受験体験記 - 2014年度 杏林大学 井上 洋貴くん 澁田 秀則くん | 私立医学部・歯学部予備校のメルリックス学院

2014年度

杏林大学

  • 井上 洋貴くん
  • 澁田 秀則くん
クラスメートとチェックテストの点数を競い合うことで、できなかった問題を克服しながら切磋琢磨することができた!
7浪目でメルリックスに入学した井上くんは、それまでの受験勉強もそこそこやっていたつもりだった。一方で「さすがに今年は何とかしないと」とも考えていた。メルリックスで授業を受けて、これまで大丈夫だと思っていたことが、決してそうではなかったと気付かされた。授業を大切にすることをまず第一に考え、チェックテストは手を抜かず一つひとつ穴を埋めようと考えた。
30分から1時間程度で終わるチェックテストを2時間粘ることもあった。できなかった問題のやり直しも着実に行い、クラスメートと点数を競い合っていた。毎月の担任との面談では「こんなに勉強しているのは初めてです」と自信に満ちた顔で言えるようにまでなった。クラスの中で年長者の井上くんが頑張ることで「仲は良いが締まった」クラスとなった。いつも笑顔を忘れない井上くんだったが、合格を決めた時の笑顔はまた格別だった。
メルリックスの自習室は朝7時半から使える。掃除もあるので実際には、もっと早くから開いている。澁田くんは早朝自習の常連だった。特に苦手意識のあった数学を、朝の頭が冴えている時間にやることを心掛けた。医大生のチューターからは、受験生の時の勉強の進め方や受験時の感想などを聞き入念な準備を進めた。 また、模試で実践力を磨くことも考えた。メルリックスでは年間7回の全国模試を受験するが、澁田くんは担任の勧めもあり更に自分で他の模試も受けた。隙のない準備を進めた澁田くんが合格という結果を手にするのも当然であった。

この卒業生が利用したコース

杏林大学の合格体験記