獨協医科大学 受験合格のための攻略ガイド 2017

獨協医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

獨協医科大学受験合格必勝のための攻略ガイド

獨協医科大学

昭和48年 獨協医科大学開学
昭和49年 獨協医科大学附属高等看護学院(現「看護専門学校」)開校
獨協医科大学病院開院
昭和59年 獨協医科大学越谷病院開院
平成18年 獨協医科大学日光医療センター開院
平成19年 獨協医科大学看護学部開設
平成27年 獨協医科大学附属看護専門学校三郷校開校
開学年度
昭和48年
創設者
-
理事長
-
学長
稲葉 憲之
学部所在地
〒321-0293 栃木県下都賀郡壬生町北小林880
交通手段
東武宇都宮線おもちゃのまち駅より徒歩10分 バス「獨協医大病院前」下車にて徒歩3分
公式HP
http://www.dokkyomed.ac.jp/

獨協医科大学 医師国家試験状況と教授出身大学比率

医師国家試験合格状況

医師国家試験合格状況

獨協医科大学の過去5年間の医師国家試験合格状況です。新卒とはその年に医学部を卒業する卒業見込者(6年生)を指し、既卒とは医学部を卒業した者を意味します。

教授出身大学比率

教授出身大学比率

メルリックス独自の調査に基づき算出したものに、獨協医科大学からのデータを加えています。最大で6校までとし、それ以外はその他に含めています。大学によっては非公表としているところがあります。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲獨協医科大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

獨協医科大学 受験科目の最新出題傾向分析

獨協医科大学の過去5年間の受験科目における出題分野、難易度をメルリックス学院が誇る講師陣が分析します。
最新の攻略ポイントをしっかり押さえて、絶対合格を目指そう!!

英語

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問4題は変わらずで、分量は時間に対してかなり多め。大問[1]がA、B 2つに分かれているのは'15と同様だが、英文Aは'15の半分程度でA、B合わせても3ページ半程度なので長さ的な負担はかなり減。問題は、Aが文脈に合った文と語句の空所補充と内容合致、Bは語句補充と下線部と同意の意味の英文を選択する問題で、'15と類似している。[2]が、A、B、Cの3部構成で、(1)会話文の内容合致、(2)短い一連の英文の文整序(2問)、(3)長文(1ページ半)の脱文挿入という内容で、変化なし。文法関連は、整序英作文と短文完成がそれぞれ10問ずつという内容で、'14から変わらず。これまでの地道な努力が物を言う標準的な良問といえる。

対策

'16は、長文パートがやや縮小したとはいえ、短い時間内で満足のいく解答を作るには入念な対策が必要だ。なるべく早い時期から近年の過去問にあたり、全体的な傾向、出題内容をつかんでおくこと。特に、長文はかなり長いものが出るという前提で、内容合致を中心に脱文挿入や文整序などの演習が欠かせない。英文はあまりジャンルにとらわれずに幅広く読んでおきたい。読解は、パラグラフごとにポイントを整理しながら、かつ含蓄のある言い回し、部分には十分注意し、筆者の意図を汲みながら読み進める練習をしよう。文法・語法問題に関しては、短文完成と整序英作文の頻出問題を繰り返しやり、ほぼ反射的に、極力短い時間で正答が出せるようになるまで訓練しておく必要があるだろう。

英語科:牧先生

数学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

時間は70分。問題を解くために用いる公式や考え方などはほとんど私立上位大向け問題集レベルだが、いくつかの単元にまたがるやや総合的な問題や、図形的な洞察が要求される問題、設定をしっかり理解し誘導の意図を読みとりながらその場で考える能力をある程度要求される問題が目立つ。また、大学入試では出題頻度の低い極方程式の問題なども出されている。さらに、記述の証明問題ではよく出されるがマーク式では出題されることの少ない「平均値の定理」「数学的帰納法」の問題も出されており、'15は「平均値の定理」、'16は「数学的帰納法」の問題が出されていた。70分にしては問題量がやや多くスピードも要求される年が多い。

対策

上位私大向け問題集によく載っている典型問題を解く考え方が身についていれば解けるはずの問題が中心だが、ボリュームはやや多め。上位私大向けの典型問題は解法をしっかり理解し速く正確に解けるよう練習をしておこう。大学入試で出題頻度の低い極方程式の問題が出されたこともあり、'15は「平均値の定理」、'16は「数学的帰納法」の問題が出されている。また、典型パターン問題ばかり解いていては苦戦しそうなやや総合的な問題が目立つ。基本・典型問題はどの単元の問題でも確実に解けるようにした上で、様々な範囲が絡んでいるやや総合的な問題にも慣れておこう。過去問で時間配分に慣れ、解けそうな問題から手早く解いていくように。

数学科:寺西先生

化学

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

ここ数年では大問5題の出題が続いている。[1]では10問程度の小問集合の問題が例年出題され、化学の全般に対する知識が問われる(近年では生命科学に関する小問も出題されている)。'16では[2]で電池に関する問題が出題されガルバニ電池という受験では珍しい電池が題材になっていた。[3]ではハーバー・ボッシュ法を題材にした化学平衡の問題。[4]は無機化合物の工業的製法に関する問題でオストワルト法や接触法が出題された。[5]では芳香族化合物の構造決定に関する問題が出題されている。近年では問題内容が難化しているように感じる。しばしば普段見慣れない問題や受験生にとってとっつきにくい問題が出題されることがあるので要注意。

対策

全体のマーク数が例年30程度で2科目100分の時間に対してかなり多くのマークをしなければならない。また、計算問題も複数題出題され、厄介な計算をしなければならない問題もしばしば出題される。合格点をキープするにはやはり問題を解答するためのスピードが要求される(もちろん正確性も)。基礎事項の定着は早めに済ませ、入試用の問題集を多くこなし、題意を理解するスピードや、計算問題で間違いのない方程式をたて、それを計算するスピードを養っておく必要がある。とはいってもほとんどの問題が入試の定番問題。じっくりと問題を読み、考えて・・・という受験生はスピードを重視しつつ、受験に必要な知識を多く収集する必要がある。

化学科:小枝先生

生物

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問は5題で、1題は免疫に関する内容で、空所補充・細胞性免疫・体液性免疫・MHC・TCR・免疫寛容などが出された。1題は代謝に関する内容で、アルコール発酵・透析・ニンヒドリン反応・計算問題・実験考察が出された。1題はDNAとタンパク質に関する内容で、セントラルドグマ・ゲノム・HIV・PCR法・電気泳動の図を参考にする考察問題が出された。1題は肝臓に関する内容で、糖尿病・考察・吸収量の計算2問・血糖量が出された。1題は進化に関する内容で、空所補充・地理的隔離・生殖的隔離・分子進化の計算・遺伝的浮動・生物の分類が出された。問題量も多いため時間がかかる問題が多い。

対策

出題される分野は、遺伝とハーディワインベルグの法則・代謝・神経と筋肉が必須であるが、近年は発生や進化からも出題されるようになった。また、標準的な計算問題も出されている。多く出される分野も、その分野に限定した問題は少ないので、特定の分野を深く学ぶよりは、不得意分野を作らない方が良い。そのためには、教科書を活用して全範囲をまとめることから始めると良い。各分野の代表的な語句を、空所補充形式で覚えるようにすると実践的である。また、グラフや表も内容を確かめて理解し、計算の練習もしておこう。センター試験や他の大学の入試問題を多く解いて、マーク式の解答に慣れるようにしよう。

生物科:日田先生

物理

出題
表:出題傾向分析◎=大問、○=小問

分析

表※5段階で評価

表

傾向

大問5題で構成され、小問集合、波動、電磁気、力学、原子が出題されている。小問集合は円筒面上で静止する立方体のつりあい、弾丸を撃ち込むことで融かした氷、凹面鏡による像、田の字に接続した導体の合成抵抗と電流の最小値が出題されている。波動はマイケルソン干渉計で、鏡の移動や波長の変化も含まれている。電磁気は2つの磁場内での荷電粒子の運動、力学はU字管内での単振動、原子はウランのα崩壊が出題されている。標準的な問題が中心であるが、荷電粒子の運動、マイケルソン干渉計、U字管内での単振動は類題を解いていないと厳しいだろう。50分の試験時間ではあまり余裕がないので、時間配分とケアレスミスに十分な注意が必要である。

対策

標準問題を中心にしっかり解いておくこと。'05にマーク式の大問5題に変更されてからは標準問題を中心に出題され、毎年4分野全体からの出題となっていたが、新課程になり、全分野からの出題となっている。全分野を万遍なく学習しておくことが必要であり、'07に万有引力が出題されたことからも苦手な分野や、やり残している分野もなくしておくことが重要である。また、'13の電気機器や'15の虹のように解き慣れない問題が出題されることもある。試験時間が50分であり、時間に余裕はあまりないので、手早く解いていくことが大切である。模試などで問題を解く際に優先順位に注意するという習慣をつけておくことが必要である。

物理科:吉武先生

獨協医科大学大学受験の最新総評

AO入試・地域枠推薦・指定校推薦・センター利用入試と、バラエティに富んだ募集形式。いずれも栃木県にある「本学キャンパス」で試験が行われるため、特に一般入試は移動を含めた上で受験を考える必要がある。

一般入試は英語200点、数学200点、理科2科目200点と、英語・数学の配点が高いのが特徴。問題はいずれも難しく、公表されていないが合格最低点はそれほど高くないと思われる。

センター利用入試は英語・数学・理科2科目の3教科4科目で受けられるため(国語・地歴公民は必要ない)毎年1,000人を越える志願者を集める。

◆英語
時間に余裕なし、総じて問題の迅速な処理能力を身につけよ
◆数学
基本・典型問題を確実にし、その上で総合問題も。時間配分に注意
◆化学
やや難度が高い設問。問題量もやや多い
◆生物
今まで扱わなかった分野からの出題が増えたので注意
◆物理
基本~標準問題までを幅広く学習しておくことが必要である!!

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲獨協医科大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

田尻学院長の最新分析-獨協医科大学編-

写真

分析結果

森の中にあるような豊かな緑に囲まれたキャンパスが印象的で、6年間落ち着いた環境で医学を学びたいと考える受験生には向いている。また、新しい教育医療棟が2015年に3月に完成した。留年者数を公表する大学は非常に少ないが、獨協医科大学は留年者数を公表している。それによれば留年者数は少ない学年が多くしっかりとした指導体制がうかがえる。また退学者数、除籍者数も公表しており情報公開に積極的である。

再受験生を対象としたAO入試では無理に募集定員を満たそうとは考えていない。AO入試最後の決め手は大学に残る気持ちが明確に示せるかにかかっている。また、2014年度よりAO入試で専願の栃木県地域枠が導入された。

一般入試は「本学」しか試験会場がないため移動が大きなネックとなり、入試の難易度にも影響していると考えられる。配点は、英語と数学が各200点、理科は2科目で200点と理科の配点が低い。現役生など理科が仕上っていない受験生は積極的に受験を考えていいだろう。

◀私立医学部最新攻略法トップページへ ▲獨協医科大学 受験攻略ガイド| トップへ戻る

資料のご請求お問い合わせは

渋谷本校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

福岡校 フリーダイアル:0120-142-760 受付時間:9:00~22:00(日曜は19:00まで)

資料のご請求 お問い合わせ

こちらはメルリックス学院の私立医学部受験・入試情報・攻略ページでございます。 メルリックス学院は私立医学部・歯学部受験の専門予備校(塾)です。医学部入試の最新情報をどこよりも早く手に入れ、発信しています。 なお、集団授業や個別指導以外にも、春期講習・夏期講習・冬期講習も実施しております。