私立医学部・歯学部予備校・塾のメルリックス学院

2021年度入試の東北医科薬科大学医学部 繰り上げ情報

こんにちは。
学院長の鈴村です。

2月12日(金)16時に、東北医科薬科大学医学部の2次試験合格発表がありました。
東北医科薬科大学は個人で合否照会をするので、現時点での正規合格者数はわかりません。
ただ、設立の経緯から定員の厳格化が最優先されるため、毎年、定員ぴったりの正規合格を出しています。

つまり、A方式35名、B方式20名、一般枠45名の方が正規合格になったと思われます。
⇒2/26付のメルマガで今年の正規合格者は117名であると発表されました。

東北医科薬科大学は繰り上げ合格の方式が複雑なため、補欠通知はありません。
2次試験受験者全員が補欠候補となります。

東北医科薬科大学はWeb出願の時に、第一志望から第三志望まで選ぶことができます。

6年間の学費総額は、

A方式:4,000,000円
B方式:19,000,000円(プラス地方自治体の奨学金)
一般枠:34,000,000円

となるため、学費の安いA方式が最も難易度が高く、一般枠が最も難易度が低くなります。

よって、以下のように出願した場合、

第一志望:A方式
第二志望:B方式
第三志望:一般枠

まず第三志望の一般枠で合格してから、B方式→A方式と繰り上がっていくことがあり得ます。(もちろんA方式で一発正規合格もあります)

ところが、以下のように出願すると、

第一志望:一般枠
第二志望:B方式
第三志望:A方式

第一志望の一般枠で合格したら、その後、繰り上げになることはありません。
この点は注意が必要です。

B方式の人は入学してから、出願の時に希望した県の奨学金に応募することになりますが、一般枠の人も同じ奨学金に応募することができます。
奨学金貸与の試験会場に、結構、一般枠の人も来ているそうです。

定員ぴったりしか正規合格を出さないこともあり、例年、正規合格者の手続締切日後すぐに繰り上げ合格が回り始めることが多いようです。
基本的に連絡は電話であり、電話口でどの枠での合格か、志望順位による繰り上げの可能性があるないかを確認されます。

2021年度入試の正規合格者の手続締切日は2月25日(木)です。

募集要項には4月上旬まで繰り上げ合格の可能性があることが記されています。

<2020年度>
・募集人員100名
・正規合格者数 100名
・繰上合格者数 225名
・手続締切日 2月27日(木)
・2月28日(金)、B方式で繰り上げ合格(電話)
・3月30日(月)、一般枠で繰り上げ合格(電話)

<2019年度>
・募集人員100名
・正規合格者数 100名
・繰上合格者数 181名
・手続締切日 3月4日(月)
・3月6日(水)、一般枠で繰り上げ合格(電話)
・3月27日(水)、一般枠で繰り上げ合格(電話)

<2018年度>
・募集人員100名
・正規合格者数 100名
・繰上合格者数 127名
・手続締切日 3月5日(月)
・3月6日(火)、一般枠で繰り上げ合格(電話)
・3月26日(月)、B方式で繰り上げ合格(電話)

実は東北医科薬科大学の設立が認可される直前、大学の方に呼ばれて仙台のキャンパスに行ったことがありました。
そこで、医学部入試の流れについて大学の方に色々と聞かれました。

東北医科薬科大学の薬学部は設立80年の歴史を誇りますが、医学部入試は特殊なケースが多いだろうということで、正規合格者や繰り上げ合格者を出すタイミング、寄付金をどうするかといった細かいことについて聞かれました。
私もこれまでのキャリアで知り得たことをすべて大学の方にお話ししました。
それもすべて医学部受験生のためにわかりやすい入試を行ってほしいと願ってのことでした。

繰り上げ合格が4月上旬まで回るかもしれないと明記されているのは、その時にお話ししたことが元になっていると思われます。

東北医科薬科大学の募集要項です。

2021年度の私立医学部入試、最新の繰り上げ合格情報はコチラに掲載しています。

======================================
『医歯学部受験攻略ガイド2021』をプレゼント!
お申し込みはコチラから
https://www.melurix.co.jp/news/5280/
======================================