やグラフを覚えておけば、試験問題に同様の内容が出る場合も多く、楽に解くことができるようになる。語句の確認は必要であるが、計算力も身につけ、基本的な計算問題はミスしないようにしよう。また、英語でも覚えよう。

物理

出題

分析

傾向

大問3題で構成され、力学、波動、原子からの出題である。力学は斜面上でゴムひもに吊るされた小物体の運動で、単振動ではなく力学的エネルギー保存の法則と運動方程式で考える問題である。波動は弦の振動で、共鳴やうなりの問題も含まれている。原子は前半が正の点電荷の周りをまわる負の点電荷の円運動を考える問題となっているが、後半は量子力学で考えるので、原子核と電子の名前こそ出てこないが、実質的には水素原子模型での電子の軌道半径やエネルギー準位の内容となっている。基本~標準問題が出題され、典型的な内容となっているのが、力学での速さと加速度は勘違いが多いので慎重さが必要となる。手早く解けば、解き終えることはできる。

対策

基本~やや難度の高い問題をしっかり解いておくこと。’06、’07は難度の高い問題はなく、’05よりも易しくなっていたが、’08、’09は難度の高い問題はないものの’07より若干難度が上がり、’10~’13はやや易化した。’14は難度が’13より上がり、’15、’16は’14より下がったが、’17はより下がっている。見慣れない問題も出題されるが、基本的な知識や法則は変わらないので、焦らず問題の内容を把握し、誘導に乗れることが重要である。そのためには日頃から単に問題を解くだけではなく、内容を把握し、考える習慣をつけておくことが大切である。熱力学の出題はしばらくないが、準備をしておくことを勧める。

愛知医科大学大学受験の最新総評

一般入試は英語150点、数学150点、理科2科目200点と、英語・数学の配点が高いのが特徴。
2016から英語、数学の試験時間が100分から80分になり、2017は英語が全問マーク式となった。2018は理科の試験時間が120分から100分に短縮される。
記述式の数学をはじめとして私立医学部の中では歯ごたえのある問題が並んでおり、合格最低点は例年5割~6割台である。
補欠は1次補欠と2次補欠に分かれ、1次補欠者には順位がつく。

◆英語
出題傾向はやや流動的。幅広いテーマの英文に触れ、会話文対策も忘れずに
◆数学
上位国公立大レベルまでしっかりと。証明問題も出される
◆化学
大問それぞれがテーマ別総合問題。現象の化学的理解が重要
◆生物
記述と計算問題が増え、考察も多いので時間がかかる
◆物理
難度の高い問題が出題されることもある、しっかり準備しよう!!

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲愛知医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

小論文

●構想を練る力が求められる
●テーマ型
●絵・写真型

年度 試験区分 内容 字数 時間
17 一般 (1日目) インターネットサイトで見つけた相談への答え。
「医学部浪人生。自身の心の病気をきっかけに医者を目指し、精神科医志望。ただ、死への恐怖心が強く、解剖や患者さんへのかかわりが不安。恐怖心の軽減はできるか」
といった内容。
600字 60分
一般 (2日目) 最初と最後の1文ずつ
(自分は人に本当の気持ちをいわない子どもだった。なぜなら・・・・・・・今でも本当の気持ちを言わない。)
が示されており、2文目の「なぜなら」に続くところから、物語の主人公の立場で書く。
600字
16 一般 (1日目) 判じ絵をみて問いに答える。
問1. 絵が何を示しているか推測と理由を書く。
問2. 絵中の2つの素材を用いて「人を愛するということはどういうことか」を書く。
100字/500字600字 60分
一般 (2日目) 「戦争と平和」というテーマで考えをまとめる。
15 一般 (1日目) 「顔」というテーマで述べよ。 600字 60分
一般 (2日目) 「人と人が関わることのリスク」というテーマで述べよ。

●傾向
’16の1日目に「江戸の判じ絵」が出題された以外はテーマ型である。ただし、’17は一行ではなく、’14及び’12以前と同じく長めのテーマ型に戻った。かなりユニークな問題なので、是非チェックしてみてほしい。
 ’17の1日目は、医学部受験生の相談に答えるという形になっている。同じ医学部志望でも自分とは全く違う種類の人間だと思うかもしれない。だが将来、患者さんや、知り合いのお子さんに、このような相談を受けた時、あなたはどう答えるだろうか。たとえば’14は、「結婚を考えてお付き合いをしている彼または彼女がいます。けれども3か月前に他の人が好きになってしまいました。別れの手紙を書いてください」というものだった。これは、自分が言いにくいことをどう書くかではなく、余命告知など辛い説明を聞く患者の身になって書けるかではないか。2日目は逆にあなたが試されているような課題である。慎重に書こう。’16の1日目は江戸の判じ絵で、受験中に分かる者はまずいないので、問1は蜘蛛の巣と尖った2本の物から自分で何かを類推する。問2はそれら「2つの素材を用いて」書くという条件だけは見落とさないこと。’15は平凡に良識の範囲で書けばよいだろう。
 短いテーマ型の場合はじっくり構想を練り、分かりやすい構成を心がける。長い場合は設問要求をきちんと把握すること。テーマ型は昭和大や杏林大、近畿大、関西医大、絵・写真型は東海大、順天堂大がある。’14以前には、今回の1日目と似ている課題が出題されており、多く書きたい場合は日本医大にも似ているものがあるので練習の参考にしてみよう。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲愛知医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

面接

■所要時間
個人20~30分
■面接の進行と質問内容
・医師志望理由
・本学志望理由
・併願校について
・友人について詳しく説明する
・相手と意見がぶつかったらどうするか
・リーダータイプか黙って従うタイプか
・他の受験生に負けていないと思うところ
・人間関係で辛かったことはあるか
・家族の中で誰と仲が良いか
・1ヶ月休みを与えられたら何をするか
・趣味について
・自分を漢字一文字で表す
・どんな医師になりたいか
・医師になる上での長所と短所3つずつ
・医師に向いていないと思う点
・今の日本は障がい者差別があると思うか
・写真や絵を見せられて考えを述べる

私立医学部の中では厳しい面接が行われる。1つの質問に対し細かく突っ込んでくるが、変に策を弄することは避けたい。態度の良くない面接官がいることもあるので、そのつもりで臨むこと。特にコミュニケーション能力を見ているので、質問をよく理解した上で答えたい。

面接官の人数:3名
受験生の人数:1名

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲愛知医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

田尻学院長の最新分析-愛知医科大学編-

写真

分析結果

2014年5月に地上14階建ての新病院が完成した。良き人材を入学させたいという意識が強く、推薦入試・一般入試ともに面接に非常に時間をかけている。面接は推薦も一般も、私立医学部で最も厳しい面接が行われる。その場で資料を渡されたり、圧迫面接が行われたりと面接を甘く見ていると太刀打ちできない。愛知医科大学の面接のやり方でぜひ何度か練習をしておきたい。2016年度入試は久しぶりに1次補欠が全員繰り上げ合格になり、2次補欠まで回った。

◀私立医学部受験・入試情報・最新攻略法トップページへ ▲愛知医科大学 受験攻略ガイド | トップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。