昭和大学 受験合格のための攻略ガイド 2017

昭和大学受験合格必勝のための攻略ガイド

昭和大学受験合格必勝のための攻略ガイド

昭和大学

昭和3年 昭和医学専門学校を開学
昭和21年 昭和医科大学として開設
昭和39年 昭和大学と改称、薬学部を開設
昭和40年 富士吉田校舎が完成
昭和52年 歯学部を開設
平成14年 保健医療学部を開設
開学年度
昭和3年
創設者
上條 秀介
理事長
-
学長
小出 良平
学部所在地
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
交通手段
東急池上線・大井町線旗の台駅より徒歩5分
公式HP
http://www.showa-u.ac.jp/

昭和大学 医師国家試験状況と教授出身大学比率

医師国家試験合格状況

医師国家試験合格状況

昭和大学の過去5年間の医師国家試験合格状況です。新卒とはその年に医学部を卒業する卒業見込者(6年生)を指し、既卒とは医学部を卒業した者を意味します。

教授出身大学比率

教授出身大学比率

メルリックス独自の調査に基づき算出したものに、昭和大学からのデータを加えています。最大で6校までとし、それ以外はその他に含めています。大学によっては非公表としているところがあります。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲昭和大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

昭和大学 受験科目の最新出題傾向分析

昭和大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

'16は'15と同形式の大問5題で、さらに易化した印象である。[1]発音3問、アクセント2問。[2]空所補充文法問題10問。[3]単語記入問題8問。[4]会話完成問題3問。[5]失敗から学んだことに関する読解。6問の中に、和訳と内容合致がある。'15よりも記述部分が減り、2年連続の易化と言えそうだ。ちなみにⅡ期試験は、形式は同じだが、[5]の読解での記述量が多い(80字の日本語説明など)。読解の内容合致の正解精度を高めることと、和訳や日本語説明、整序問題などの一般的な問題に慣れておくことを心がければ、いわゆる受験勉強で乗り切れるレベルではある。その分、高得点の勝負となるだろう。

対策

内容合致のみの読解形式が特徴的だった'08まで、また時間短縮に踏み切った'10と'12。さらに、すっかり様変わりしたようにも見える'13、'14、'15。'16は変化しなかったが、形式は常に揺れがある、と思っておいた方が良さそうだ。ただ、安定した語彙力と文法力がなければ合格におぼつかないのは、毎年同じだし、今後もそうだろう。発音・アクセントは満点対策を。空所補充問題、単語記入問題、整序問題、誤箇所指摘問題などは受験生として必須項目なので数多くこなしておこう。安定した英語力をつけることを目標にし、またセンターレベルでは高得点がとれる力をつけておけば、合格の2文字が見えてくるだろう。

英語科:堀先生

数学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

全4題のうち毎年[4]が数学Ⅲの微分・積分の問題となっている。極限も'11には出されなかったが頻出。他には確率、数列、三角関数、ベクトルの問題などが頻出。[1]は小問集で[2]は誘導問題となっていることが多く、[3]と[4]は誘導だったり小問集だったりしているが、'16は[1]が誘導で残り3題が小問集であった。上位私立大受験レベル典型問題の解法を身につけてその場でじっくり考えれば解ける問題が中心。'11以降は易しめだがやや考えさせる問題となっていることが多く、'16は中堅私大向け問題集に載っているような典型問題ばかりであった。問題は易しめだが時間が足りないと思われる年もある。

対策

難問が出されることはほとんどない。上位私立大受験レベルの典型問題の解法や考え方をしっかり身につけ、問題の意図をしっかり読み取り誘導に乗れば解ける問題がほとんど。'11以降は易しく特に'16は易しかったが、制限時間の割には分量が多めで手間がかかる問題が出される年もある。難問を解くテクニックを覚えるよりも、まずは基本的なことを、単に暗記するのではなく考え方をしっかりと理解してから覚えるように。上位私大レベルの典型問題の解法はどの単元も一通り身につけ、そのレベルの問題をできるだけ多くこなして解くスピードもつけておこう。さらに過去問を解き、この大学の問題に慣れ時間配分もできるようにしておこう。

数学科:寺西先生

化学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問5~7題程度の出題が例年続いているが、'14以降ではⅠ期、Ⅱ期ともに5題の出題であった。標準的な問題がほとんどで計算問題も複雑ではなく、論述問題も短い論述なので全体的に難しさはほとんど感じない。しかし、例年Ⅰ期、Ⅱ期とも空所補充の数がやや多く、生命科学に関する知識が必要な問題も多く出題されている。'16ではⅠ期でCODの測定や尿中の糖やタンパク質の定性に関する問題などが出題され、Ⅱ期ではペプチドの構造に関する問題が出題されている。近年では植物の必須微量元素に関する問題や、サポニンの洗浄作用なども出題されたり、電子軌道の話題が出題されたこともある。また、炭酸水素ナトリウム水溶液のpHを求める計算問題が出題されている。

対策

'14以降空所補充問題の割合が減少し、'16では空所補充の問題は出題されていない。例年空所補充の問題ではかなり深い知識が要求されることが多かった。また、生命科学に関する問題がかなり深い内容で出題されることも多いので、可能な限りそうした話題や問題には触れておくようにしておきたい。さもないとかなり戸惑うことになる。全般的には難しい問題はほとんどないので、受験の対象になりやすい話題や内容に関してしっかり整理してまとめておけば対処は出来ると思われる。また受験の定番問題をきっちり仕上げる努力をしておきたい。特に物理選択者は生命科学に関する問題に弱いのでしっかりと対策をしておく必要がある。

化学科:小枝先生

生物

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問4題となっているが、小問が含まれているので全体では8題の構成となっている。1題は分類に関する内容で、5界説・紅藻類の特徴を30字で書く問題が出された。1題は実験に関する考察問題で、20字が2問、30字、テロメアの塩基配列を書く問題が出された。1題はマラリアに関する内容で、ハーディー・ワインベルグの法則を使った計算問題が出された。1題は窒素に関する内容、1題はマクロファージに関する内容、1題は動脈の断面図の作図が出された。1題は進化史、1題は心臓と酸素解離曲線の問題が出された。記述は合計で260字あり、計算問題も多い。新課程からの出題が多く、今まではあまり扱われなかった内容からの出題も多い。

対策

例年とは異なり、記述問題が多く見られる等、出題内容に変化を持たせている。各問題も空所補充、計算、記述と解答方法も変化させている。新課程からの出題が多く、各種のホルモンの名称とその働きを詳しく問う内容が多いのが特徴となっている。また、生態系からの出題も珍しく、内容も難しい。例年出題分野が少なく、分野の内容も深く問われる事が多かったが、本年は特に細かい内容を問われる問題が多い。過去のデータにとらわれる事無く、全ての分野において、図表などを活用し、細かい内容まで熟知するように勉強する事が必要と思われる。

生物科:日田先生

物理

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問4題で構成され、力学と熱力学が各1題、電磁気2題が出題されている。力学はケプラーの第3法則を実験データから導く問題で、熱力学は細管によって連結された断熱容器での理想気体の混合が出題されている。電磁気の1題目は2本の直線電流が長方形コイルに及ぼす力が出題され、2題目は3つのコンデンサーの接続に誘電体の挿入も含まれる問題が出題されている。全体的に標準的な問題が多いが、ケプラーの第3法則を導く問題では片対数グラフや両対数グラフの描画があるので、見慣れず戸惑った受験生が多かっただろう。70分の試験時間でも見慣れない問題では時間がかかるので、あまり余裕はない。手早く問題を解くことが必要である。

対策

やや難度の高い問題まで解いておくこと。見慣れない問題や難度の高い問題が解けることも大切であるが、実際に合格点に達するかどうかは標準問題を失点しないことが重要であり、得点源になる。それゆえ、あまり難問等に固執せずに広範囲に勉強をしておくことが大切である。また、見慣れない問題を解く場合の注意点は、一般に知られていない法則を用いて解く問題はあまりないので、落ち着いて問題を読み、いままで解いてきた問題と比較してみることであり、出題者の意図が理解できれば問題は解ける。毎年のように記述や描画が出題されるので準備が必要である。'16は'15より難度が下がっているが、また上がることを想定して準備しておくこと。

物理科:吉武先生

昭和大学大学受験の最新総評

I期・II期の2回試験が行われ、近年、難易度が上昇している私立医学部の1つである。

I期の正規合格者のうち78名は特待生扱いとなり、6年間の学費が1,900万円と、私立医学部では初めて学費の総額が2,000万円を切った。I期の正規合格と繰上合格を合わせた総合格者は毎年250名を越える。

セ試利用は全国を6ブロックに分ける地域別選抜であり、現役生のみ受験できる。出願資格があるなら狙ってみてもいいだろう。

◆英語
取りこぼしをしない、広範囲に亘る安定した英語力を
◆数学
上位私立大入試レベル典型問題の解法をしっかり身につけよう
◆化学
定番問題と標準問題からの出題。高得点を狙え!!
◆生物
記述が多く、問題数も多いので難しい
◆物理
見慣れない問題も出題されるが、題意をくみ取れればできる!!

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲昭和大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

田尻学院長の最新分析-昭和大学編-

写真

分析結果

医・歯・薬・保健医療を揃えた医療系の総合大学で、1年次は富士吉田キャンパスで4学部合同の4人部屋での寮生活となる。

一般Ⅰ期の合格者78名とセンター試験利用入試の合格者は初年度授業料300万円が免除となり私立医学部では学費が最も安くなる。このため国公立大学との併願者が多く、Ⅰ期の2次受験者のうち半分以上が繰り上げ合格になる。2次試験では、面接の前に医学部と昭和大学の志望理由と影響を受けた人、併願校、医師に向いていると思う点などをアンケートに記入する時間がある。尚、Ⅰ期もⅡ期もアンケートは同じ設問である。これまでⅠ期は1次補欠と2次補欠に分かれていたが、2016年度入試から補欠者としてまとめて発表するようになった。2016年度の繰り上げ合格者は、正規合格者を255名と増やしたため12名と激減した。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲昭和大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。