受験体験記 - 2012年度 東京医科大学 田中 あかねさん 小河原 隼くん 伊藤 弘樹くん | 私立医学部・歯学部予備校のメルリックス学院

2012年度

東京医科大学

  • 田中 あかねさん
  • 小河原 隼くん
  • 伊藤 弘樹くん
丁寧なアドバイスを忠実に実行し、足りなかったピースが埋まっていく確かな手応えが!
田中さんは現役だった前年の入試で、1校ではあったが1次試験を合格し、補欠繰り上げ合格の連絡を待っていた。家族を含めジリジリする毎日であったが結局届いたのは「全ての合格者は確定した」という通知であった。物理に自信が持てなかった彼女は、メルリックスに入学する際に物理で行くか生物に変えるか物理、生物それぞれの講師と何度も話し合い、生物に変えることにした。授業開始後、昼休みには毎日のように生物の講師に質問や相談をする姿が見られた。一般入試の最初の合格発表で1次合格を勝ち取ったが、担任からは「去年のことを忘れるな」と釘を刺された。終わってみれば見事、第一志望校に合格を果し去年の悔しさを晴すことができた。
小河原くんは、いわゆる多浪生であったが数学と化学は浪人を続けても思うように伸びなかった。これまでの勉強の様子を聞くと、担任はすぐに伸びなかった原因が分った。国公立も考えていた彼は難しいことに気を取られていた。勉強をやった気にはなっていたが、身には付いていなかった。もう一度丁寧にやり直すことをアドバイスされ忠実にそれを実行した。足りなかったピースが徐々に埋まることで彼自身も手応えを感じることができた。勉強のやり方が分った彼は、大学でも力を発揮してくれるだろう。 東京医科大学の推薦入試では、理科3科目を解く必要がある。小論文も独特な上にバウムテストも待ち構えている。メルリックスで周到な準備を重ねた伊藤くんは、余裕を持ってそれらを乗り越えた。

この卒業生が利用したコース