受験体験記 - 2007年度 日本大学 別宮 若菜さん | 私立医学部・歯学部予備校のメルリックス学院

2007年度

日本大学

  • 別宮 若菜さん
集中力が身に付くように毎日特訓! その特訓方法とは!?
別宮さんは高い目標を持っていた。医学部ならどこでもいいという訳ではなく、行きたい大学がはっきりしていた。
しかし、現役時代の勉強にはムラがあり、理科は明らかに学習量が不足していた。特に生物は前の年に模試も受けていなかった。
普通なら地道にコツコツ積み上げていくようにアドバイスするところだが、担任のアドバイスは違った。彼女は典型的な、頭のキレで勝負するタイプだった。このタイプは黙々と長い時間勉強を続けることは得意ではない。そのかわり集中した時の吸収力は目を見張るものがある。 朝もあまり強くなく、朝一番の授業を欠席することもあったが、自分のことはよく分かっていてマイペースのように見える勉強も自分なりによく考えてやっていた。
担任は彼女がどうやったら集中できるのか探り、最大の弱点だった生物の個別授業の講師とも連動した。別宮さん自身も自分が最も集中できる方法をしっかり考えていた。自分の長所と弱点の両方をよく分かっていた別宮さんは担任や講師をうまく巻きこみ見事、行きたい大学で学ぶことになった。 生物の個別授業担当の講師には宿題を多く出してもらうようにして、やらざるを得ない状況を作り出していた。講師も別宮さんが手を抜けないよう、ギブアップする寸前の量の宿題を出した。 また、これとは別に彼女は最低限の毎日のノルマを担任と相談して決め、少なくともそれだけは確実にこなすようにした。

この卒業生が利用したコース

2007年度の合格体験記