私立医学部・歯学部予備校・塾のメルリックス学院

東京医科大学の追加合格候補の方々に文書が届きました

複数の方々より、東京医科大学から「入学意向確認書」が届いたとご連絡をいただきました。
先日、報道されたように、平成29年度・平成30年度入試で不合格になった受験生のうち、
不正な改竄を排除して元の点数を復元したところ、101名の方が追加合格候補になりました。
その方々のところに、一斉に文書が速達で送られてきたようです。

それによると、11月16日(金)に大学で追加合格候補者を対象とした説明会が行われ、
11月30日(金)までに入学意向確認書を返送することとなっています。
紛らわしいのですが、今回の通知が届いた全員が合格ではなく、入学を希望した受験生の中から、
成績上位者をもって募集人員(63名)に達した場合は不合格となり、合否は12月上旬に通知されるそうです。

※その後、推薦入試で追加合格になった複数の方々からご報告をいただき、推薦で追加合格した場合は入学を希望すれば確定だそうです。

これで12月1日(土)に行われる推薦入試の定員が削減される可能性はなくなりました。
もし、定員が削減されるとすれば、2月に行われる一般入試・センター利用入試になります。

ただ、今回ご報告をいただいた方々の多くが、既に他の医学部に進学されていらっしゃいました。
そう考えると、入学を希望される方はそこまで多くないのではないかと考えます。

どのぐらい一般入試の定員が削減されるかわかりませんが、東京医科大学を受験予定の方々はまずは様子見ということでいいのではないかと思います。
ただ、それほど志望順位が高くないのであれば、福岡大学や東海大学の受験を考えてもいいでしょう。