藤田保健衛生大学 受験合格のための攻略ガイド 2017

藤田保健衛生大学受験合格必勝のための攻略ガイド

藤田保健衛生大学受験合格必勝のための攻略ガイド

藤田保健衛生大学

(昭和39年 学校法人藤田学園設立)
昭和47年 名古屋保健衛生大学医学部開学
昭和59年 藤田学園保健衛生大学に改称
平成3年 藤田保健衛生大学に改称
平成20年 衛生学部を医療科学部に改称
開学年度
昭和47年
創設者
藤田 啓介
理事長
小野 雄一郎
学長
-
学部所在地
〒470-1192 愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98
交通手段
名鉄名古屋本線前後駅よりバス15分 地下鉄桜通線徳重駅よりバス16分
公式HP
http://www.fujita-hu.ac.jp/

藤田保健衛生大学 医師国家試験状況と教授出身大学比率

医師国家試験合格状況

医師国家試験合格状況

藤田保健衛生大学の過去5年間の医師国家試験合格状況です。新卒とはその年に医学部を卒業する卒業見込者(6年生)を指し、既卒とは医学部を卒業した者を意味します。

教授出身大学比率

教授出身大学比率

メルリックス独自の調査に基づき算出したものに、藤田保健衛生大学からのデータを加えています。最大で6校までとし、それ以外はその他に含めています。大学によっては非公表としているところがあります。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲藤田保健衛生大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

藤田保健衛生大学 受験科目の最新出題傾向分析

藤田保健衛生大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

読解3題の出題形式だが、'14から3題目が、それまで後期試験で出されていた単語空所補充12問に取って代わり、'15、'16と踏襲し定着するようである。[1]は「囚人のジレンマ」というゲーム理論に関する読解。[2]は外来種がなぜ新天地で繁栄するのかを考察する読解。どちらもじっくり読ませるタイプの英文で、[1]には英語の内容合致問題がある。[3]の単語補充は、なかなか一筋縄ではいかない箇所もあるが、意外な基本単語の場合が多いので、品詞や文型を意識して英文を読む習慣がほしい。3題ともきちんと内容がとれる英語力と、設問に答える論理的思考力が必要とされるので、過去の問題に可能な限りあたって、弱点があれば補強する姿勢が大事であろう。

対策

文法単独の出題はないが、選択肢に単語ではなく文章が多く出題されているため、やはり土台となる文法力は絶対に必要である。また、因果関係や、議論に対する反論を選ばせるなど、論理的思考力を要求してくるところが本学の特色と言える。'10と'12は長文3題とも、'11は2題、'13、'14、'15は1題が医療系の内容だが、専門的な知識を問うものではない。ただし、1つのテーマに対し、どんな議論がこれまでなされてきたか知っておくと、英文を読む時の助けになることが増えてくるだろう。たとえば「小論文」の学習で培った背景知識や論理展開が土台にあると、強い味方になるだろう。文章のテーマは医療系の他に、社会学的なものもしばしば登場する。幅広く関心を広げ、論理的思考力を伸ばしていくのが望ましい。

英語科:堀先生

数学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大学のホームページで'16から数学の傾向を変えるという告知が出ていたが、やはり傾向が大きく変わった。全3題の記述式となり、[1]は答えのみを書く小問集だが、[2]と[3]は「求める手順をわかりやすく説明した上で、解答を明示せよ」と答案用紙に書いてあり、答えに至るまでのプロセスも記述させる問題となっている。[1]の小問集は教科書傍用問題集から中堅私大受験者レベル問題集でよくみるような問題が様々な単元から出されている。[2]は確率の問題で[3]は積分の問題だが、どちらも上位国公立大の2次試験で出そうな形式・難易度となっており、国公立大医学部受験者を意識しているようにも思われる問題となっている。

対策

'16から出題形式も難易度も傾向も大きく変わった。[1]の小問集で確実に点数を取らないと後の[2]と[3]で取り返すのは難しい。今回[1]で出されているような中堅私大受験者レベル問題集によく載っている典型問題ならどの単元の問題も穴を残さず確実に解けるようにしておこう。さらに、今回[2]や[3]で出されたような問題を解くには中堅私大受験者レベル問題集だけやっていても歯がたたない。この2題については上位国公立大レベル以上の問題に慣れている必要がある。今回の出題傾向を考えると、まず中堅私大受験者レベルについては穴をなくし、さらに上位国公立大の2次試験のような問題に慣れておいたほうがよいと思われる。

数学科:寺西先生

化学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

'16の入試においても前後期とも例年通りの難易度であり、標準的な問題や定番問題の組み合わせで問題が構成されている。'16の前期では[1]で気体の発生法に関する問題。[2]で気体の溶解度の計算問題。[3]でガラスなどケイ酸工業に関する問題。[4]で化学平衡の移動、電離度の計算、酸化還元反応の計算の問題。[5]でアスパルテームの構造と性質。[6]で有機化合物の構造決定が出題された。後期では[1]で小問集合問題8問。計算の小問も含まれている。[2]で電気分解に関する問題。[3]で有機化合物の性質に関する総合的な問題。[4]で熱化学。[5]で生命と生活の化学に関する問題が出題されている。ほとんどは標準的な出題内容。

対策

標準問題が中心で大部分が入試の定番問題で構成されているため、基本的な知識項目の整理と問題演習の積み重ねで多くの問題は充分対応できると思われる。また、実験を題材にした問題やグラフを考える問題も例年多く出題されているため、実験上の注意点や実験器具の使い方など、基本的な部分はしっかりと覚えておく必要がある。また、生活の中で使われている主な化合物や生命に関する物質なども多く出題されている。問題数がやや多くなったり、難易度に若干年度差があることなどが受験生にとってはやや気になるところではあるが、入試用の問題集や予備校のテキストなどを使って定番問題や標準問題をよく学習し、要領よく問題を解く演習が必要になる。

化学科:小枝先生

生物

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問3題である。1題は生態系に関する内容で、オゾン・紫外線・生殖方法・エネルギーの流れが出された。1題は植物ホルモンに関する内容で、種子の構造・代謝・植物ホルモンの構造式が出された。1題は耳と聴覚に関する内容で、論述が出された。全体的に難しい内容は問われないが、語句や現象を正確に覚えておかなければ間違えやすい内容が問われる。1題の中に多くの分野の問題が入っているので、分野をしぼって勉強する事は危険である。論述は時間が掛かる内容なので、文章を良く理解し、的確に書くように練習しよう。

傾向

遺伝・核酸とタンパク質・代謝・恒常性・免疫は必須で有ったが、'15は今までに扱わなかった分野からの出題も見られた。'16は論述も出された。しかし、DNA関係は出題の頻度も高く、複製の仕組みやPCR法などは覚えておきたい。免疫に関しては実験問題も出されるし、遺伝も出題されれば時間のかかる内容となる。いずれも、しっかりと練習をしておいた方が良い。もっとも、内容的には難解なものは少なく、基礎・基本的な内容を確認するような問題が多いので、教科書を中心とした学習が良い。教科書の生物用語の使い方と意味をまとめ、現象や語句の説明を30~40字程度にまとめ、基本的な計算は確実に解ける様に練習をすると良い。

生物科:日田先生

物理

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問4題で構成され、力学が2題、電磁気、波動が各1題ずつ出題されている。力学の1題目は2本の紐で支えられたおもりに吊るされた振り子の問題で、つり合いと円運動が含まれている。電磁気は導体の抵抗率から抵抗値を求め、それを回転するコイルにした時の電磁誘導の問題が出題されている。波動は音源を棒の両端に取り付けて回転させたときのドップラー効果の問題が出題されている。力学の2題目はひもでつながれた2つの物体の台上での運動で、台が固定された時と自由に動ける場合が出題されている。標準~やや難度の高い問題が出題され、試験時間が60分では時間に余裕はあまりないので、解ける問題から解いていくことが大切である。

対策

基本~やや難度の高い問題を解いておくこと。力学、電磁気、波動、熱力学が幅広く出題されるので、苦手な分野ややり残している分野は減らしておくことが大切であり、苦手な分野であっても基本問題は出来るようにしておくことが必要である。典型的な問題が中心であるが、ここ数年見慣れない問題や題意のつかみ難い問題が多く出題されている。解きやすい問題を優先的に解き、解き難い問題は後でゆっくりと焦らずに解くほうがよい。描画や記述も出題されるので、過去問等でしっかりと練習をしておくこと。問題に図がないこともあるので、問題文から自分で図を描けることが大切であり、日頃から自分で図を描いて問題を把握する習慣をつけておくことが必要。

物理科:吉武先生

藤田保健衛生大学大学受験の最新総評

2017から一般後期が廃止され、センター利用後期が導入された。これまで1浪生や大学課程履修者も受験できた推薦入試が現役生のみになったりと、このところ入試方式が大きく変更されている。

6年間の学費を大きく下げて2980万円としたが、一般入試の志願者は前年より237名減の2,064名とあまり伸びなかった。問題には特徴があり、論理的思考力が要求される英語は長文のみで文法単独の出題はなく、数学は2016から推薦・一般ともに傾向が変わり小問集合と記述式になった。

一般入試・センター利用ともに2次試験は個人面接のみで、MMIと呼ばれる方式が2017から一部で採用された。

◆英語
本格的な読解は2題に。論理的思考力が必要
◆数学
傾向が大きく変わった。国公立2次タイプの問題をしっかりと
◆化学
やや問題量が多い。標準レベルの問題。
◆生物
出題分野が少ないので、苦手分野を作らない様にしよう
◆物理
難問は後にして解き易い問題を先に解き得点を稼ぐことが大切!!

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲藤田保健衛生大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

田尻学院長の最新分析-藤田保健衛生大学編-

写真

分析結果

旧名称は名古屋保健衛生大学であったが、84年から藤田学園保健衛生大学、91年から現名称の藤田保健衛生大学に変更された。三重県にある七栗記念病院では大学病院初の緩和ケア病棟が設置された。また、藤田保健衛生大学病院ではセカンドオピニオン外来も行っている。大学では、独自の必須科目としてアセンブリが導入されている。これはオール藤田学園の教職員と学生が44班に分れて共通の活動を行うものである。

推薦入試は1浪までが受験でき、尚かつ評定平均での制限もない上に再受験生の受験も可能である。推薦入試の数学は2016年度から数Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲからの出題と範囲が明記され、出題形式が変わった。一般入試の数学も同じように出題形式が変わり、小問集合と記述式の大問になった。2015年度から一般入試と併願できる愛知県地域枠が導入され、1浪までなら出身地域に関わらず誰でも受験できる。

一般入試とセンター利用入試、愛知県地域枠の補欠者には順位が付く。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲藤田保健衛生大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。