川崎医科大学 受験合格のための攻略ガイド 2017

川崎医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

川崎医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

川崎医科大学

昭和45年 川崎医科大学開学
昭和48年 附属病院開院
平成3年 川崎医療福祉大学開学
平成14年 附属病院西館棟が完成
平成19年 校舎増築棟が完成
開学年度
昭和45年
創設者
川﨑 祐宣
理事長
川﨑 誠治
学長
福永 仁夫
学部所在地
〒701-0192 岡山県倉敷市松島577
交通手段
JR中庄駅より徒歩15分
公式HP
http://www.kawasaki-m.ac.jp/med/

川崎医科大学 医師国家試験状況と教授出身大学比率

医師国家試験合格状況

医師国家試験合格状況

川崎医科大学の過去5年間の医師国家試験合格状況です。新卒とはその年に医学部を卒業する卒業見込者(6年生)を指し、既卒とは医学部を卒業した者を意味します。

教授出身大学比率

教授出身大学比率

メルリックス独自の調査に基づき算出したものに、川崎医科大学からのデータを加えています。最大で6校までとし、それ以外はその他に含めています。大学によっては非公表としているところがあります。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲川崎医科大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

川崎医科大学 受験科目の最新出題傾向分析

川崎医科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

形式はほぼ'15と同じ全4題の出題で、総問数が例年より1問少ない34問である。[1]は短文完成10問。例年偏った出題が多いのだが、'16は満遍なく文法事項を問うている。[2]は日本語つき整序3問。語句のかたまりを捉える力があれば易しめのレベル。[3]は[A][B]に分けた2つの読解で空所補充が9問。語句や文法レベルで問うているものが多い。[4]は'15から長めになった読解で、内容合致4択問題のみ12問。内容は、成人になってから盲目になった人の知覚の変化に関するもの。ここ2年は例年と違い多様な出題がない分だけ英文に集中できたかもしれない。難易度は毎年ほとんど変わらず、きちんと受験勉強をしていれば心配は要らない、と言ってよい。

対策

整序問題に時間を取られる難問が潜んでいたり、読解の内容合致にも2パラグラフにまたがって考えさせる問題が入っていたりと、油断ならないときもある。無駄に時間を取られぬよう、満点を目指さないことも大切な心掛けだと思う。2題目の読解の英文で内容を問う問題は、きちんと読み込んでいないと、紛らわしい選択肢にひっかかることになるので、過去問を解いて間違えた箇所をチェックし研究しよう。読解のテーマは医療関連がほとんどだったが、この3年は違う。内容合致は、パラグラフごとに該当箇所を解いていく方法に習熟して得点源にしよう。少し偏った形式内容のときであれ、ここ4年のような読解に重点を置く形式であれ、正当な受験勉強の延長線上に合格ラインがあると思ってよい。

英語科:堀先生

数学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

80分でマークシートの大問3題。数学Ⅲの積分の問題が必出。他には確率、ベクトル、微分、図形と方程式、極限、対数、数列などが頻出。最近は図形がらみの問題が目立ち、特に[2]で図形がらみの問題が続いており'16の[2]は複素数平面で図形の知識も用いる問題。[3]では数学Ⅲの微分・積分が続いている。センター試験のような誘導形式で、大問の中で基本的な知識や典型問題の解法をいろいろ使わせる事が多いのもセンター試験と同様。中堅私大・センター試験レベル~上位私立大レベルの解法で解ける問題がほとんどであるが、誘導に上手く乗れないと苦戦してしまう問題も多く、制限時間内に高得点を取るにはかなり実力が要る。

対策

典型問題そのままの問題が多い年もあるが、最近は誘導に従い典型問題の考え方をいろいろ組み合わせて解く総合的な問題が多く出されるようになってきた。中堅私大・センター試験レベル~上位私立大レベルの典型問題の解法は一通り頭に入れ、問題もしっかりこなしておこう。特に、出題頻度の高い「確率」「ベクトル」「微分積分」等の単元についてはセンター試験レベルよりやや上のレベルの典型問題は一通りこなして解法を頭に入れ、そのレベルの問題なら迷わず手早く解けるようにしておこう。その上で過去問をやり、誘導や時間配分に慣れておこう。最近は図形の絡んだ問題が目立ってきている。図形の絡んだ総合的な誘導問題にも慣れておこう。

数学科:寺西先生

化学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

例年大問2題の出題形式であるが、いずれも数問程度の小問の集合問題からなり全範囲から満遍なく出題されている。問題内容は全問マーク式の問題。例年、難問や奇問はほとんどなくミスを誘発するような問題も見当たらない。計算問題が多いような感じがするが複雑な問題はほとんどない。また実験の操作の問題が出題されたり、化学の基本法則や化学史に関する問題が出題されたり・・・意外と学習がおろそかになりかねない分野からの出題がなされることもある。また、やや全体のマーク数が多いような感じもするが・・・化学の全範囲をきっちりと受験勉強をしている受験生には難しくない。合格には高得点が必要になる問題内容である。また、合成高分子化合物からの出題は比較的少ない。

対策

例年幅広い分野からの基本かつ標準的な問題が出題され続けている。教科書と教科書準拠の問題集の演習で充分な対応ができる問題内容である。基本的な計算問題などを数多くこなし、間違えることなく方程式を立てることができ、そしてミスなく計算することができる・・・といった演習が必要かもしれない。また、計算問題からの出題も比較的多いと思われるので化学平衡や気体の計算、滴定の計算など学習が遅れている受験生は大いに注意をしておきたい。さらに、実験の器具や操作の注意点、または化学の基本法則などの学習も怠りなく行っておきたい。合成高分子の内容はあまり出題が多くないようだが基本的な知識内容の学習は怠りなくやっておきたい。合格にはかなりの高得点が必要であると思われる。

化学科:小枝先生

生物

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問3題となっているが、2題は小問構成となっているので、実質は8題となっている。1題は免疫に関する内容で、空所補充・血球・日和見感染症・HIV・二次応答・抗体の構造・主要組織適合抗原などが出された。1題は分類と系統で脊索動物が、1題は光合成が、1題はABC遺伝子と配偶子形成が、1題は発生でビコイドとナノスタンパク質が、1題はニューロンで静止電位と活動電位が、1題は真核生物の調節遺伝子が、1題は恒常性が出された。問題そのものは基本的な物が多いが、問題の数が多いので、時間的には厳しいとおもう。ほとんどが選択問題なので、選択ミスが無いように注意して問題を読むようにしよう。

対策

正誤問題や選択問題の基本は、生物用語をどれだけ正確に覚えているかということに尽きる。そのためには、教科書を十分に読み、生物用語の使い方や意味をしっかりと覚えることが大切である。また、基本的な計算問題も出題されるので、ミクロメーターの扱いや光合成・呼吸に関する計算は十分に練習しておこう。'15は筋肉、'13は腎臓に関する計算が多く出された。問題集の基本問題や基本例題を数多く解くことは良いが、それらの問題でも、正誤問題や選択問題をできるだけ多く解くことを勧める。特に正誤問題は、聞かれる内容がほぼ決まっているので、多くの問題を解けば解くだけ解きやすくなってくる。また、計算問題も同様である。

生物科:日田先生

物理

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問2題で構成され、1題目は力学、熱力学、電磁気、2題目は波動、電磁気、原子から出題されている。1題目は円筒内を運動する物体の速度、水平投射された物体の力学的エネルギーによる液体の加熱、斜方投射、小球のばねによる力のつり合いと点電荷による力のつり合い、陽子と電子の磁場内での運動が出題されている。2題目は斜めと垂直に入射された薄膜での光の干渉、交流でのRLC直列回路、素粒子の性質と分類の知識問題が出題されている。基本~標準問題が出題されているが、素粒子は出題が極端に少ない分野なので、解けなかった受験生も多いだろう。試験時間に対して問題数はあり、難度も上がっているので、手早く解かなくてはいけない。

対策

基本~標準問題をしっかりと解こう。'03と'07は2つのテーマのみが出題されていたが、'09,'10,'11,'13,'14は3分野からの出題で、'08と'12は4分野、'16は全分野からの出題であった。特に力学では幅広く出題されているので、苦手な内容でも基本問題は完全にしておくことが必要である。また、'10ではダイオードの記号や物理量の計算などが出題され、知識量や柔軟性を試されているので、十分な準備が必要である。ここ数年、川崎医科大学はいろいろな面で変化を加えているので、'17も問題や傾向に変化があるかもしれない。それに対処する方法は基礎固めの上にしっかりとした実力を身につけることである。

物理科:吉武先生

川崎医科大学大学受験の最新総評

倉敷にあるキャンパスでのみ入試が行われる。全科目マーク式。附属校推薦と特別推薦で約50名を募集する。一般入試の募集人員は静岡県地域枠10名・長崎県地域枠6名を合わせて約76名である。入試問題は取り組みやすいものが多く、1次合格最低点は7割前後である。

繰り上げ合格者数は公表されていないが、1次試験に地方会場が設けられておらず、ここ数年は日程的にも他の大学に挟まれて受けにくいことから、入学辞退者はあまり多くないと思われる。

◆英語
正当な受験勉強の延長線上に合格ライン
◆数学
まず典型問題の解法を身につけ、誘導に上手く乗れるように
◆化学
全範囲から満遍なく・・・標準的かつ定番の問題
◆生物
選択問題が多いので、ミスをしないように選ぼう
◆物理
知識問題や柔軟な思考を試す問題が出題されるので準備が必要!!

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲川崎医科大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

田尻学院長の最新分析-川崎医科大学編-

写真

分析結果

中国・四国地方唯一の私立医科大学。また私立医科大学では付属高校を有する唯一の大学でもある。付属高校の卒業生は、現時点で1601名であるが、そのうち90.3%の1445名が川崎医科大学への進学を果している。高校入試の難易度はそれ程高くなく、最も確実に医学部に進学する道は、川崎医科大学付属高校に入学することだと言ってもいいだろう。

2015年度から静岡県地域枠と長崎県地域枠が各5名で導入され、一般入試と併願で受験できる。尚、面接の前にはアンケートの記入が求められる。それほど神経質になる必要はないが、アンケートの内容は毎年同じなので事前に準備しておきたい。

1年生は全員が、校舎と地下道でつながっている寮で生活を送ることになる。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲川崎医科大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。