慶應義塾大学 受験合格のための攻略ガイド 2017

慶應義塾大学受験合格必勝のための攻略ガイド

慶應義塾大学受験合格必勝のための攻略ガイド

慶應義塾大学

大正6年 慶應義塾医学科を開設
大正9年 慶應義塾大学医学部が発足
昭和27年 新制慶應義塾大学医学部に昇格
平成13年 看護医療学部を開設
平成20年 共立薬科大学との合併により、薬学部・大学院薬学研究科を開設
開学年度
大正6年
創設者
北里 柴三郎
塾長
清家 篤
学長
-
学部所在地
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
交通手段
JR信濃町駅より徒歩1分
公式HP
http://www.keio.ac.jp/

慶應義塾大学 医師国家試験状況と教授出身大学比率

医師国家試験合格状況

医師国家試験合格状況

慶應義塾大学の過去5年間の医師国家試験合格状況です。新卒とはその年に医学部を卒業する卒業見込者(6年生)を指し、既卒とは医学部を卒業した者を意味します。

教授出身大学比率

教授出身大学比率

メルリックス独自の調査に基づき算出したものに、慶應義塾大学からのデータを加えています。最大で6校までとし、それ以外はその他に含めています。大学によっては非公表としているところがあります。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲慶應義塾大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

慶應義塾大学 受験科目の最新出題傾向分析

慶應義塾大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

8年連続で大問4題の出題である。読解3題と自由英作文1題の形式は6年連続。英文の量は'11が異常に多かったが、'12からは約4ページで定着している。質量ともにレベルは高く、他大学を引き離す貫禄を示すかのようでもある。[1]はCOP21に対する見解についての読解。[2]はゆっくり読書をすることがテーマの読解。[3]は期待に対する評価基準に関する読解。3題の読解に対して空所選択補充が26問。語形変化と反意語記述が合わせて20問。和訳が4問。和文英訳が4問。日本語説明が2問。内容真偽が合わせて8問となっている。従来に比べれば英文は標準的なせいか、英語による注も少ない。[4]は約100語の自由英作文。これで試験時間は90分である。

対策

「対策」を立てる前にまず高レベルの英語力が必要である。その上で、読解は和訳の訓練が必須である。全体の流れが取れていないと下線部の意味するところも見えてこない。それを採点者にわからせる記述力(国語作文力)を鍛えなければならない。内容説明では、根拠となる箇所を的確に見抜く力がなければならない。和文英訳も一筋縄では行かない。まず日本文を噛みくだいて、言わんとするところにできるだけ近い英文を作成する技術を養成しなければならない。単語集に出ていない語句が出ても、慌てずに自分の言葉に置き換えられるかがカギとなる。加えて自由英作文にも慣れておく必要がある。いわゆる受験英語の最高峰に登る覚悟がいる。90分フルに、知的集中力を途切らさず、挑まねばなるまい。

英語科:堀先生

数学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

100分で4問。穴埋め中心で記述式の証明問題などが1、2問入ることが多い。[1]は他の3問に比べれば易しめの小問集。[2]か[3]に「操作(T)」の確率の問題が入ることが多く過去問を見ると似たようなテーマ・設定の問題が繰り返し出されている。後半の2題は数学Ⅲの微分・積分などの証明の入った国公立最難関大レベルのかなり考えさせる総合的な問題となっていることが多く、'15と'16は[4]に証明問題が入っており、'14年の[3]は軌跡の問題で証明問題ではないが記述の問題が入っていた。'12のようにすべて穴埋め問題の年もある。論証能力と計算処理能力の両方がかなり高くないと合格ラインに達するのは難しい。

対策

まず私大上位大、国公立上位大レベルまでは基本的なところでの穴を無くし[1]で確実に点を取れるようにしておこう。[2]や[3]で出される「操作(T)」による確率(漸化式)の問題は似たような設定の問題も過去に繰り返し出されているので、この問題については過去問を通してよく慣れておいたほうがよい。後半2題の中に入っている数学Ⅲなどの総合的な問題は国公立最難関大レベルの問題となっており、かなり高い論証能力と計算処理能力の両方が要求されることが多く、解法パターンをただ覚えているだけの生半可な学力ではまず解けない。数学Ⅲを中心に最難関国公立レベルの総合的な問題をできるだけ多く解いて実力をつけておこう。

数学科:寺西先生

化学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

例年大問3題からの出題で生物化学の内容を題材にした設問も多い。'16では[1]で電池に関する総合的な問題。[2]は二酸化炭素を題材にした総合問題で発生法、気体の溶解度、炭酸の電離平衡に関する問題が出題されている。'16の問題の中では[2]が最も難易度が高かった。[3]では窒素を含む芳香族化合物の構造決定の問題が出題され、受験生のレベルを考えると落とせない問題だと思われる。全般的に見ると近年ではやや問題が易化しているような印象を受けるが、しばしばレベルが高い内容での出題が行われているので注意が必要。受験生のレベルを考えるとかなりの高得点を取らないと合格は厳しいと思われる。

対策

例年、基本的に大問3題の出題が続いている。近年ではやや易化の傾向がみられるが、やはり、問題の内容を整理し、正確に読み取り、スムーズに計算できる力が必要な問題である。また、生物化学の問題を題材にした問題構成になることも多い。標準的な問題や定番の問題での取りこぼしは絶対に避けなければならない。また、受験の定番の問題をしっかりと理解し身に付けていれば、ほとんどの問題は解答に窮することはないと思われるが、やや考察が必要な問題の出題もあるので、そうした面での準備も怠りなく行いたい。対策としては難関の国公立大学の問題なども含め、難易度がやや高い問題もあたっておく必要がある。いずれにしても合格点に到達するにはかなり精度が高い学習が必要になる。

化学科:小枝先生

生物

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問3題となっている。1題は発生に関する内容で、ウニとカエルの発生・中胚葉誘導の実験等に関して30字・70字の記述と作図があった。1題は聴覚と味覚に関する内容で、味覚に関する名称・神経系・実験考察・40字の記述・作図が出された。1題は総合問題で、ミトコンドリア・共生説・イントロン・PCR法・コドン・電気泳動・制限酵素などが出題され、50字と60字の記述と作図が出された。例年実験問題が多く、考察を答えさせる内容が多い。ただ、丁寧に読んで内容を理解すれば解ける問題が多い。また、設問の中に答えのある場合も多い。いずれにせよ、実験問題を解くには内容を速く正確に理解する必要がある。

対策

実験問題も文章も読解力がなければ解くことはできない。その時に重要なのは、生物に関する語句の意味が正確に分かっていることである。意味や使い方が分からなければ、問題を解くこともできない。まずは、生物の全ての語句を正確に覚えよう。次に、実験問題の解き方に慣れるように、多くの問題集の実験問題を解いておこう。実験問題は数多く解くほど解き方が分かり、解きやすくなる。また、器官に関しては専門書を読んで、知識を深めておくと良い。文章の読解力があればそれほどの知識は必要ではないが、専門に近い知識があればより解きやすくなる。できるだけ多くの書籍を読んでおこう。

生物科:日田先生

物理

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

小問集合を含む大問3題で構成され、波動、電磁気、原子、力学からの出題である。小問集合は円運動する音源によるドップラー効果、AED(除細動器)の原理、ウランの核分裂、中性子のβ崩壊、水素原子核の核融合が出題されている。力学は二輪車の安定性を力のモーメントにより考察する問題が出題されている。電磁気は電荷が一様に分布する金属細線による電場からの力を用いたリニアモーターの仕組みが出題されている。小問集合はAED以外は解いたことがある問題なので解き易い。二輪車は慣性力の扱いと摩擦力の向きの正しい理解が必要である。リニアモーターは誘導に乗れば解ける。時間にあまり余裕はないので、効率よく解かなくてはいけない。

対策

標準~難度の高い問題をしっかり解いておくこと。'13~'16は'07や'10、'12と同様に'08、'09、'11に比べてやや易化している。難度の高い年度を想定すると柔軟な思考力とスピード、問題を的確に読み取る読解力が必要である。そのためには、単に問題を数多く解くだけではなく、難度の高い良問をじっくりと解くと良い。そのことにより、読解力と応用力がつくので、少々厳しい問題でもしっかり自分で解くこと。論述や描画も出題されているのでしっかり準備しておくことも必要である。高い計算力も要求されるのでその点の準備もしっかりとしておくこと。原子は毎年出題されているので、しっかりと準備することが必要である。

物理科:吉武先生

慶應義塾大学大学受験の最新総評

名実ともに私立医学部の最高峰。入試問題も受験生の本質的な思考力・読解力を問うもので、暗記やパターン学習だけでは到底歯が立たないものが出題される。以前は大学独自の試験の他に、センター試験の英語を課していたが、2006に廃止されてからは目立った入試の変更はない。

志願者が増加傾向にある私立医学部の中で、難易度の高さが敬遠されてか年々志願者は減少しており、2016は遂に1,600人台となった。繰り上げ合格者は例年50名前後で推移している。

◆英語
生半可な力では対応不可能。和訳、英訳ともに高度な記述力
◆数学
最難関国公立レベルの問題をやりこみ、確率は過去問で練習を
◆化学
細やかな知識と受験の定番問題
◆生物
実験考察が増え、記述も多くなり、解きにくくなった
◆物理
高い読解力と計算力、柔軟な思考力が必要で原子の出題も多い!!

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲慶應義塾大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

田尻学院長の最新分析-慶應義塾大学編-

写真

分析結果

私立大学、そして医学部の雄としてその存在は際立ち、研究業績も輝かしい。長きに渡り私立医学部で最も学費の安い大学であったが、他大学の学費値下げでその地位を失った。しかし、学費が安いことに変わりはなく、学費の値下げではなく2015 年度から奨学金制度を導入した。

入学定員112名のうち付属校から44名が付属推薦で入学するため一般の受験生枠は68名と少なく、難易度の高い一つの要因となっている。また2007年度をピークに志願者が毎年減少を続けていたが2013年度・2014年度はわずかに前年を上回った。だが2015年度・2016年度は再び志願者が減少した。

2次試験では面接の前に、医学部志望理由や併願校、保護者住所、部活、趣味、特技などを書く。これを見ながら面接が行われるので、面接で答えにくいことは、あらかじめ書かないようにしたい。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲慶應義塾大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。