私立医学部・歯学部予備校・塾のメルリックス学院

関西医科大学医学部の大胆な学費値下げ

こんにちは。
学院長の鈴村です。

関西医科大学医学部が大胆な学費値下げを発表しました。

【関西医科大学】令和5年度入学生からの学費について

6年間の学費が2770万円から2100万円に減額されます。
また、初年度(入学時の)納入金を570万円から290万円に下げます。

これを昨年度の学費ランキングに照らし合わせると…。

<6年間の学費ランキング>
1位:国際医療福祉大学1,850万円
2位:順天堂大学2,080万円
3位:関西医科大学2,100万円(昨年8位)

<初年度の学費ランキング>
1位:順天堂大学290万円
1位:関西医科大学290万円(昨年9位)
3位:東京慈恵会医科大学350万円

ちなみに、関西の4私立医大の学費は次のようになっています。

関西医科大学:2770万円⇒2100万円
大阪医科薬科大学:3141万円
近畿大学:3580万円
兵庫医科大学:3700万円

この値下げにより、関医を受ける学力上位層が増えることは間違いありません。
2023年度の関医の1次試験日は、帝京3日目・獨協医科1日目と重なっています。

他大学の入試日程にもよりますが、西日本の受験生は間違いなく関西医科を受験します。

東日本の受験生は帝京3日目・獨協医科1日目・関西医科の中から選ぶことになります。
学力に自信がない層は、帝京を3日間続けて受けるか、獨協医科の1日目を受けるかで悩むでしょう。
学力に自信がある層は、今回の学費値下げにより「関西医科を受ける」という選択肢が出てきたと思います。

1人暮らしをする大学生の生活費は月12万円が平均だと言われています。
首都圏医学部の中には学費が3,500万円を超える大学もあります。
今回の減額により、関西医科大学を「受けてみよう」と考える首都圏の受験生は増えるでしょう。

とはいっても、東日本の受験生にとっては「関西医科大学ってどんな大学?」というのが正直なところでしょう。

大阪女子高等医専を前身とし、交通の便利な京阪枚方市駅すぐの所にあり、綺麗なキャンパスと完成したばかりの関医タワーなど、関西の受験生には人気の高い大学です。
卒業後の関連病院の多さも、関西で働こうと思っている受験生には魅力的です。

メルリックスでは9月4日(日)の「私立医学部合同相談会」に関西医科大学をお呼びすることにしました。
この機会にぜひ「関医ってどんな大学?」と知っていただきたいと思います。



=====================================
私立医学部・歯学部の受験相談ができます!
お申し込みはコチラから
=====================================

年月アーカイブ