私立医学部・歯学部予備校のメルリックス学院 | 医学部受験・再受験・入試

東京女子医科大学医学部の推薦入試に大きな変更 ※8月4日(日)に講演会を行います

こんにちは。
学院長の鈴村です。

今日は東京駅で行われた医学部進学フォーラムに行って来ました。
三連休の最終日だけあって、会場はたくさんの医学部受験生と保護者の方でごった返していました。

受験生の方のお邪魔にならないよう、わずかな隙を狙って、短い時間でいくつかの大学のお話を聞きました。
その中で、まず皆さんにお伝えしなければならないのは、東京女子医科大学医学部の推薦入試に関する変更です。

まず、これまで現役生しか受けられなかった一般公募推薦が、1浪生まで受けられるようになります。
募集人員は約20名。適性試験、小論文、小グループ討論、個人面接という試験内容に変更はありません。

また、昨年度から始まった卒業生子女枠が『「至誠と愛」の推薦入試』という名称になり、現役・1浪生で約7名を募集します。
試験内容は適性試験、特殊な小論文、個人面接です。
小グループ討論はありません。

また、これまで「受け入れ方式」だった指定校推薦入試が「選抜方式」に変わり、募集人員も約8名に減ります。
試験内容も、これまで小論文と個人面接のみだったのが、適性試験、小論文、小グループ討論、個人面接になります。

一般公募推薦と『「至誠と愛」の推薦入試』は併願できません。

1浪生まで受けられるようになったことにより、現役生の方は選抜が厳しくなると思われるかもしれませんが、
女子医が入学させたいと思う人材はアドミッションポリシーに明記されており、大きな変更があるわけではありません。
これまでの適性試験では、一般入試とは異なる傾向の問題が出題されており、必ずしも浪人生有利という内容ではありません。

倍率が高くなることはリスクですが、かと言って受験をやめた方がいいかと言うと、そうではないと思います。
これまで準備を進めてきた方々は、まずは自信を持って受験することを考えてほしいと思います。

推薦対策講座の日程を連休明けに公表する予定でしたが、この変更により講座の日程を調整しています。
お待ちいただいている皆さまには申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちください。

【7月21日追記】
田尻前学院長による緊急講演『どうなる?女子医大推薦入試~今年はこう変わる』を8月4日(日)に実施します。
詳細は以下のリンクをご覧ください。
https://www.melurix.co.jp/news/182/

========================================
Twitterで「質問箱」からのご質問を募集しています。
Twitterのアカウントを持っていなくても、ご質問できます。
ご質問は公開されますのでご注意ください。

質問箱URL:https://peing.net/ja/melurix2011

☆私立医学部・歯学部受験に関することなら何でもOK
☆お答えできないご質問もありますのでご容赦ください
☆受験に臨むメンタルについてのご質問も歓迎

※回答はメルリックスのTwitter公式アカウントからお返事します。
https://twitter.com/melurix2011
※質問をいただいた順にお返事いたします。気長にお待ちください。
========================================