受験体験記 - 2013年度 北里大学 藤野 夕香さん 中瀬 有美さん 柳田 拓郎くん 村上 脩斗くん 鈴木 大輝くん | 私立医学部・歯学部予備校のメルリックス学院

2013年度

北里大学

  • 藤野 夕香さん
  • 中瀬 有美さん
  • 柳田 拓郎くん
  • 村上 脩斗くん
  • 鈴木 大輝くん
勉強に集中できず時間だけが過ぎていった現役時代。
「基本」を講師からしっかり学び、驚くほどの結果を手にした!
藤野さんと中瀬さんは同じ高校に通い、メルリックスでも現役クラスで机を並べていた。高校から推薦をもらうためには、まず高校内での競争を勝ち抜く必要があった。9月に入り北里大学医学部に二人揃って推薦してもらえることが決まったが、二人とも喜ぶ一方で「同じ高校から二人も合格させてもらえるのだろうか?」と心配にもなった。前の年も一つの高校からメルリックス生二人が北里大学推薦入試で合格していることを聞かされ落ち着いて対策を進め同一高校二名合格を達成した。
柳田くんの弱点は数学と物理だった。数学は毎日のように数学の講師のとこに質問に行き、わからないところを徹底的に潰していった。物理が遅れ気味の生徒のためにこの年のメルリックスでは、後期から物理の講師が週2回、個別授業に近い形で質問を受ける時間を作った。柳田くんはこれをうまく利用した。また、チューター達も柳田くんが物理の苦手意識を取り払えるよう後押しをした。偏差値45を切ることもある物理だったが、入試にはキッチリ間に合わせた。 村上くんの浪人生活は、かなり長くなっていた。そこそこの実力はあるのに、最後の壁が破れないでいた。担任は村上くんに「これまでと同じでは結果も同じになる。惜しかったで終わらせないためには殻を破らなければならない」と繰り返し話した。村上くんもそれに応え「絶対決める」という気迫を見せてくれた。長い間、どうしても破れなかった壁を見事突き抜け第一志望の北里大学医学部を含め3校から合格通知を受け取った。 鈴木くんは現役生の時、勉強へうまく集中することができず、なんとなく時間だけが過ぎて行った。そんな自分をしっかり支えてもらいたいとメルリックスへ入学した。メルリックスでは真ん中あたりのクラスでのスタートで、特に英語は基本が抜け落ちていた。英語の講師にしっかり見てもらったお蔭で英語の長文が読めるようになると、英語だけでなくどの科目も一層、勉強に弾みがついた。入試では自分でも驚くほどの結果を出すことができ、結果的に北里大学医学部に進学した。