私立医学部・歯学部予備校・塾のメルリックス学院

東京女子医科大学医学部の志願者は681名

こんにちは。
学院長の鈴村です。

東京女子医科大学医学部の2022年度入試結果が公表されました。

【東京女子医科大学】令和4年度入試結果

東京女子医科大学医学部の1次試験会場は新宿にある京王プラザホテルの1ヶ所のみです。
当日、試験会場に行くと受験番号の最後尾がわかるので、自動的に志願者が判明します。

今年の一般選抜の志願者が681名だったというのは、当日受験した生徒から聞いていました。
そのうち651名が受験、1次合格者は370名で倍率1.8倍。
さらに補欠合格を含めた総合格者は125名で倍率5.2倍。

東京医科大学が不正入試を指摘され、募集人員が38名に減った年の1次合格倍率は2.1倍、最終合格倍率が6.0倍でした。
それよりさらに低い倍率ということになります。

受験者が減った影響は合格最低点に如実に表れており、入学者の最低点は185点です。
昨年の入学者最低点は199点、一昨年の入学者最低点は249点でした。
受験者の減少と最低点の低下が綺麗にリンクしています。

ただし、入学者最高点は今年が268点、昨年が262点です。
今年の方がむしろ上がっています。
成績優秀者の中に「どうしても女子医に行きたい」という人がいるのでしょう。

もう一つ注目したいのは、学校推薦型選抜のうちの一般推薦です。
一般推薦の合格者出身地ですが、昨年は東京都13名、7都県からの合格者だったのが、今年は東京都8名、13道府県からの合格者と全国に広がりました。
情報格差に負けることなく、地方の方も努力を重ねた結果を嬉しく思います。

女子医の推薦について田尻前学院長と解説した動画はこちらです!



=====================================
私立医学部・歯学部の受験相談ができます!
お申し込みはコチラから
=====================================

年月アーカイブ