私立医学部・歯学部予備校・塾のメルリックス学院

2021年度

東京慈恵会医科大学医学部医学科合格

  • 坂井 祐介さん東海高校

その他の合格校

  • 東京医科大学医学部医学科合格
  • 順天堂大学医学部医学科1次合格

「何事も中途半端にやらない」受験勉強も、サッカーも

メルリックスに
入学した理由

僕が通っていた高校は授業の進度が遅く、先取り学習をしたいと思って名古屋のメルリックスに入学しました。
高3の最初で化学はまだ有機が終わっておらず、物理は原子と熱力学が手つかずでした。
秋までに一通りの範囲を終わらせるために、メルリックスで個別指導を取り始めました。

自分はどちらかと言うと自習メインで、わからないところだけ聞けばいいという勉強スタイルでした。
なので、メルリックスの個別指導で先生にわからないところを質問できるスタイルは合っていました。
あと、ずっと同じ場所で勉強していると飽きてしまうので、通っていた駿台とメルリックスの自習室を上手く使い分けていました。


印象的な
エピソード

僕は東京に行きたいと思っていたので、私立は東京の医学部を何校か受けると決めていました。
国公立は一応、地方を受けようという話になりました。
自分ではあまり詳しく調べていなかったのですが、進路相談で6校ぐらいの名前を出したら、次の日に教務の下田さんが全部資料をそろえてくれていました。

最初は理科重視の広島大学に出願しようと思っていたのですが、コロナで変更になっていると下田さんが調べてくれて、別の大学に出願しました。
結局、東京医科大学に正規合格できたので、国公立は受けずに終わりました。

成績の変化


東京慈恵会医科大学は5割台を取れば合格できると思い、物理の問題が好きだったので物理で得点を稼ごうという作戦でした。
数学は本当に苦手だったのですが、英語と化学は平均より上ぐらいは取れるかなと思い、数学は2割でいいと割り切っていました。

物理は個別指導の他に、4~5人の集団授業で国公立型の思考力を必要とする問題を扱ってもらい、それがすごく役に立ちました。

思い出の
テキスト


コロナで高校が自粛期間中にかなり自分で勉強することができました。
化学の重要問題集は何周もやりました。
すべての問題を何周もやるわけではなく、簡単な問題は飛ばしてわからない問題だけを何度も解き直しました。
何度やってもミスをするので、どれだけミスをなくせるかが勝負だと思ってやっていました。

数学も物理もそうですが、立式の段階で意識していてもどうしてもミスが出てしまうので、体で覚えるぐらい何度も解くように心がけました。
高校の物理はパズルみたいで楽しかったですが、数学は最後まで楽しくなかったです(笑)

入試での
印象に残った
エピソード

私立医学部は順天堂大学、日本医科大学、東京医科大学、東京慈恵会医科大学に出願しました。
最初に結果が出たのは日医で、渋谷のメルリックスの自習室にいた時に、親から電話がかかってきました。
日医は数学ができなかったのですが、英語・物理・化学ができたので、1次は通るかなと思っていたので落ち込みました。

それから順天堂の1次発表があるまでの1週間は辛かったです。
順天堂は1次合格しましたが、1次試験で小論文があったので「小論文やっとけばよかったな」と思いました。

2月上旬からはずっと東京にいたので、東医と慈恵は渋谷本校で小論文の個別指導を受けました。
東医は正規合格、慈恵も早い補欠番号で繰り上げが回ってきました。

後輩への
メッセージ

高校の時、サッカー好きの友人たちと集まって、昼休みや授業後にサッカーをしていました。
受験生になったらさすがにやめるだろうと思っていたら、高3になっていっそう熱が入り、週に2~3回はやっていました。
先生方からも「こいつら落ちるだろうな」と思われていたと思います。

ところが実際に受験になると、たまにしかサッカーに来なかった友人たちが落ちて、1日も欠かさなかった僕たちの方が受かっていました。
その時に思ったことは「何事も中途半端にやらない」ということです。

僕は受験生の時「塾では絶対に寝ない」と決めていました。
どうしても眠い時は顔を洗ったり、首元を冷やしたりして、仮眠も取らないようにしていました。
サッカーを6時までやった後も予備校に行って、しっかり10時まで自習していました。

信念があれば何事も続けることができます。
サッカーも、受験勉強もそれは同じかもしれません。

物理科の清水先生からのコメント


坂井君を担当しました物理講師の清水です。坂井君は個別指導や実戦力強化講座の中でも探求心旺盛で、このような解法でよいか?考え方で合っているか?といったように他の生徒さんと一味も二味も違う質問内容でした。
引っかかればすぐに質問できる素直さも良かった点です。
個別指導においては強化したい単元をやや上級の問題を解きながら、引っかかった点を納得いくまで解説するという非常に合理的なものでした。
単科講座で生徒間同士での質問に坂井君が答えて彼の頭が整理されていくということも非常に意味のあるものだったと思います。

入学をご検討の方は、個別面談でご相談ください

対面・オンラインをお選びいただけます。

来校/面談予約はこちら

この卒業生が利用したコース