受験体験記 - 2013年度 藤田保健衛生大学 姫野 夏季さん 野田 士園くん 山賀 慎太郎くん 石井 繋くん | 私立医学部・歯学部予備校のメルリックス学院

2013年度

藤田保健衛生大学

  • 姫野 夏季さん
  • 野田 士園くん
  • 山賀 慎太郎くん
  • 石井 繋くん
再受験生の勉強法をよく知るに強いメルリックスで自分が思う以上に学力を積み重ねることができた!
姫野さんは文学部を卒業した再受験生だった。1年目は私立医学部のための勉強をしたとは言えず、2年目は再受験生の合格者も多い専門予備校のメルリックスを選んでくれた。文系出身だけに理系科目、特に理科は偏差値40台からのスタートだったが、再受験生の勉強の進め方をよく知るメルリックスでは思った以上に学力を積み重ねていけた。秋には理科も偏差値65程度を安定して出せるようになった。

野田くんも再受験生だった。お姉さんがメルリックスから医学部に進学したことが野田くんを本気にさせた。しかし仕事の関係で受験勉強に専念できるようになったのは8月からだった。久し振りに他の人と一緒に勉強をすることは刺激的で一層やる気が出た。既に授業が進んでいた部分はクラスメートが助けてくれた。短期間だったが類い稀な集中力で合格を勝ち取った。
優しい性格の山賀くんは、クラスメートが悩んでいると自分のことのように心配した。能力が優れているのは誰れもが認めるところだったが、そのことで勉強に集中できなかったり入試直前に弱気になったりした。そんな山賀くんを担任が上手く支えた。毎日のように声を掛け、時には長い時間話を聞いたり、親とも連携した。優しい性格の山賀くんは患者思いの医師になることだろう。 石井くんは大手予備校でなんとなく3年を過していた。心機一転、メルリックスで石井くんは頑張った。担任は石井くんがテストでの点の取り方が甘いことに気付き、模試のたびにそこを注意した。本当の意味での私立医学部対策ができれば結果が出るのも当然だった

藤田保健衛生大学の合格体験記