受験体験記 - 2012年度 久留米大学 相良 悠之くん 大串 良くん 田中 みずほさん | 私立医学部・歯学部予備校のメルリックス学院

2012年度

久留米大学

  • 相良 悠之くん
  • 大串 良くん
  • 田中 みずほさん
最後の1年という覚悟を決めて臨んだ受験、どんな時も担任や講師がいつも見てくれていた。
2浪目を終え、結果を出すことができなかった相良くんは次の1年を最後の1年と心に決めた。メルリックス福岡校に入学後、担任がこれまでの浪人生活を尋ねると「TVの誘惑に負けた」「秋以降、やる気が下っていった」「受験校選びに問題があった」などと話してくれた。これまでの事情を把握した担任は毎月の個別面談では、彼が同じ失敗を繰り返さないよう細心の注意を払った。担任だけでなく講師もいつも自分を見てくれていると感じた彼の心が緩むことはなかった。土日も、いつも自習室に彼の姿はあった。一般入試が始まり、東京の大学も受験する彼は東京でもメルリックスの自習室にいた。培った精神力、努力から彼は5校の合格を勝ち取った。
大串くんは高い能力を持っていたものの、体調に不安を抱えていた。メルリックスに来る前も時々体調を崩し勉強に集中できないこともあったようだ。大変な集中力で勉強に取り組む彼は、時としてオーバーワークになってしまう恐れもあった。そんな彼もクラスメートや講師、スタッフと上手くコミュニケーションをとることで必要以上に焦ることなく1年を通してコンスタントに勉強を続けることができた。これまでの自分の経験を後輩達に伝えたいと彼は今、メルリックスでチューターを勤めてくれている。 現役生であった田中さんはメルリックスで学ぶ機会をそう多く取ることはできなかった。そうであるからメルリックスで学ぶ際には積極的に講師に質問をした。また、福岡大学のためのグループ討論の練習も積極的に参加することでメキメキと腕を上げた。久留米大学医学部と福岡大学医学部の両方に合格した彼女は、嬉しい悩みの末に久留米大学への進学を決めた。

この卒業生が利用したコース