受験体験記 - 2011年度 聖マリアンナ医科大学 Y.Aさん 軍司 秀一くん 稲葉 紀子さん 岡野 香那さん 森本 勇樹くん | 私立医学部・歯学部予備校のメルリックス学院

2011年度

聖マリアンナ医科大学

  • Y.Aさん
  • 軍司 秀一くん
  • 稲葉 紀子さん
  • 岡野 香那さん
  • 森本 勇樹くん
復習と集中力で偏差値がアップ! その勉強方法とは!?
Yさんは30才を過ぎてからの医学部挑戦であった。実際に受験勉強を始めると、意外にも忘れてしまったことばかりでとまどいを覚えた。
しかし、持ち前の明るさで一般入試に向けてずいぶん年下のクラスメートと一緒に勉強を続けた。そんなYさんを担任も支え続けた。
英単語がなかなか覚え切れないYさんのために担任が毎週英単語を質問し、Yさんが口頭で答えた。かなり突っ込まれることが予想された面接は、徹底的に磨き上げた。既に合格を決めていたYさんのもとに聖マリアンナ医科大学からも合格通知が届いた。

前の年、軍司くんが所属していたクラスは軍司くんを除く全員が医学部に合格した。合格祝賀会に自分だけが出席出来なかった辛さを胸に2年目をスタートさせた。彼は「先へ先へ」という意識が強過ぎ、やったことが十分定着しないまま先へ進んでしまうこともあった。復習をこれまで以上に大切にし、毎日のチェックテストでは答案がすぐに返却されるので、その日のうちに復習した。
合格発表の日に、前の年に同じクラスだった聖マリ生から合格者の掲示と同時に「受かってるぞ!!うちにこい!!」と連絡があった。
神奈川県立高校を卒業した稲葉さんの評定平均は2.8だった。勉強に集中し切れなかったようだ。クラス全員が医学部を目指すメルリックスでは、稲葉さんの集中力も全く異なっていた。「やればできる」正に稲葉さんのための言葉だった。医学部合格が少しずつ現実的になればなるほど、その集中力は研ぎ澄まされた。 岡野さんの弱点は数学だった。メルリックスでの最初の試験では数学の偏差値は40台前半だった。数学を克服するために数学だけは個別授業も受講した。 担当講師と二人三脚で数学に立ち向かった。聖マリアンナ医科大学の数学は 傾向がはっきりしている。最後の聖マ対策が決め手となり合格をつかみ取った。 森本くんは、毎日必ず朝7時半にはメルリックスで自習を始めていた。最後までやり通した彼は精神力の勝利でもあった。

この卒業生が利用したコース

聖マリアンナ医科大学の合格体験記