私立医学部・歯学部予備校・塾のメルリックス学院

東邦大学医学部の推薦・総合入試は女性有利?

こんにちは。
学院長の鈴村です。

東邦大学医学部が2022年度の入試データをホームページで公開しました。

【東邦大学】令和4年度入学試験結果

このところ、東邦大学医学部は総合入試、同窓生子女入試、そして昨年は新潟県地域枠推薦と、推薦・総合入試の募集人員を年々増やしてきました。
2022年度は付属推薦の16名を含む40名が推薦・総合入試での入学者です。

入学者は120名ですから、全体の3分の1が推薦・総合入試での入学になります。
そのうち男性57名、女性63名と女性の方が多くなっています。

推薦・総合入試で入学した24名のうち3分の2が女性です。
(付属推薦はデータなし)
受験者158名のうち女性は89名と半分強なので、女性有利と言える結果です。

医学部の学校推薦型・総合型選抜で男性より女性の方が合格者が多いことはよくあります。
加えて東邦大学医学部の推薦・総合入試は基礎学力で「小論文」の能力を問われます。

昨年は資料・グラフの読解が3題と課題文の要約が1題出題されました。
試験時間も60分と厳しく、あらかじめ準備していなければ書き切れない量でした。
四字熟語や同義語なども問われ、文系科目が得意な受験生に有利な内容です。

2次試験はMMIとグループ討論が行われ、コミュニケーション能力の勝負になります。
自己アピールに長けた物怖じしない性格の受験生が有利です。

これらを総合して女性の方が合格率が高いのかもしれません。
ちなみに2021年度の推薦入試と同窓生子女入試の合格者は21名中15名が女性です。

必ずしも女性が有利というよりも、出題内容が自分の得意分野と合っていれば受験を検討してもいいと思います。
ちなみに出願資格ですが、総合入試は「1浪まで評定平均3.8以上(数学・理科はそれぞれ4.0以上)」です。
同窓生子女入試は卒業生の血族2親等までなら誰でも受けられます。
新潟県地域枠推薦は高校から推薦書が発行されれば誰でも受けることができました。

一般入試でも昨年から新潟県地域枠が実施されました。
正規合格の合格最低点は以下の通りです。

・一般入試:258/400点
・一般入試(千葉県地域枠):230/400点
・一般入試(新潟県地域枠):238/400点

一般入試と地域枠の最低点に差はありますが、地域枠同士の差はほとんどありません。
ただ、地域枠はほとんど繰り上げ合格がない(と思われる)のに比べ、一般入試はある程度の人数が繰り上がります。
繰り上げ合格者を含めた合格最低点はもう少し低いと思われ、地域枠を出願するかどうかは慎重な検討が必要になるでしょう。

=====================================
東邦大学医学部に合格した生徒の体験記です
コチラから
=====================================

年月アーカイブ