私立医学部・歯学部予備校・塾のメルリックス学院

合格しても辞退できる私立歯学部の推薦型・総合型選抜はあるか?

こんにちは。
学院長の鈴村です。

先日、質問箱から次のようなご質問をいただきました。



私立歯学部の推薦で、併願(合格しても辞退できる)の大学は多くありません。
愛知学院大学の推薦Bと朝日大学の一般公募推薦のみ併願制です。

また、日本大学松戸歯学部の総合型選抜は専願ですが、期日までに申し出れば入学辞退することができます。

日本大学松戸歯学部の総合型選抜について詳しくはこちら

推薦もしくは総合型選抜で「合格を押さえて」おいて、一般選抜で難関校にチャレンジというのが、なかなか難しいのが私立歯学部入試です。

さて、このご質問をいただいた直後に、グッドタイミングで福岡歯科大学の方からご連絡をいただきました。
今年から総合型選抜2期に東京会場が設置されるとのことです。

福岡歯科大学の総合型選抜2期は併願制です。
試験日は1月22日(土)。
共通テストの1週間後です。
試験科目は英語・数学IA・理科1科目(化学基礎または生物基礎)。
そして、小論文と個人面接です。

試験問題は福岡歯科大学のホームページで見ることができます。
英語は和訳。
数学はIAの基本問題。
理科は化学・生物どちらも基礎からの出題です。
一般選抜に向けて勉強している人であれば、それほど難しくない内容だと思われます。

昨年の総合型選抜2期は、受験者13名、合格者12名、入学者6名です。
倍率は1.1倍です。

昨年は本学キャンパスと大阪のみが試験会場でしたが、今年は東京と那覇が増えます。
一般選抜の前に「押さえで」受けられる数少ない私立歯学部です。
首都圏の受験生は考えてみてもいいでしょう。

また、一般選抜A日程およびB日程で募集する専願特待生の募集人員が、8名から16名に倍増します。
特待生になれば6年間の学費が1,980万円となります。

福岡歯科大学の特待生制度については、こちらのブログでも詳しくご説明しています。

======================================
『医歯学部受験攻略ガイド2021』をプレゼント!
お申し込みはコチラから
https://www.melurix.co.jp/news/5280/
======================================

年月アーカイブ