私立医学部・歯学部予備校・塾のメルリックス学院

2021年度入試の昭和大学医学部 繰り上げ情報

こんにちは。
学院長の鈴村です。

2月15日(月)10時に、昭和大学医学部の2次試験合格発表がある…はずでした。
それが、当日になって延期されました。
どうやら11時過ぎには合否確認ができたようです。

今年から昭和大学はインターネット出願になりました。
よって、合格発表もマイページで確認する形になりました。

最初の段階では、正規合格者と補欠者の人数は不明でした。
補欠になった受験生の画面には「追加合格者は、2月16日(火)正午に追加合格を発表します。改めて、合否照会にてご確認ください。それ以降の追加合格者については、欠員が生じた場合に合格証をお送りします。」というメッセージが出ました。

翌日、昭和大学のホームページに、正規合格者・補欠者・追加合格者の受験番号一覧がアップされました。
そこで初めて、正規合格75名・補欠453名・1回目の追加合格182名とわかりました。

また「合格した場合、入学を確約できる者」となっている静岡県地域枠と新潟県地域枠ですが、こちらも補欠者が発表されました。
おそらく、正規合格者の手続締切日である2月22日(月)の時点で、手続きをしていない合格者がいた場合、繰り上げ合格が回るものと思われます。

ここ2年間、昭和大学医学部は正規合格者となり募集人員ちょうどの人数を発表しています。
今年は正規合格の75名が特待生として初年度の授業料が免除されます。
正規合格者の多くが入学辞退することはあらかじめわかっているため、大学は2次発表の翌日に1回目の追加合格者を出すのが通例となっています。

今年はその数が182名と昨年の126名より56名増でした。
大学は入学辞退者がそれだけ多いと予測しているのでしょう。
1次試験日が1月から2月になったことも大きく関係しているでしょう。

昨年は1回目の発表で126名の繰り上げ合格が出た後、残りの補欠者から31名が繰り上げ合格になりました。
こちらは欠員があり次第、随時電話で連絡があるものと思われます。

<2020年度>
・募集人員75名
・正規合格者数 75名
・補欠者数 455名
・手続締切日 2月7日(金)
・1回目の繰り上げ合格 126名
・最終繰り上げ合格 157名
・3月31日(火)、補欠者に繰り上げ合格(電話)

<2019年度>
・募集人員78名
・正規合格者数 78名
・補欠者数 418名
・手続締切日 2月8日(金)
・1回目の繰り上げ合格 82名
・最終繰り上げ合格 179名
・3月26日(火)、補欠者に繰り上げ合格(電話)

<2018年度>
・募集人員78名
・正規合格者数 249名(内特待生78名)
・補欠者数 265名
・手続締切日 2月9日(金)
・最終繰り上げ合格 23名
・3月12日(月)、補欠者に繰り上げ合格(電話)
・3月19日(月)、補欠者に繰り上げ合格(電話)

静岡県地域枠・新潟県地域枠の実施は今年からなので、過去のデータはありません。

また、今年から国語が選択できるようになりましたが、メルリックスの生徒が国語で合格しました。
質問箱から「国語で特待合格をいただいた」というご報告も来ています。

募集要項の合格発表のページです。

繰り上げの連絡は原則電話となっています。
「不在の場合は一定の時間折り返しの連絡を待ちますが、それ以降は次の候補者に連絡します」となっていますので注意してください。

入試説明会でもおっしゃっていましたが、3月末ギリギリになると、電話に出ない場合は飛ばされることもあり得ます。
昨年も大学からの電話に出られなかった生徒が、慌てて折り返して事無きを得るということがありました。


2021年度の私立医学部入試、最新の繰り上げ合格情報はコチラに掲載しています。

======================================
『医歯学部受験攻略ガイド2021』をプレゼント!
お申し込みはコチラから
https://www.melurix.co.jp/news/5280/
======================================