東北医科薬科大学 医学部入試対策 | 難易度・倍率・合格最低点・試験

東北医科薬科大学受験合格のための攻略ガイド
医学部受験合格必勝のための受験情報・対策ガイド

東北医科薬科大学

東北医科薬科大学の項目別受験情報

入試日程・募集人数

入試情報

繰上合格

二次試験合格者以外の二次試験受験者は繰上げ合格対象者となります。欠員が生じた場合、繰上げ合格対象者の中から成績順位と希望枠・方式に従って繰上げ合格を順次実施します。また既に合格し、入学手続きを完了している場合も、欠員状況に応じて上位の希望枠・方式へ自動的に繰上げを行います。(この際、いかなる理由があってもその時点で合格(手続)している枠・方式に留まることは出来ません。)

2021年度入学者男女比

2021年度現浪比(入学者)

2021年度現浪比(合格者)

医師国家試験合格状況

教授出身大学比率

学納金

寄付金・学債

入学後に、教育研究の質的向上と維持及び施設設備等教育研究環境の充実のため教育研究協力資金を募集します。この募集は任意に協賛をお願いするものであり、入学の条件とするものではありません。

東北医科薬科大学の受験科目の最新出題傾向分析

東北医科薬科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!
(赤丸)=大問/(青丸)=小問

  • 英語出題

  • 英語分析

  • 標準

    同傾向・内容の出題、数少ない過去問全てこなして解答のコツ掴め

  • 英語傾向

    70分、大問5題、オールマーク式で、長文2+文法・語法問題が3の構成は変わらずだが、短文完成(10問)、語句整序(5問、不要語含む)の他、同意語句選択に代わり2つの文の意味が同じになるような1語を選択するものが5問出された。文法関連3題の中では、短文完成が意外にもイディオムや文意をきちんと汲む必要があるものが多く全問正解は難しかったかもしれない。長文は、筆者が農作物を自分で育てることに惹かれる理由の分析と人が移動する際に脳のどの部分が働いているかを述べるもの。長文の問いは例年同様で、内容真偽、空所語句補充、同意語選択、下線部の和訳文選択、脱文挿入、表題選択など。英文中の下線部和訳選択は、選択肢を見る前に意味内容を細かく吟味、整理してから選ぶようにしたい。
  • 英語対策

    出題傾向や内容は概ね開学当初よりほぼ同じと言えるが、文法問題では多少の変更はある前提で対策しておくべきだろう。数が少ないためこれまでの全ての過去問にあたるのは負担ではないはずなので、全てにあたっておくことが望ましい。文法・語法関連は概ね標準的ではあるが、’20を見ると、短文完成では演習不足だと思わぬ失点を重ねてしまう可能性があるので、語彙力、特にイディオム力は充実させておきたい。文構造や意味の繋がりにも配慮が必要だ。長文問題は、長めの長文で、理科学系のややハイレベル寄りの英文で内容吟味中心の読解演習をしておきたい。獨協医科大や近畿大などの問題は演習材料として使えるだろう。特に後者は脳科学系の英文がよく見られ、’20で出題されたものとシンクロするところがあるので参考にするとよい。
  • 数学出題

  • 数学分析

  • 標準

    まず典型問題の解法をしっかり。上位国公立大レベルの応用力も

  • 数学傾向

    マーク式の大問3題。医学部初入試の’16は私大医学部の問題としてかなり易しめであったが、’17から難度が上がり、今は私大医学部の問題として標準的な難易度。’20はどの問題も上位私大~上位国公立大レベルの問題となっており、[1]は数学Ⅱの「微分」、[2]は数学Ⅲの「積分」の計算問題、[3]は「場合の数」で数え漏らしがないよう慎重に考えていく必要がある問題。’17以降はどの問題も解くための解法は上位私立~上位国公立大受験者向けの問題集などによく載っている問題だが、与えられた条件を読み取りその場で考えながら典型問題の解法を組み合わせて解く問題が多く、最近は上手く・手早く解くことも要求されている。
  • 数学対策

    初の医学部入試であった’16は易しかったが、翌年の’17には難易度が上がり、以降、難易度は若干上下しているものの落ち着いてきており、これから暫くは’17~’20の難易度と傾向が続く可能性が高いと思われる。’17以降の問題を見ると、上位私立大~上位国公立大受験者向けの問題集などによく載っている典型問題の解法・考え方をしっかり理解して身につけ、その上で、複数の知識の絡んだ問題を解く応用力もあることが要求されることも多い。まずは上位私立大受験者向け問題集などに載っている基本・典型問題は穴が残らないように一通りしっかりやって身につけ、その上で上位国公立受験者向けの問題集などで応用力をつけておこう。
  • 化学出題

  • 化学分析

  • やや難

    問題量はやや多い。細かい知識が必要な問題もある。

  • 化学傾向

    細かい知識内容までしっかりと学習することができているか?また、標準的な入試問題をしっかりと学習することができているかが勝負になる。この傾向は医学部開設時から変化していない。総問題数は25問。問題数は毎年若干の変動はあるがほぼ変わらない。計算問題の量がやや多く意外と解答することに時間がかかるかもしれない。’20の出題内容は、[1]で原子の構造と化学結合。放射性元素に関する問題も出題された。[2]は反応速度の問題。[3]は酸素元素を含む化合物の性質や気体の計算。化学平衡などに関する問題。[4]は芳香族化合物の反応経路。分配平衡の計算問題。高分子化合物の問題が出題された。いくつかの設問で深い知識が解答に必要。
  • 化学対策

    必要な知識量としては受験化学の範囲を逸脱することはないがしっかりと細かい部分の知識まで要求される。とりあえずは化学基礎、化学の2冊の教科書をかなりのレベルに仕上げることが必要となる。また、計算問題がやや多く出題されている傾向があるので受験の定番問題や標準問題、また近年の流行の題材に関する問題などは繰り返し間違えずに解答できるように訓練しておきたい。全体的に問題を見ると受験の定番問題、若干深い知識が求められる問題が繰り返されている。知識面では教科書の内容の習得をまず第一の目標にし、図説や参考書などで知識に厚みを持たせておきたい。また計算問題では受験用の問題集などを一冊以上しっかりと仕上げておきたい。
  • 生物出題

  • 生物分析

  • 標準

    大問3題のうち、2問は標準的であるが1問は相応の勉強が必要

  • 生物傾向

    ’17から大問3題になっている。第1問は遺伝と遺伝子に関する問題から、外来遺伝子の増幅効率を求める計算問題やグルコースの膜透過性に関する問題、遺伝子の変異に関する問題、X染色体不活性に関して遺伝子解析の問題が出題された。第1問には4つのテーマに関して出題されていた。いずれの問題も実験考察としてグラフの読み取りや関係式の利用、長い文章から必要な要素を抽出する問題など、問題を解くためには高い読解力が必要となる。第2問はヒラメ筋の伸張反射に関する問題、第3問は遺伝に関する問題から三点交雑と集団遺伝が出題された。第2問と第3問に関しては標準的な受験問題であり、素直に解くことができるだろう。
  • 生物対策

    分野が少ないので苦手な分野を作らないように注意を要する。特に’18の細胞接着だけの問題や’19のDNAの考察問題、’20での第1問の様に読解力と考察力を求められる問題が出題される。これに対する対策として、まず受験の標準問題をたくさん解き、実験のデータや考察の仕方を学び、次に難易度の高い考察問題をたくさん解き、読解力と考察力を鍛えていくことが必要である。国公立の実験考察問題や応用レベルの受験問題集を利用してほしいと思う。第2問や第3問のような標準的な問題は、第1問の対策をやっておけば問題ないだろう。ただし標準的だからこそミスは許されないので気を引き締めておいてほしい。
  • 物理出題

  • 物理分析

  • 標準

    難度の高い問題が出題される戻る可能性もあるので準備しよう!!

  • 物理傾向

    大問3題で構成され、力学、電磁気、熱力学が出題されている。力学は2つの物体のばねを介した衝突で、力学的エネルギー保存の法則と運動量保存の法則で解く問題となっている。電磁気は変圧器で、自己誘導と相互誘導から考えさせる問題となっている。熱力学はシリンダーとその両端に設置した2つのピストンによる理想気体の状態変化で、定圧変化、断熱変化、定積変化が含まれている。標準問題を中心に出題されているが、衝突では計算が面倒な問題があり、変圧器は実効値ではないため符号に注意が必要となり、気体の状態変化ではポアソンの式を上手く活用することが求められる。試験時間に対して問題が多いので、手早く計算することが大切である。
  • 物理対策

    ’16の入試開始から、徐々に難度が高くなっていたが、’20はやや難度は下がっている。出題範囲に入っていたが’16~’20では原子からの出題はなかった。’21では出題範囲から外されているので、注意しよう。標準問題を中心に出題されていたが、’18と’19では解き慣れない問題や難度の高い問題が出題されているので、しっかりとした対策も必要であると考えられ、やや難度の高い問題も解いておくことが必要である。しかし、典型的な標準問題をミスなく解き、得点を上げることも重要である。試験時間に対して問題数が多く、手早く解くことも要求されているので、日頃からなるベく短時間で解ける解法や知識を増やしておくことも必要になる。

小論文

●医学・医療、医師としての意識が求められる。 ●テーマ型


●傾向 医学部創設の’16から、小論文が課されて来た。テーマ型のため、設問要求に即した構想を練る練習と、知識や情報をつけるという2つの方向から対策をとりたい。後者は他大学の小論文や面接対策も兼ねている。’20は、今まですでに高齢化については出題されてきたが、「政策」ということを問われているので、「地域包括ケアシステム」をヒントに地域全体の中で医療はどうあるべきか、また高度急性期の病床問題、国民皆保険制度と高齢者の自己負担、遠隔診療などすでに実施されていることを基盤に意見を述べる。また、他者との関係性については、これは医療者間、患者・家族との関係、入学後の学生間など、自己の主体性を持ったうえでの協調性や連携について考えてみよう。安易な「チーム医療」という言葉ですませず、自己を軸にして書いてほしい。’19の「義務と権利」を書くにはインフォームドコンセントが便利である。患者にも義務はあるが、医師には病状、処置、病名、複数の治療法、予後、検査の目的と方法、薬の作用と副作用などの医療情報を説明する義務があること、また、治療をしなかったらどうなるかも説明すべきである点を押さえる。アメリカでは法的に医師の説明義務となっているが、日本は医療法の中に入っているので、インフォームドコンセントにおける医師の義務が曖昧である。また、日本では「説明と同意」と訳され、医師の分かりやすい説明や信頼関係の構築が中心になっているが、本来は患者の知る権利や自己決定権を尊重し、納得の上の治療法の選択を支えるべきである。1973年の全米医療協会の「患者の権利章典」も参考になる。’18は、加害者の人権にも配慮される現代において、被害者の人権、プライバシーをメディアがどう守るか、またメディアからどう守るか、そもそもなぜ両者の人権を守るべきなのか、よく論じられているテーマである。また、医療の現場においては、患者の人格・人権を守る意識が求められる。医療過誤にも通じる問題でもある。3~4段落構成の構想メモを作成してから論述するようにしたい。 4年間テーマ型だが、資料文型から知識を得ておくのもよい。医学・医療なら、例年北里大、聖マリアンナ医大、金沢医大、川崎医大(’19は研修医と模擬患者の医療面接だからインフォームドコンセントを考える足掛かりになる)、岩手医大の’20、’19.また昭和大、近畿大、関西医大はテーマ型だから練習用に取り組んでみよう。メルリックス配布の『医系小論文・面接用語集』で知識・情報を押さえておこう。

面接

■所要時間
個人15分
■面接の進行と質問内容
・医師志望理由
・東北の医療を活性化させるにはどうすればいいか
・東北の医療に医師としてどう貢献するか
・地域医療について何ができるか自己PR(2分間)
・ずっと東北で医療に携わる覚悟はあるか
・なぜ一般枠にしか出願していないのか
・高齢者に対してどのように接するか
・リーダーシップがあるか、また発揮した例について
・将来進みたい診療科
・10年後の自分について(医師としての将来像)

東北地方の地域医療に貢献することを目的として設立された医学部であり、東北の地域医療に貢献できるかは深く突っ込んで聞かれる。用意していないような質問もされるので落ち着いて答えたい。面接官は医学部と薬学部の教員が務める。

面接官の人数:2名
受験生の人数:1名

東北医科薬科大学 概要
開学年度 平成28年
創設者 高柳 義一
理事長 高柳 元明
学長 高柳 元明
学部所在地 〒981-8558 宮城県仙台市青葉区小松島4-4-1
交通手段 JR仙山線「東照宮駅」下車、徒歩15分 または、仙台市営バス「東北医科薬科大・東北高校前」下車、徒歩1分
URL http://www.tohoku-mpu.ac.jp/
東北医科薬科大学 特色
東北医科薬科大学医学部は2020年に開設5年目を迎えました。現代社会に求められる地域医療やチーム医療を学び、疾病の予防から複合的な疾患にも適切に対応できる総合的な診療能力を持って、地域医療に貢献する医師を養成します。 入学後に様々な医療現場を見学し医師としての倫理観・職業観を醸成する早期医療体験学習、2年次からの講義と滞在型学習を組み合わせた地域医療教育、長年の薬学教育の実績を活かした医薬融合の講義などが特長です。4年次後期からはじまる2年間の診療参加型臨床実習は、附属病院の全診療科と地域医療ネットワーク病院等で実施され、先進医療と地域医療をバランスよく学ぶことで総合診療能力と専門性の向上に努めます。 定員100名中55名を対象とする最大3,000万円貸与の修学資金制度を設けており、国公立大学と同程度の学費で医師の道を目指せます。全国どの居住地からでも志願でき、卒業後に医師として東北の医療機関に一定期間従事することで全額返還免除となります。
東北医科薬科大学 略歴
昭和14年 東北薬学専門学校を設立
昭和24年 東北薬科大学となる
昭和37年 大学院薬学研究科修士課程を設置
平成25年 東北薬科大学病院を開設
平成28年 医学部を設置 東北医科薬科大学に大学名称を変更
平成30年 福室キャンパスを開設
平成31年 新大学病院棟完成

合格請負人 田尻友久の最新分析

-東北医科薬科大学編-

「東北地方の地域医療を支える」ことを明確な使命として、2016年4月に全国で81番目の医学部として誕生した。 定員100名のうち修学資金枠が55名、一般枠が45名であり、すべての方式を併願することができる。 難易度は修学資金枠A方式が最も高く、次にB方式、一般枠の順である。 特に出身地による有利不利はないが、設立の趣旨をよく理解して東北地方の医療に貢献したいという思いを面接でアピールする必要がある。