北里大学 受験合格のための攻略ガイド 2017

北里大学受験合格必勝のための攻略ガイド

北里大学受験合格必勝のための攻略ガイド

北里大学

昭和45年 北里大学医学部を開設
昭和46年 北里大学病院開院
昭和61年 北里大学東病院開院
平成元年 北里研究所メディカルセンター病院開院
平成25年 北里研究所メディカルセンター病院を
北里大学メディカルセンターに改称
平成26年 新・北里大学病院開院
平成27年 北里大学特別栄誉教授大村智博士
ノーベル生理学・医学賞受賞
平成29年 北里大学臨床教育研究棟完成予定
開学年度
昭和45年
学祖
北里 柴三郎
医学部長
宮下 俊之
学長
-
学部所在地
〒252-0374 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
交通手段
小田急線相模大野駅よりバス25分
公式HP
http://www.kitasato-u.ac.jp/

北里大学 医師国家試験状況と教授出身大学比率

医師国家試験合格状況

医師国家試験合格状況

北里大学の過去5年間の医師国家試験合格状況です。新卒とはその年に医学部を卒業する卒業見込者(6年生)を指し、既卒とは医学部を卒業した者を意味します。

教授出身大学比率

教授出身大学比率

メルリックス独自の調査に基づき算出したものに、北里大学からのデータを加えています。最大で6校までとし、それ以外はその他に含めています。大学によっては非公表としているところがあります。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲北里大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

北里大学 受験科目の最新出題傾向分析

北里大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問数は5→4題に減ったが、出題傾向や内容に大きな変化はない。読解部分は2題で、長文は「フィクションを読むことは脳に好影響を与える」という内容。問いは例年同様、語句の空所補充、同意表現、内容合致。もう1つは医師と患者のやや長めの会話文で、内容合致の他に脱文挿入が10か所('15は8か所)、問題になっているのは全て質問者(=医師)の発言になっていることまで'15同様。会話の流れに気をつけることと、expecting(妊娠している)や period(月経)などの語彙知識もカギ。文法関連は、短文完成、同意表現がなくなり、発音・アクセントと整序英作文(6問)となった。前者は発音とアクセント融合問題で対策が不十分だと迷うものもあり、整序英作文は一続きの日本文を6つに分けた形式で標準レベル。

対策

近年、長文と会話文、文法問題という内容だが、'15~'16に見られるようにその内訳は流動的なので、今回出題のない短文完成や同意表現対策ももちろん手抜かりなくやっておきたいところ。同意表現も日頃から積極的に増やす努力をしたい。整序英作文は続けて出題されており、定着している感があるので文法問題の中でも重要視して念入りな対策が必要だ。整序にとどまらず、実際に文法・語法を用いて英文を書く練習をしておくと自信もつくだろう。長文については、従来同様、身体のメカニズムやさまざまな病気とその治療や予防などに関する英文に触れておくのは有効だろう。また「医師と患者」など会話文が出題されているので、やや長めのインタビュー記事などを読んでおくのもよい。

英語科:牧先生

数学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

[1]の小問集は様々な範囲から中堅私大入試レベルの基本・典型問題を中心に出されているが、意外に難しく手間のかかる問題も混ざっていることがあるので注意。'16の[1]は中堅~上位私大レベル問題集によく載っていそうな問題。[2],[3]は記述式の大問で、'15まで毎年[3]が微分・積分だったが'16は[2]が図形の問題で[3]が「いろいろな曲線」。新課程となった'15からは[2]か[3]で「いろいろな曲線」の問題が続けて出されており、'15は[2]で楕円、'16は[3]で双曲線。毎年[3]には証明問題が入ってくるが、'15も'16も [3]の証明問題は国公立大で出されそうなタイプの問題であった。

対策

[2]や[3]でよく出される「いろいろな曲線」や「微分・積分」については私大上位・国立大上位レベルの典型問題をしっかりこなしておこう。他の単元も私大中堅~上位大レベル、できれば国公立上位大レベルの典型問題までおさえておいた方がよい。難しい考え方・テクニックを要求しているわけではないが、典型問題の設定を少しひねってあることも多く、特に最近の[2]と[3]では国公立大で出されそうなやや考えさせる、表面的なパターン暗記では通用しない問題が出されている。普段の勉強では、解法暗記ではなく「どう解くべきか」「なぜそう解くのか」等を考えながらやっていこう。また、過去問で時間配分や誘導などにも慣れておこう。

数学科:寺西先生

化学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

例年大問4~5題程度の出題が続いており、合計25問程度のマーク形式の問題が化学の全範囲から出題される。試験時間が理科2科目で100分に短縮されて以降、若干問題数が減少し、'13では25問、'14では24問、'15では24問、'16では26問の出題になっている。それにしたがい計算問題の数もやや減少し、文字式を使った計算問題などがしばしば出題されるようになっている感じだ。が、受験生にとってはやはり時間との戦いをすることになったであろう。'16では[1]が小問集合8問。[2]でイオン結晶と格子エネルギー。[3]でアルミニウムの関連化合物。[4]で蒸気圧を考える気体の問題。[5]でC4のアルコールの構造決定の問題が出題された。

対策

例年、設問のひとつひとつは平易な問題であるが問題数がやや多く、計算問題の占める割合も例年やや多く、'16では26問中6問が計算問題だった(別に、近年では文字式を使った計算問題も出題されている)。本番の試験では時間の使い方も大きく合否に関わってくるように思われる。計算問題では時間をかけずに方程式を立てることができる、そして、要領よく計算することができること、また、知識問題でも時間をかけて思い出すのではなく瞬間的に解答ができるような演習が必要であろう。また、精度の高い知識が合格への近道であることは違いない。化学の全範囲からもれなく出題されるので苦手分野を残しておくことは許されない。

化学科:小枝先生

生物

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問3題となっている。全解答数は54問である。1題は遺伝子に関する内容で、DNAの構造・複製・ラギング鎖とリーディング鎖・3末端と5末端・複製速度の計算・真核生物の遺伝子発現・サーカディアンリズムと遺伝子・調節遺伝子が出された。1題は血液とヘモグロビンに関する内容で、血球と合成場所・二酸化炭素の運搬・血液凝固・ヘモグロビンの構造・ミオグロビンの構造・酸素解離曲線と計算問題・胎児の酸素解離曲線などが出された。1題は光合成に関する内容で、明反応の4種類・補酵素・回路・水素・カルビンベンソン回路・炭素数・気孔の開く順・膨圧・計算問題が出された。問題数が多い事と計算が有る事から、時間的にも難しい。

対策

出題される分野が少ないが、核酸とタンパク質・神経と筋肉・代謝は頻出なので、必ずマスターしておこう。生態系からの出題は無いが、他の大学では増えているので押さえておこう。生態系は範囲が広いのでなかなか覚えることは難しいが、進化の項目と動物の種間関係は覚えるようにしよう。進化に関しては動物や植物の分類とも関連するので、極端にいえば生物全範囲が理解できていなければ覚えにくい分野と言える。他の分野に関しても、生物に必要な語句の意味と使い方は正確に覚えること。また、反応に関する数値や実験者名も図解を使って覚えると良い。時間的にあまり余裕は無いと思われる。時間配分には注意しよう。

生物科:日田先生

物理

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問3題で構成され、小問集合、力学、熱力学からの出題である。小問集合は動滑車を含む物体系のつりあいと等加速度運動、水平投射された物体の水平面と壁でのはね返り、3本の直線電流による磁場と力、抵抗とコンデンサーによる直流回路、3つの媒質での光の屈折と全反射が出題されている。力学はばねで連結された2つの物体の斜面上での運動で、なめらかな面と、粗い面の2種類の斜面がある。熱力学は熱気球での理想気体の状態変化で、気球内にはニ原子分子理想気体が入っている。小問集合は基本的な問題が中心であるが、意外と時間がかかるので、要注意である。50分の試験時間ではあまり余裕はないので、手早く解くことが必要である。

対策

基本~標準までをしっかりと解いておくこと。小問集合を含めると、全分野(原子は範囲外)からの出題となっているので、苦手な分野ややり残した分野を減らしておくこと。'03の電場内の荷電粒子の運動は一見すると難しいが誘導に乗れば、解くのは苦労しない。このような問題では先入観を捨て、問題をしっかり読み、内容を把握することが重要である。'08と'09は時間のかかる問題が増え、'10からは試験時間が50分になったので、時間にあまり余裕がなかったが、'13~'15では若干余裕がある。解いている問題に集中し、計算や問題の読み取りなどにケアレスミスをしないことが大切であるが、時間のかかる問題は後回しにすることも必要。

物理科:吉武先生

北里大学大学受験の最新総評

入試日程によって志願者数が左右され、特に関東圏の大学と1次試験日が重なると志願者が減る傾向にある。2016は獨協医科大学と重なっており志願者を300人以上減らして2,298人としたが、2017は1次試験日がどの大学とも重なっておらず、志願者は2,690人と増加した。

数学以外はすべてマーク式。入学者の現浪比には指定校推薦で合格した40人あまりの現役生が含まれているので注意したい。

◆英語
文法問題の出題は一定せず、満遍なく幅広い演習を心がけよう
◆数学
「いろいろな曲線」に注意。典型問題の解法をしっかり身につけて
◆化学
標準的な問題。高得点が可能
◆生物
問題数が多くなり、時間的にも難しい
◆物理
難度の高い問題は少ないが問題数が多いので、手早く解くこと!!

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲北里大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

田尻学院長の最新分析-北里大学編-

写真

分析結果

首都圏にある大学とは思えないほど緑が豊かな広大なキャンパスに北里大学医学部はある。医学部のある相模原キャンパスは全面的な建て替えが進んでおり今後、最新の設備で学ぶことが可能になる。白金キャンパスには1972年の設立以来、東洋医学のメッカとして先駆的な役割を果たしてきた東洋医学研究所があり、東洋医学にも造詣が深い。ここでは東洋医学ドックなどが行われている。

指定校推薦入試は学力試験も課されるが、合否を分けるのは独特の2種類の面接であろう。いずれも3人一組で行われ他の受験生と比較されるため優劣がはっきりする。聞かれることは毎年、ほとんど同じであるだけに事前の準備は怠れない。

一般入試で出題される問題は、どの科目も学習成果がきちんと計れる「良問」で構成されており「まぐれ」は無い。編入学試験は数学だけ問題が異なる。面接は推薦では3名、一般では2名が並んで同時に受ける。これは受験生を比較するためで、必然的に面接で差が付く。周到な準備は欠かせない。

一般入試では神奈川県地域枠5名、茨城県地域枠2名、山梨県地域枠2名、相模原市修学資金枠1名が設定されている。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲北里大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。