「小論文」の科目・講師紹介
スマホ向け表示

小論文 レベル別に徹底研究!ムダのない受験小論文を学習

「何を」「どう書くか」具体的に実践的に練習しましょう。自分のものの見方や自分の考えを形成する訓練をし、1人ひとりが自分の言葉で「小論文」を書けるようにすることを目標とします。小論文科主任講師   大橋 義人

小論文の授業風景

小論文で取り上げられるテーマや課題文は、その多くが現代社会が直面している問題や、医療現場で論議されている問題です。小論文の授業では、それらの諸問題をテーマとして取りあげ、必要な知識を補充しながら、みなさんの一人ひとりが各テーマに対して「自分の考え」を持ち、それを「小論文に必要な書き方」で、「自分の言葉」で書けるようにすることを目標としています。こういわれるとなにやら大変なことのように聞こえますが、一言でいえば、テーマに関する知識を消化し、そのプラス面とマイナス面を整理し、マイナス状況をプラスに転じる対策について読み手にわかりやすい言葉で書けるように練習をするということです。確かに、簡単なことではありませんが、練習を繰り返すことで確実に力がつきます。

小論文の勉強とは、「自分のものの見方」「自分の考え」を形成していく訓練だと思います。そこで大切なことは二つあります。一つは日常生活の中で目にふれる情報に対してただ鵜呑みにするのではなく、その情報が伝える物事のプラス面とマイナス面を整理し、「それは本当か」「それは正しいのだろうか」という「問い」を発してみることです。そして、「なぜ正しいのか」「なぜ正しくないのか」、その理由を順序立てて考えてみること。この繰り返しが、自分のものの見方、小論文において重要な「問題を発見する眼」の形成や「問題解決能力」の形成につながります。

それからもう一つ大事なことは、様々な議論を知るということです。「自分の考え」というものは、最初から頭の中にあるわけではありません。テーマに関連した様々な問題を知り、それらに関する他者の意見を知った時、はじめて「自分もそう思う」「いや、それは違うのではないか」という形で、そのテーマについての「自分の考え」が形成されてくるものなのです。だから様々な議論を知ることは、自分の考えを明確にしていくためにも必要なのです。

従って、小論文の授業では、「テーマに関する知識」の補充とともに、様々な議論を知ることで、目の前の事象を多面的、立体的に捉える「問題を発見する眼」「自分の物の見方」を受験生一人ひとりが身につけ、各テーマについて「自分の考え」を持って答えることができるようにすることを目標にしています。

▲小論文講師紹介 | トップへ戻る

カリキュラム紹介

前期

【基本事項の確認】
医療と倫理・現代社会の諸問題など基本テーマの確認、医療技術の進歩とその問題点の確認、最近の出題傾向の確認を行います。

後期

【過去問演習】
前期に学んだ基本を応用して、テーマ型・課題文型・資料型など、様々な形式の小論文に対処できる力をつけることを目標とします。

▲小論文講師紹介 | トップへ戻る

授業体験・無料配信 メルリックス学院が誇る最強講師陣の授業を動画で配信

講師一覧

  • 大橋 義人の写真
  • 大橋 義人
  • 明治大学大学院
    政治経済研究科修了
  • 主任講師
  • 宮園 真理子の写真
  • 宮園 真理子
  • 日本大学大学院
    博士課程前期修了
  • 渡邊 富士子の写真
  • 渡邊 富士子
  • 東京学芸大学
    大学院修了
  • 今井 文人の写真
  • 今井 文人
  • 早稲田大学
    法学部卒業
   

学習方法やカリキュラムについてもっと詳しく知りたい! 資料請求・お問い合わせこちらまで

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

▲小論文講師紹介 | トップへ戻る

こちらはメルリックス学院の最強合格システムに関するページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。私大医学部入試、再受験、面接、医系小論文、編入を徹底的に対策いたします。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。