私立医学部・歯学部予備校・塾のメルリックス学院

日本歯科医学会学術大会の公開フォーラム「ダブルキャリアのすゝめ」のすすめ

こんにちは。
学院長の鈴村です。

先日、Yahooニュースでこんな記事が話題になりました。
読まれた方も多いのではないでしょうか。

『売り上げは想定の10倍 医師が夜だけのジェラート店を営む真意』

医師が当直の合間に、夜だけジェラート店を開店しているという記事。
一昔前なら「医師とアイスクリーム屋」という組み合わせは考えられなかったことでしょう。

しかし、今はフリーの医師として当直をしながら、平日の夕方から夜にかけてはジェラート店を経営するということも可能になりました。
日によってまちまちな開店時間はInstagramで告知するというのですから、SNS時代ならではの発想です。

もともとこの方はアイスクリームが大好きで、かなり研究を重ねた様子がうかがえます。
思いつきでやって成功するような甘い世界ではありません。
本当に心からアイスクリームが大好きな人がそれを仕事にした「好きなことを仕事にする」理想形と言えるでしょう。

平均寿命が延び人生八十年時代となった今、一つの職業に生涯打ち込むだけでなく、多彩な経験をすることで人生を豊かにする生き方が可能になりました。
サラリーマンでさえ副業がもてはやされる時代です。
医師や歯科医師といった医療資格を持った上で、もう一つのキャリアを追求することもこれからは珍しくなくなるのでしょう。

2021年9月23日~9月25日までの3日間、パシフィコ横浜をキーステーションに「第24回 日本歯科医学会学術大会」が開催されます。
その中で「ダブルキャリアのすゝめ~より楽しい歯科の世界を目指そう」という公開フォーラムが行われます。
これは一般の方ならだれでも参加することができます。

日本歯科医学会の会長である住友雅人先生と、日本歯科大学の学長である藤井一維先生がモデレーターを務められるこの公開フォーラムでは、GReeeeNからのメッセージや、実際に歯科医師とのダブルキャリアで活躍している著名人が、ご自身のキャリアについて語ってくださいます。

歯科会の重鎮である住友先生と藤井先生が、公開フォーラムでダブルキャリアをご紹介されるという試みは個人的にはかなり衝撃度が高いのですが、そういう時代が到来したのだということを感じずにはいられません。

これまで医学部・歯学部予備校で働いてきて、医学部・歯学部は入学した段階でほぼ将来の職業が決まってしまう特殊な学部だとずっと思ってきました。
だからこそ、生徒や保護者の方は、他学部を目指す場合とは比べ物にならないぐらい真剣だし、その思いに応えようと思って働いてきました。

その考えは今も変わりませんが、芸術、スポーツ、科学などさまざまな分野の才能を持っている若者が、歯科医学・医療の道に進んだ後も、自身の多彩な能力を伸ばしていける可能性があるということは非常に素晴らしいし、自分の人生を考える上でも参考になるのではないかと思います。

今の若者達を見ていると(ってこの言葉遣いが既に年寄りですが)選択肢を多く持っておきたいという意思をものすごく感じます。
それはできるだけリスクを少なくしたいという気持ちと、どこか繋がると感じています。

ぜひ将来、歯学部・歯科医師を目指す方のご参加をお勧めいたします。
もちろん私も視聴させていただくつもりです。

公開フォーラムのご案内はこちらから

第24回 日本歯科医学会学術大会のページはこちら

ちなみに私も、医学部予備校の学院長という仕事の他に、もう一つの職業(?)を持っています。
年を取って身体が動かなくなってきたらその仕事をするつもりで、今から楽しみにしています。

年月アーカイブ