受験体験記 - 2011年度 北里大学 安達 佳世さん 橋本 考明くん 渡辺 康博くん | 私立医学部・歯学部予備校のメルリックス学院

2011年度

北里大学

  • 安達 佳世さん
  • 橋本 考明くん
  • 渡辺 康博くん
個々にあわせたカリキュラムで、見事難関を突破!
そのカリキュラム内容とは!?
安達さんは英語こそ実力があったものの、他の3科目は十分と言える実力はなく一般クラスでのスタートとなった。現役生の時は、勉強時間はそれなりでも集中力という点では多少、問題があったようだ。メルリックスでは、親元を離れての一人暮らしだったがこのことが、甘えを取り去るのに効果的だった。洗濯や掃除の時間がもったいなく思えその分、集中力がグンとついた。安達さんは、「やれば出来る」の典型だった。
集中力を持って勉強をすることで成績は順調に伸びていった。入試本番では1次試験の合格経験がなかったこともあり泣きたくなるほど緊張したようだが、クラスメートの団結力が後押ししてくれ2つあった第一志望校の一つに見事合格した。
いつも明るく優しい橋本くんは間違いなく患者を安心させることのできる医師になるだろうと思われた。しかし、その優しさが時にはテストで足を引っ張った。 「人を押しのけても」とか「一点でも多く」という気持ちがそれほど強くなく、テストに対する淡白さがあった。結果としてテストのたびに1科目、大きく落とすことが目に付いた。そんな橋本くんを支えたのはチューターだった。 波を失くすことの大切さや入試本番での気持ちの持ち方などを時間をかけて教えてくれた。 自由な雰囲気の北里大学で今は伸び伸びと医学を修めている。 渡辺くんは北里大学に狙いを定めていた。それだけにやるべきことは、はっきりとしていた。普通、高校の勉強と受験対策を両立させることは簡単ではない。しかし、きちんとした性格の彼は、高校の勉強の手を抜くことなく北里大学の対策をどう進めるかの戦略をしっかり考えていた。彼の戦略の正しさは見事に証明された。

この卒業生が利用したコース