金沢医科大学 受験合格のための攻略ガイド 2017

金沢医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

金沢医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

金沢医科大学

昭和47年 金沢医科大学開学
昭和49年 金沢医科大学病院開院
平成15年 病院新館が完成
平成19年 看護学部を開設
平成23年 新アナトミーセンターが完成
平成26年 医学教育棟竣工
平成28年 再生医療センター竣工
開学年度
昭和47年
創設者
-
理事長
竹越 襄
学長
神田 亨勉
学部所在地
〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1
交通手段
北陸鉄道浅野川線内灘駅よりバス10分
公式HP
http://www.kanazawa-med.ac.jp/

金沢医科大学 医師国家試験状況と教授出身大学比率

医師国家試験合格状況

医師国家試験合格状況

金沢医科大学の過去5年間の医師国家試験合格状況です。新卒とはその年に医学部を卒業する卒業見込者(6年生)を指し、既卒とは医学部を卒業した者を意味します。

教授出身大学比率

教授出身大学比率

メルリックス独自の調査に基づき算出したものに、金沢医科大学からのデータを加えています。最大で6校までとし、それ以外はその他に含めています。大学によっては非公表としているところがあります。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲金沢医科大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

金沢医科大学 受験科目の最新出題傾向分析

金沢医科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問数が5~7題と毎年のように揺れ動いていたが、'14から3年連続で4題。[1]短文完成形式の文法が8問。読解3題の形式に定着したようだ。[2]は生物工学に関する短めの読解で、小問が6問。[3]は問題解決に関する読解で、小問が14問。[4]はcritical thinkingに関する読解で、小問が10問。読解は3題とも専門的な知識を必要とするものではない。標準レベルの単語力で対応はできる。指示語の内容を問う問題、同意語選択問題、脱文挿入、内容合致、タイトル選択、整序、発音アクセント融合問題、文型を問うもの、と多彩に小問が用意されている。読む英文は2ページ弱、60分集中力を切らさずに解けるかが課題。

対策

発音アクセント、会話、文法系ではパーフェクトを目指したい。また、時間も切り詰めて読解に臨めるよう、日頃から「秒殺問題」を増やしておこう。読解は3題か4題とみていいが、短い文章の中にぎっしり問題が詰まっている印象である。整序や語定義、内容合致や文法的問題もからめている。また文中の「脱文挿入」(例えば'16の[4]の問4)は最近の医学部入試に特徴的な問題なので、過去問を含め、類似問題に多くあたっておきたい。全体的には、バランスの取れた英語力があるかどうかを試す意図が見て取れるが、基本から標準レベルの問題が大部分である。その分、正答率はかなり高いと見るべきだろう。取りこぼしをせぬよう、日頃から基本を固めておきたい。

英語科:堀先生

数学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

60分でマークシート方式。'12からは誘導形式の大問が4題~6題。図形の絡んだ問題の出題頻度が高く、'14、'15は全て図形やグラフの絡んだ問題で、'16も4題中3題図形やグラフが絡んでいる。「高度な知識は必要ないが、問題を解き慣れている必要があり、図を描いたりして考えながら誘導の意図を読み取らないと時間がかかってしまう」問題の多い年もあり、'13はそのような問題が目立っている。'14は易化しどれも図を描いて考えればすぐに方針が立つ問題ばかりであったが、'15は少し考えて上手く解かないと時間がかかってしまう問題も入っていた。'16はどれも上位私大レベルの典型問題となっている。

対策

'12は易しく、'13は考えさせる問題が多く、'14は易化、'15は少し考えないと上手く解けない問題も入っており、'16はどれも上位私大レベルの典型問題と、難易度は年によって異なる。まず中堅私大レベル典型問題の解法は一通り身につけ基礎レベルでの穴をなくし、その上で私大上位レベル典型問題をやっておこう。全体的に図形やグラフの絡んだ問題が多い。図形やグラフ絡みの問題は総合的で考えさせる問題もこなしておいたほうがよい。一見面倒そうでも誘導に乗れば比較的楽に解ける問題や図を描いて考えると意外にあっさり解ける問題も目立つ。誘導と時間配分に慣れておくためにも、過去問でこの大学の問題に慣れておこう。

数学科:寺西先生

化学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

全問マーク式の出題になり、小問から中問の集合問題の出題になっている。'16では化学の基本的な知識を問う問題、電気分解の問題、ヘンリーの法則の計算問題、緩衝溶液、金属の定性に関する問題、C5のアルコールの構造決定、ジペプチドの構造決定の問題などが出題され、やや易しくなっているような感じがする。また、'15では青色発光ダイオードに関する問題も出題されている。理論化学・無機化学・有機化学からと、ほとんどの分野から満遍なく出題されている。また、過去には実験の報告書の書き方を題材にした小問が出題されている。計算問題でも計算式が立てにくい問題が出題されることもあるが、基本から標準問題で構成されているため合格には高得点が必要。

対策

知識的な問題も計算問題もすべて基本から標準的な問題のみで構成されているので、まずは教科書の内容をしっかり整理し、重要項目を覚えていくことが必要。難問を演習するよりも入試の標準レベルの問題集などを使って、基本的な問題や標準的な問題を繰り返し演習し基礎項目の定着を狙いたい。また、問題の内容を考えると合格にはかなりの高得点が必要であろうから、不注意から誘発されるミスを避けるような努力もしておきたい。近年、計算問題の数が増えてきているため、問題を正しく読み設問を勘違いすることなく解答することや、計算のミスがなるべく起こらないように試験に臨むなどの基本的な試験に取り組む姿勢もきっちりとしておきたい。

化学科:小枝先生

生物

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問3題となったが、1題は小問15問の構成で、細胞・細胞接着・免疫・抗体・アポトーシス・神経系・生態ピラミッド・遺伝子発現・化石・眼・光学顕微鏡・自家受精・成長曲線が出された。1題は細胞周期に関する内容で、DNAの複製・計算・半保存的複製と計算が出された。1題は植物ホルモンに関する内容で、光周性・光受容タンパク質・ホルモン・実験考察問題が出された。小問は生物の全範囲からの出題で、正誤問題の形式となっている。大問は分野を掘り下げた内容となっていて、文章量も多く実験形式となっているので時間がかかる。問題そのものは一般的な物なので、正確に内容を読み取って解くようにしたい。

対策

難解な問題は少ない。多くの問題は基礎・基本的な内容である。しかし、生物用語の意味や使い方・生活環・分類・計算などもあるので、単純に語句を覚えていれば良いというものではない。生物用語を覚えた上で、現象の成り立ちや、変化の経過を十分に理解する必要がある。そのためには、教科書を十分に読んで、図を覚えることはもちろん、全体の流れも覚えるようにすると良い。また、図説に載っている人の名称と業績はセットにしてまとめると良い。同時に、実験内容や分類の基準なども覚え、問題集の基本問題で確認しながら勉強を進めるという方法をとることが良いと思われる。なお、最新の生物や医学に関する内容もある程度押さえておくとよい。

生物科:日田先生

物理

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

小問集合を含む大問4題で構成され、力学、電磁気、原子、波動、熱力学から出題されている。小問集合はトリチウムの構成、音叉でのうなり、定圧変化での気体の流出、薄膜の干渉が出題されている。力学は粗い斜面上に置いた立方体の力のつり合いと力のモーメントのつり合い、電磁気は電球、抵抗、コンデンサー、コイルによる交流回路、原子はコンプトン効果が出題されている。基本~標準問題であり、一度は解いたことがあるような典型的な問題である。小問集合の分だけ'15より大問の数が増えたので、時間配分に注意をすることが必要である。高得点での争いになるので、計算ミスなどのケアレスミスをしないように注意をすることが大切である。

対策

基本~標準問題をしっかり解いておこう。出題範囲は広く、一般に出題の少ない問題、見慣れない問題が出題されることもあるので、注意が必要である。見慣れない問題であっても特別な法則があるわけではないので、特別な勉強は必要ない。難問ではないので、常に柔軟に考え、あせらず問題を読み、内容を正しく把握すればよい。また、誘導がつく時もあるので、誘導にのれるだけの読解力も鍛えておくことが大切である。基本~標準問題が中心であり、テンポよく問題を解けば、解ききることは可能だが、つまずくと時間が足りなくなる場合がある。問題を解く順序や時間配分に注意しながら解くことが大切である。新課程になり原子も出題されている。

物理科:吉武先生

金沢医科大学大学受験の最新総評

2018から公募推薦が廃止され、AO入試の募集定員が27名となる。AOの書類審査(1次試験)がなくなり、一般入試が前期65名と後期10名に分かれる(予定)。

一般入試の入試問題は全問マーク式であり、問題そのものは高得点を狙える難易度。公表されている合格最低点は1次合格者のものなので、過去問を解いて目安にしておきたい。

医学部の中では、一般入試で合格する現役生が非常に少ないこと(2016は正規合格者106名中、現役生は4名)、入学者に占める女子の割合が例年40%前後と非常に高いことが特徴。

◆英語
平易な内容だが、その分、正答率が高い。基本重視と、集中力
◆数学
図形の絡んだ誘導問題の出題頻度が高い。基礎の理解をしっかりと
◆化学
基本問題から標準問題。高得点が狙える
◆生物
総合問題と分野別の問題構成となった。時間的に厳しい
◆物理
高得点での争いになるのでケアレスミスでの失点をしないこと!!

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲金沢医科大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

田尻学院長の最新分析-金沢医科大学編-

写真

分析結果

日本海側にある唯一の私立医学部。研究を単なる研究に終わらせず、研究の成果を社会に還元すべく、約450名の研究者ごとの研究内容をHP上で公開している。06年にはバイオベンチャー企業も設立し実績もあげている。また、富山県氷見市の氷見市民病院の経営健全化に向け08年4月から金沢医科大学が指定管理者となり新たに金沢医科大学氷見市民病院としてスタートした。

AO・指定校推薦・公募推薦・編入学・一般入試と多様な入試制度を持つ。いずれの入試も面接は金沢医科大学独特のグループ討論が行われる。9分間で資料を読むところから始まる金沢医科大学独特のグループ討論は「コツ」が明確なので、ぜひ事前に本番と同じ人数、同じ流れで「コツ」を身に付けてほしい。2016年度入試からAO入試ではグループ討論が廃止され、個人面接のみになった。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲金沢医科大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。