埼玉医科大学 受験合格のための攻略ガイド

埼玉医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

埼玉医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

埼玉医科大学

昭和47年 埼玉医科大学開学
昭和60年 総合医療センター開院
平成13年 ゲノム医学研究センター開設
平成18年 保健医療学部を開設
平成19年 国際医療センター開院
開学年度
昭和47年
創設者
丸木 清美
理事長
丸木 清之
学長
-
学部所在地
〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
交通手段
東武越生線東毛呂駅より徒歩20分 またはJR毛呂駅より徒歩5分
公式HP
http://www.saitama-med.ac.jp/

埼玉医科大学 医師国家試験状況と教授出身大学比率

医師国家試験合格状況

医師国家試験合格状況

埼玉医科大学の過去5年間の医師国家試験合格状況です。新卒とはその年に医学部を卒業する卒業見込者(6年生)を指し、既卒とは医学部を卒業した者を意味します。

教授出身大学比率

教授出身大学比率

メルリックス独自の調査に基づき算出したものに、埼玉医科大学からのデータを加えています。最大で6校までとし、それ以外はその他に含めています。大学によっては非公表としているところがあります。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲埼玉医科大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

埼玉医科大学 受験科目の最新出題傾向分析

埼玉医科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

小問の総数は2013年に引き続き2014年も前期後期ともに60問となった。
短文が多量に出題されるので、センターレベルの英文を速読しながら、パラグラフごとに主題文を探していく練習を積むと良い。
文法問題は「倒置」など文構造を主眼とするものや、逆にポイントがわかりづらい長文ものが好まれる印象があったが、この数年は影をひそめている。
ヴィジュアル系問題はもちろんのこと、過去に出された問題も復活するものと思って準備しておくべきだろう。

英語科:堀先生

数学

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

上位私大レベルの問題集をしっかりやっていれば解けるような問題が中心だが、2014年は多少工夫の要る問題が中心。
[1]は中堅私大レベルの基本問題が様々な単元から出され、[2]や[3]は図形がらみの問題か微分・積分の問題が多く、[4]は「場合の数・確率」。最近は図形的にじっくり考えさせる問題が出されている。
まず基礎を固め、図を描き図形的な意味を考えながら解く問題や積分の計算、場合の数・確率の問題は応用レベルまでやっておこう。

数学科:寺西先生

化学

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

前後期とも問題の量、難易度ともにほとんど変化はない。例年、難問はほぼ見当たらず受験勉強をしていく中で必ず学習をしている問題の集まり。しかし、マーク数が50問程度あると同時に計算問題も少なからず含まれているため時間的には注意を必要とするだろう。
教科書に掲載されているような基本的な知識の確認、受験化学の定番の問題の習得。さらには、計算問題を解くに当たってスムーズに計算式をつくり、要領よく計算をすることなどを心がけた学習をしておきたい。

化学科:岸先生

生物

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

大問4題の構成。2題はすべて分野の混ざった複合問題となっているので、内容は生物のほぼすべての分野にわたっているので注意を要する。解答数は60となっている。
大問の分野が少ないので、苦手な分野を作ってしまうと危険である。
実験問題は文章の読解力と分析力が必要になるので、国公立の二次の試験問題を参考にして練習をするとよい。いずれにせよ、実験と遺伝を除いては基本問題で、時間的にも余裕があるのでケアレスミスによる失点は危険である。

生物科:金子先生

物理

表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

表※5段階で評価

表

例年大問3題で構成され、力学、電磁気、熱力学の出題が多く、原子もよく出題されている。標準問題を中心に出題されているが、一般に出題の少ない問題が出題されることもある。
特に原子は新課程で必修とはいえ学習が未完成の受験生もいると思う。埼玉医科大学では原子の出来次第で合否が分かれることがあるので、しっかりマスターしておかなくてはいけない。試験時間が50分と短いので、時間配分には注意が必要である。

物理科:吉武先生

埼玉医科大学大学受験の最新総評

一般入試で前期・後期の2回試験が行われ、両方で補欠合格候補者となった受験生が繰り上げ合格になる場合、後期の合格者として繰り上げされる。また、前期・後期で不公平が生じないようにバランスよく繰り上げを出している。

入試では英語の配点が150点と高く、試験時間が80分と他の教科より長いことからも英語を重視していることがうかがえる。また、国語的な能力も重視しており、推薦入試・一般入試で行われる小論文(基礎学力試験)は現代文の総合問題で、配点は50点である。

◆英語
要領よく数多くこなす処理能力が必要。
◆数学
「場合の数・確率」「微分・積分」は必出、図形の問題も多い。
◆化学
マーク形式、問題数は多い・・・時間がかかる。
◆生物
問題数は多いが、時間的には余裕があるので焦らずに解こう。
◆物理
’14は後期に原子が出題されている、準備はしっかりとしよう。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲埼玉医科大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

田尻学院長の最新分析-埼玉医科大学編-

写真

分析結果

人口10万人当りの医師数が日本で最も少ない埼玉県で唯一の医学部を有する大学で2011年に新しい教育棟が完成し、教育環境が一層整った。ゲノム医学センターなどでの先進医療研究は、理化学研究所などとの共同研究も含め活発に行われている。また、2014年6月に新しい理事長が就任し、今後が注目される。

埼玉医科大学の入試で注意しなければならないのは推薦も一般も「小論文」である。埼玉医科大学の小論文は「現代国語」と考えた方がいいかもしれない。埼玉医科大学を受験するのであれば、独特の小論文の準備として、過去問をやっておいた方がいいだろう。一般後期入試は他の医学部に合格した受験生は出願していたとしても基本的に受験しない。既にどこかに合格した強敵のいない戦いであるから、最後までチャレンジしてもらいたい。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲埼玉医科大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。