私立医学部・歯学部予備校・塾のメルリックス学院

国公立医学部志望の現役生はどの私立医学部を併願すべきか?

こんにちは。
学院長の鈴村です。

昨年の12月、外部の方から相談のメールをいただきました。

・現役生女子
・国公立医学部志望
・秋の模試で偏差値60~63(マーク模試はもう少し良い)
・◎◎◎◎は受けたい(◎◎◎◎は私立上位校のうちの1つ)

こういった状況で、私立医学部を数校受けようと思う。
どこを受ければよいだろうか?というご相談でした。

全くお会いしたこともなく、メールのみのご相談でしたが、

1.◎◎◎◎は受ける
2.練習校を決める
3.お勧めは日大と杏林

この3つの要素が大切だとお伝えしました。

1.◎◎◎◎は受ける
行きたい大学を受けることはモチベーションに繋がります。
◎◎◎◎の1次試験日は2月に入ってからで、共通テストから間も空いています。
私立の本命校とするにはちょうどよいと考えました。

2.練習校を決める
練習校=1次合格の可能性が高い大学という位置づけです。
(決して確実に受かるという意味ではありません)

理科2科目のうち苦手な科目があれば、練習校は帝京か東海。
そうでなければ、聖マリか女子医という提案をさせていただきました。

いずれも本命校の◎◎◎◎より前に1次試験があり、国公立前期の2次試験にも響かない日程です。

3.お勧めは日大と杏林
私立医学部の対策にそれほど時間は使えない。
記述模試がどちらかというと苦手。
この2つの条件から、マーク式の杏林と日大を勧めました。

もっとも、私立医学部はマーク式とはいえ油断はできません。
難しい問題が出されたり、問題量が多くてスピード勝負の大学もあります。

杏林と日大はその中でも比較的問題量が適正な方です。
また、いわゆる難しすぎる問題はあまり出ません。
過去問をそれほど見る余裕がない中では、お勧めできる大学でした。

先日、お母様から最終結果についてのご報告メールをいただいたのですが、
杏林補欠(繰り上げ合格)、聖マリ正規合格、日大補欠(繰り上げ合格)でした。
さらには国公立医学部にも合格!!
国公立が第一志望の現役生にとっては、本当に嬉しい結果となりました。

この方の通っていた高校は、お母様によると特段の進学校というわけではなく、医学部向けの進路指導もほとんどなかったようです。
大手予備校の医学部受験セミナーに行っても、私立は一部の大学の話が中心だったとのこと。
情報がなく心細い中で、メルリックスの『私立医歯学部受験攻略ガイド』をお取り寄せいただき、それがきっかけでご相談のメールをいただきました。

何よりもご本人がしっかりした学力を持っていたことが、合格の要因であることは間違いありません。
けれど、医学部受験は紙一重なので、ちょっとしたボタンのかけ違いで、浪人してしまうこともないとは言えません。

私立医学部で早い時期に合格をいただけたことが、国立受験の自信に繋がったということで、本当に良かったと思います。
当初、杏林と日大はよく知らないため、受験することは考えていなかったそうです。
アドバイス通りに受けた大学に合格したことで、きっと「行ける」という手応えをつかんだのではないかと思います。

こういった外部の方の相談にのらせていただくことは、普段メルリックスの生徒しか見ていない私にとって本当に勉強になります。
ご相談いただきありがとうございました。そして本当におめでとうございます。

=====================================
私立医学部・歯学部の受験相談ができます!
お申し込みはコチラから
=====================================

年月アーカイブ