私立医学部・歯学部予備校・塾のメルリックス学院

私立歯学部合同相談会にご来場ありがとうございました

こんにちは。
学院長の鈴村です。

さる7月18日にAP渋谷道玄坂で『私立歯学部合同相談会』を開催しました。
完全予約制とさせていただきましたが、27組49名の方にお越しいただきました。
全国から私立歯学部13大学の入試担当者にお越しいただきましたが、ズラリと並んだ個別ブースは、まさに壮観でした。

相談会の前には露払いとして、私が『私立歯学部受験の極意』と銘打った講演をさせていただきました。

・私立歯学部受験において偏差値はどのぐらい当てになるか?
・学校推薦型・総合型選抜を受ける場合、どんな勉強をすればいいか?

など、受験生が気になる内容に絞って、お話しさせていただきました。

いつもこういう場ではお話ししているのですが、歯学部は「入ってからが大事」です。
歯学部の勉強は「団体戦」であり、勉強しやすい「環境」を自分の周りに作れるかどうかで決まります。

よって、国家試験合格率を気にするのはもちろんですが、たとえ合格率が高い歯学部に入っても、大学が合わずにドロップアウトしてしまっては、何の意味もありません。
そのためにも、できれば複数の大学の話を聞いて、偏差値や国試合格率だけではない、その大学の特長を知ってから決めてほしいと思います。

今回は対面のみの開催とさせていただきましたが、地方からご参加いただいた方もいらっしゃいました。
本当にありがとうございます。
残念ながら当日ご参加いただけなかった方に、当日の講演資料とご希望の大学のパンフレットをお送りします。

こちらの資料請求フォームの【自由記入欄】に、希望する大学名を入力して送信してください。

<パンフレットのある大学>
◎愛知学院大学
◎朝日大学
◎奥羽大学
◎大阪歯科大学
◎神奈川歯科大学
◎鶴見大学
◎東京歯科大学
◎日本大学歯学部
◎日本大学松戸歯学部
◎日本歯科大学
◎福岡歯科大学
◎松本歯科大学
◎明海大学

また、今後の歯科医師の役割については、日本歯科大学の羽村教授のインタビュー記事がとても参考になると思います。

“予防”がクローズアップされる時代。歯科医師が地域の健康を支える―日本私立歯科大学協会

1人でも多くの受験生が志望校に合格できるよう、今後もお手伝いさせていただきます。



=====================================
私立医学部・歯学部の受験相談ができます!
お申し込みはコチラから
=====================================

年月アーカイブ