私立医学部・歯学部予備校のメルリックス学院 | 医学部受験・再受験・入試

【緊急投稿】諦めたら本当にそこで終了・前編

こんばんは。
学院長の鈴村です。

1月21日から続いてきた私立医学部入試も2月に入り、
いよいよ第1ステージの後半戦です。

2月8日の日大A方式をひとつの区切りとして、
第2ステージである後期・2期入試を受けるかどうかの
ご相談が増えてくるのもこの時期です。

基本的に後期・2期入試は出願してほしいと思っています。
時々「後期は倍率が高いから…」と敬遠する人がいるのですが、
後期・2期を受ける人の多くは、これまでどこも受かっていません。
前期・1期に比べれば、受験者の学力層は明らかに違います。

受験者の学力と倍率の高さを相殺すると、
前期と後期はほぼ同じぐらいの難易度というのが、
これまでたくさんの受験生を指導してきた私の実感です。

前期は1次不合格だったけれど、後期は正規合格だった。
前期の補欠待ちなので後期も受けたけれど、後期は1次も通らなかった。

同じ大学の前期/後期を受けても、よくあることです。
改めて、医学部入試は当日の試験の出来と、
他の受験者の中で自分がどのぐらいの位置にいるかで
すべてが決まるのだと思わざるを得ません。

それはそうですよね。
1次試験の点数の「上から◎◎◎番目の人」までが1次試験に合格するのですから、
他の受験生の学力や、自分の当日の出来に左右されるのは当然のことです。

メルリックスの生徒の中で、後期入試に合格した人の一部を
合格体験記として掲載していますので、参考までにご紹介します。

☆近畿大学の後期で合格した奥田くん(兄)

☆関西医科大学の後期で合格した吉河くん

☆昭和大学の2期で合格したが東京医科大学に進学した大草さん

明日は昨年、合格した生徒で本当に最後の最後まで諦めなかった
生徒の話をしたいと思います。

======================================
メルリックスの卒業生・講師からのメッセージはこちら

【メルリックス公式】YouTubeチャンネルはこちら

【メルリックス公式】Twitterで質問箱に回答中
======================================